32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

官庁ベースはそれでやれというんですよ。民間は令和3年までということなんですが。非常に酷なスケジュールなんですよ。そういった中でやろうということで、各自治体、県のほうにも、何とかスキームを示してほしいということも言うているんですが、なかなかこれらが、時期的なものと法の整備とが全く合ってないんですね。で、これができないんですが、言いわけにはなりますけれども。

小浜市議会 2017-06-22 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−02号

しかしながら、現在、小浜市では特別会計として官庁会計方式により経理が行われております。多くの市町でこの方式をとっておりますが、単年度の現金収支を基本としており、単式簿記でわかりやすい反面、事業の持つ資産や負債といった情報が不足をするため、企業としての財務状況が把握できないという欠点があります。  

鯖江市議会 2016-06-13 平成28年 6月第405回定例会-06月13日-02号

それと、デメリットの件ですけど、デメリットにつきましては、短時部と長時部ということで、それぞれ行政官庁の二元化というものがございまして、そのことによりまして、事務が若干煩雑化しているということと、施設整備につきましても、経費がかかるということが上げられるのかなと思っております。  以上です。 ○議長(小竹法夫君) 大門嘉和君。

鯖江市議会 2011-12-12 平成23年12月第385回定例会−12月12日-02号

そしてその課題自体を、その制度を取り入れた国自体も課題を考え、そういった通達自体が所轄官庁である総務省からも通知が昨年度なされたという事例がございましたので、改めて指定管理者制度について質問をさせていただきたいと思います。  まず、鯖江市におけます指定管理者制度のこれまでの実績および評価につきまして、簡潔に御答弁をいただきたいと思います。 ○議長(平岡忠昭君) 宇野政策経営部長

鯖江市議会 2010-03-09 平成22年 3月第376回定例会−03月09日-02号

公務員につきましては、所属官庁から支給するということもございまして、そのうち約1,000名の方は差し引くことになろうかと思っております。そこで、平成22年度の予算計上上は、人数は1万1,000人、月額にして1万3,000円、その10カ月分を計上しまして、金額にしますと14億3,000万円でございます。  

小浜市議会 2008-12-19 平成20年 12月 定例会(第5回)-12月19日−04号

以上の内容をもって関係行政官庁に意見書を提出いたしたいとするものでございます。  皆様方のご賛同を貯まりますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。 △質疑 ○議長(富永芳夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。 △委員会付託の省略 ○議長(富永芳夫君) お諮りいたします。  

小浜市議会 2007-06-22 平成19年  6月 定例会(第4回)-06月22日−04号

以上の内容をもって、関係行政官庁に意見書を提出いたしたいとするものでございます。  皆様方のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。 △質疑 ○議長(富永芳夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。

小浜市議会 2006-06-21 平成18年  6月 定例会(第3回)-06月21日−04号

以上の内容をもって、関係行政官庁に意見書を提出いたしたいとするものであります。  皆様方のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。 △質疑 ○議長(山本益弘君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。

小浜市議会 2005-12-22 平成17年 12月 定例会(第7回)-12月22日−04号

以上の内容をもちまして関係行政官庁に意見書を提出いたしたいとするものでございます。皆様方のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。 ○議長(山本益弘君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。

鯖江市議会 2005-09-22 平成17年 9月第353回定例会−09月22日-03号

〇市長(牧野百男君)登壇 ◎市長(牧野百男君) 福島県の矢祭町の町長さんの、私も非常に関心がありまして、いろんな面でいろいろお話も聞いているんですが、福島県の山村と鯖江と比較はできないと思うんですが、365日一日も休まない官庁ということで非常に有名にもなっておりますし、幹部職員すべてが便所掃除からすべて庁舎の維持管理をやっているというようなことで非常に有名な町なんですが、私が先ほど申しました、対話と

小浜市議会 2004-09-24 平成16年  9月 定例会(第5回)-09月24日−04号

以上の内容をもって関係行政官庁に意見書を提出したいとするものでございます。  皆様方のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。 ○議長山口貞夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。

小浜市議会 2003-09-18 平成15年  9月 定例会(第4回)-09月18日−04号

以上の内容をもって関係行政官庁に意見書を提出いたしたいとするものでございます。  皆様方のご賛同を賜りますようお願い申し上げ提案理由の説明とさせていただきます。 ○議長山口貞夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。

鯖江市議会 2003-03-11 平成15年 3月第333回定例会−03月11日-02号

究極のクリーンカーと言われておりますが、この燃料電池自動車が大変に注目され、トヨタ、ホンダが相次いで発売、官庁などで導入が進められています。これは、1つ、燃料電池は乾電池バッテリー、蓄電池とは違って、むしろ発電機に近いものであります。2つ目に、水素と酸素の電気化学反応によって発電する仕組みで、水を電気分解したときの逆の反応によって発電をするのです。

鯖江市議会 2002-12-11 平成14年12月第331回定例会−12月11日-02号

これらは法律によるサイト運営者の規制、取り締まりなどは監督官庁に負うところが多いが、まじめなサイト内容と一時の性的好奇心を満たすものとの区別、通信の秘密自由との兼ね合いなどの課題が多いと思います。出会い系サイトはインターネット電子掲示板文字による会話を通して男女の出会いの場を提供する。

小浜市議会 2002-09-10 平成14年  9月 定例会(第6回)-09月10日−03号

なおですね、近日中に世界遺産監督官庁でございます文化庁へも直接お伺いいたしまして、暫定リスト登載への可能性をいま一度確認したいなと、このように思っております。 ○議長(石野保君) 22番、石橋君。 ◆22番(石橋和彦君) 何か夢が本当に実現すればすばらしい今のお話でございますが、以前にね、今、以前議会の話とか出ましたけども、私も何年か前に友好都市質問したことあるんです、中国との。

鯖江市議会 1999-03-10 平成11年 3月第311回定例会−03月10日-03号

窪 清行助役さん、あなたは昨年3月、上級官庁から辻市長に請われて迎えられ、はや1年が経過しようとしています。この1年、予算決算の数字を見られてどう鯖江市の現況をどのように感じられたのか、見ておられるのか、認識されておられるのか、率直な思いを、考えをお聞かせ願いたいのであります。  また、三役、四役等の方々に対し、すべての職員はイエスマンを望みますか。のれんに腕押し型でいいのか。

鯖江市議会 1997-09-10 平成 9年 9月第303回定例会−09月10日-03号

といいますのが、当時、これはもちろん県の事業でございますので県とご相談をさせていただきましたときには公共事業による景気浮揚策というふうなことが盛んに言われた時期でございまして、可能な限り工事をしてもいいんでないかというふうな上級官庁の方からのご意見でありまして、そういうふうに当時は伺いました。

鯖江市議会 1997-03-12 平成 9年 3月第300回定例会−03月12日-03号

そのほか企画情報課の方では、官庁速報という専門の日刊紙がございますが、これらを購読しながら関係部へ回覧をいたし、また情報収集に努めていただいております。  それから、また、別な手法としましては、総合計画に基づきます具体的な各課各部の実施計画のヒヤリングを行っておるところでございますが、これらは財政課とも連携をしながら有利な財源を確保するように努めておるところでございます。  

  • 1
  • 2