6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

出荷先は、例年市内のAコープさんですとか、JAたんなんを通して武生青果株式会社道の駅西山公園、あるいは北陸自動車道下り線の北鯖江パーキングエリア、それから市内の料亭ですとか、またそのほか個人東京のレストランにも2店ほどに出荷をされている、そんな状況でございましたが、この取得後には、道の駅西山公園が新規顧客ということで、あわら温泉旅館ですとか、また、大阪にある割烹料理店にそれぞれ数回にわたって宅配便

大野市議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会-09月10日−一般質問−03号

平成24年の市内での発生は3件で1,400万円の被害額となっており、送金手段としては、これまで銀行などのATMを利用して振り込むのがほとんどでありましたが、最近は金融機関が防止対策を施したこともあり、現金をゆうパックなどの宅配便で送るというものが増えてきているとのことであります。  また、平成25年7月現在の発生件数は、架空請求詐偽が1件となっております。

大野市議会 2011-09-13 平成23年  9月 定例会-09月13日−一般質問−03号

販売する商品は宅配便で送ってはどうでしょうか。もちろんイベントや観光情報の案内も行います。今までのイベント開催時だけの連携ではなく、定期的な連携でお互いに中心市街地の活性化にもなるとも考えます。  次に、このような連携をどんどん行っていくために2項目の提案をさせていただきます。  社会環境は、大きく変化しています。

敦賀市議会 2004-12-13 2004.12.13 平成16年第6回定例会(第2号) 本文

京都議定書政府の推進、または社会のニーズもあり、各メーカー、宅配便会社等、自社の物流を積極的に海上輸送や鉄道輸送にシフトしております。  余談となりますが、敦賀−苫小牧港間の新日本海フェリーや近海郵船のローロー船で輸送される物量がふえているのは、このモーダルシフトが背景にあります。  2つ目としては、米原町戦略であります。

敦賀市議会 1993-09-16 1993.09.16 平成5年第5回定例会(第2号) 本文

まず、テクノスーパーライナーにつきましては、いろいろとただいま内池議員が言われましたようなまでの良識的な考え方、あるいはそういうものがあるというふうなことはよく承知をいたしておる次第でございまして、これからの時代に即した適切な一つの行為ではなかろうかというふうにも思っておりますし、いわゆる海の宅配便みたいな格好になりますし、しかも貨物も、あるいは人もともに乗せると、こういうふうな非常に便利なものでございまして

鯖江市議会 1991-03-13 平成 3年 3月第263回定例会−03月13日-03号

昨年は一、二件の人が全国の消費者雑誌か何かに載せまして、宅配便で10キロ当たり送料を含めて6千円というようなことで全国販売をされている農家があるわけでございます。そういうことで、鯖江市におかれても、これからそういう農家が有機米、また、低農薬米ということで消費者直結の販売をされていく農家が増えるそうでございます。それに対して市はどういう考え方で今後進めていくのか、お聞かせ願いたいと思います。  

  • 1