52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2012-06-11 平成24年  6月 定例会-06月11日−一般質問−02号

しかし、結果的には世界でも上位を誇った教育日本から陥落し、学力低下を引き起こすという懸念から、2011年度より小学校を皮切りに10㌫の授業時間を増やす等の「脱ゆとり教育」が始まりました。  そこで、わが福井県を見てみますと、全国学学習状況調査におきましても、平成19年度から小学生で全国2位、中学校では全国1位という、高い教育水準を維持しております。

敦賀市議会 2011-12-13 2011.12.13 平成23年第5回定例会(第3号) 本文

親の経済事情で塾や家庭教師等、学外教育が受けられない子供たちは近年ますます増加していることが文科省の調査でも判明し、中学生の学力低下非行、その先の犯罪へとつながっていくものであります。  そこで、本市におきましてタダゼミを推奨していく考えはないのか、お聞きいたします。 ◯教育長(下野弘喜君) 中学生の学力向上をサポートしていきたいという、そういう議員のお考えは大変うれしく思います。

鯖江市議会 2010-12-07 平成22年12月第380回定例会−12月07日-02号

学習指導要領は、ゆとり教育路線が子供たちの学力低下を招いたとして、大きく見直しされました。脱ゆとり教育と言われ、授業時間がふえて、教科書も分厚くなる、大きな変化の年などと聞き、来春、新1年生になる子供を持つ保護者の中には、不安に感じる人もおるとの新聞報道もあります。  そこでお尋ねをいたします。  具体的に新学習指導要領によって何が変わるのか。学校は、それに向けてどんな準備を行うのか。

鯖江市議会 2008-06-10 平成20年 6月第367回定例会−06月10日-02号

内容は、理数教科を中心として、授業時間の見直し及び内容の強化を来年4月より先行実施していくもので、現在の学力低下傾向に優先対応するものになっております。しかしながら、その前倒しの内容は、後追い的な現場任せのものになっており、実際の教育現場との温度差や対応面での意思疎通といった面ではかなり不安が残るものになっております。  

鯖江市議会 2008-03-11 平成20年 3月第366回定例会−03月11日-02号

しかしながら、当初より学力低下を招くおそれがあると言われ、そうしたことを危惧した全国の私立学校では土曜授業を行い、ちなみに県内の私立学校は第1・第3土曜に授業を行いながら学習量を確保し、またそういった私立学校の事態を懸念した公立学校へ通う子供たちの保護者は塾通いをさせることを余儀なくされ、不景気の中、家計圧迫を強いられ、そのような中で経済格差地域格差による学力格差を生じさせたと言われております。

敦賀市議会 2007-03-08 2007.03.08 平成19年第1回定例会(第3号) 本文

2つ目は、児童生徒の学力低下が最近また問題にされ始めておりますが、どのように考えているのか。個々の児童生徒の学力の到達度をどのように把握しているのか。また、その対策はどうしているのかということです。  そして、これは敦賀ではないかもしれませんが、父兄の学校への過度のかかわり、教員の個別の批判等で困ることはないか。児童生徒の指導への行き詰まり、父兄への対応で教職につけなくなるような事例はないのか。

大野市議会 2006-09-19 平成18年  9月 定例会-09月19日−一般質問−02号

それから先ほどご答弁の中で、学力向上が最重要課題だということをおっしゃっていたんですが、今問題になっているのは全国的にも学力低下ということなんですが、これは土曜日が休みになってですね、学校に行く時間、授業時間が非常に私は少なくなったからかなと、あるいはそのほかにも家庭環境、やはり例えば朝飯を食べないで学校へ来るとか、夜遅くまで起きているとか、そういう生活習慣ですね、これの改善をやらなければ当然学力

大野市議会 2006-07-31 平成18年  7月 定例会-07月31日−一般質問−02号

教員生活を38年務めてきたある教師は、子供非行犯罪学校の荒れ、不登校学力低下の問題などの原因は、教育基本法にあるのではなく、歴代の自民党政治基本法の民主的な理念を棚上げし、学習指導要領などの教育行政によって「競争と管理の教育」を押し付けてきたことにあることを、身をもって体験してきたと述べています。私もそのとおりだと思います。教育基本法改定の理由について、市の認識を問うものです。  

敦賀市議会 2006-03-15 2006.03.15 平成18年第1回定例会(第4号) 本文

心の教育の推進、学力低下の克服、体力育成など課題は多いが、その中でも子どもの命を守り、安全を確保することが何よりも重要だと確信しています。各学校では、校庭に安全さくの取りつけ、門の施錠、侵入監視のセンサー、防犯カメラ、さすまた、盾などと不審者に対しての侵入防止、発見、排除器具を備え、また訓練、危機管理の体制を整え、安全確保の取り組みを推進され、効果もあると思います。  

鯖江市議会 2005-03-16 平成17年 3月第350回定例会−03月16日-03号

近年、校内暴力やいじめ、不登校学力低下家庭教育力の低下、また、少年による凶悪事件の増加、不審者による児童・生徒への傷害事件が多発するなか、子どもたちを取り巻く環境はますます悪化し、心の荒廃や倫理意識の低下が大きな社会問題となっております。そこで、まず、学校評議員についてお伺いをいたします。  

敦賀市議会 2005-03-15 2005.03.15 平成17年第1回定例会(第4号) 本文

それがこのたび全面的に見直されることになり、文部科学省では子どもの学力低下に関連して、総合的な学習のあり方を見直すとされております。特に、総合学習より国語や算数などの基礎学科を重視するとの考えを示しました。さきの総合学習については、さまざまな子ども問題の中から、子どもたちに生きる力を身につけるための処方せん、心の教育の中からゆとり教育ができたと思われます。

敦賀市議会 2005-03-14 2005.03.14 平成17年第1回定例会(第3号) 本文

学校教育について、ゆとり学習、総合学習が取り入れられ、これから成果を見るときに、学力低下が大きく取り上げられ、指導要領が改訂されそうな報道が多くなっております。  いじめ、不登校について学校は大変努力されていますが、学校支援員とかカウンセラーの派遣の活動を通し、どのような効果があると考えておられるかお聞きします。  

敦賀市議会 2005-03-11 2005.03.11 平成17年第1回定例会(第2号) 本文

昨年末、OECD、経済協力開発機構による生徒の学習到達度調査とIEA、国際教育到達度評価学会による調査が相次いで発表され、いずれも日本が前回を下回り、マスコミは学力低下報道しました。OECDの結果によると、レベル5以上の生徒がこれまでと同様にかなり高い割合で存在する一方、得点の低いレベル2以下の生徒がふえ、それが全体の平均点を押し下げているということがわかりました。  

大野市議会 2005-03-09 平成17年  3月 定例会-03月09日−代表質問、一般質問−02号

だからこれはね、世界中から見たら日本児童生徒が学力低下しているって、日本が驚いているところへもってきてですよ、日本の中でも大野市はまだそれ以下に悪いのかという印象も持つわけでございますが、この言い回しが僕はちょっとよく分からない。今先に言ったように国のレベルよりも大野市が低いという意味なのか、そうじゃなくてたくさん学校ある中でばらつきがあると意味なのかちょっとよく分かりませんけれども。  

敦賀市議会 2004-12-14 2004.12.14 平成16年第6回定例会(第3号) 本文

次、2点目の読書のことについてでございますが、昨今のいわゆる学力低下が叫ばれている折、国語教育の充実というのは大きな要素かと思います。その中でも、本を読むということは大事な要素であると認識しております。  私、学校訪問させていただきますと、あちらこちらから元気な読書をする、全員そろって大きな声で読む、そういう姿。それからまた、A班、B班分かれましてかけ合いながら本を読んでいく、そのような姿。