231件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

また、平成28年度には、全ての子供たちに勉強して考える力、内面を豊かにする力、たくましく生きる力がバランスよく身につくよう、敦賀市「知・徳・体」充実プランに基づき全市的に小中一貫教育を進めるとともに、小中学校の先生方が学習、生活のつまずきを解消するための指導事例集「小中一貫カリキュラム」を策定し、9年間の学びをつなぐ仕組みを整えました。  

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

前回の教育委員会から、学校の教職員の方々の説明会を学びの里「めいりん」で開催させていただいたと記憶しているんですけれども、そこでご意見をお聞きする時間を設けて、何人かの方がご質問されたと記憶しております。  全く物を言うなというような姿勢ではなかったと記憶しております。 ○議長(梅林厚子君)  廣瀬さん。 ◆1番(廣瀬浩司君)  分かりました。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

その中で、今後の教育政策に関する基本的な方針として「1、夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力を育成する」「2、社会の持続的な発展をけん引するための多様な力を育成する」「3、生涯学び、活躍できる環境を整える」「4、誰もが社会の担い手となるための学びのセーフティネットを構築する」「5、教育政策推進のための基盤を整備する」の5点を挙げています。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

その中で、小中学校の先生方が学習、生活のつまずきを解消するための指導事例集「小中一貫カリキュラム」を策定し、9年間の学びをつなげる工夫をしております。  さらに、市内の小学6年生が学習や生活に見通しを持ち進学の意欲を高められるよう、年間4回、進学先の中学校で合同授業を実施しております。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

今回の学習指導要領において、学びを人生や社会に生かそうとする力の育成が重視されていることから、総合防災訓練でも、地域の一員としての参加意識を持ち、日ごろの学習が生かされ、実際に行動できる子を育てていきたいと、このように考えております。 ◯副市長(中山和範君) それでは私のほうから、防災訓練についてお答えをさせていただきます。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

「明倫の心を重んじ 育てよう 大野人」 ◎全員  人としての生きる道を明らかにし、進取の気象を育てた明倫の心は、いつの時代においても変わらない大野の学びの原点です。  私たちは、この心を大切にして、優しく、賢く、たくましい大野人になるため、学び、育てることに努めていきます。 ◆2番(木戸屋八代実君)  ありがとうございました。 ○議長(梅林厚子君)  ご着席ください。  

大野市議会 2019-02-26 平成31年  2月 臨時会-02月26日−議席の指定、議長・副議長の選挙−01号

「明倫の心を重んじ 育てよう 大野人」 ◎全員  人としての生きる道を明らかにし、進取の気象を育てた明倫の心は、いつの時代においても変わらない大野の学びの原点です。  私たちは、この心を大切にして、優しく、賢く、たくましい大野人になるため、学び、育てることに努めていきます。 ◆廣瀬浩司君  ありがとうございました。 ○臨時議長(榮正夫君)  皆さん、ご着席ください。  

大野市議会 2019-01-28 平成31年  1月 臨時会-01月28日−議案上程、説明、質疑、討論、採決−01号

「明倫の心を重んじ 育てよう 大野人」 ◎全員  人としての生きる道を明らかにし、進取の気象を育てた明倫の心は、いつの時代においても変わらない大野の学びの原点です。  私たちは、この心を大切にして、優しく、賢く、たくましい大野人になるため、学び、育てることに努めていきます。 ○議長(山崎利昭君)  ご着席ください。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

お尋ねしたいと思いますけども、今後、鯖江市、自治体のできることとしましては、まずは日常的にさまざまな市民の方が手続や相談に訪問する市役所におきまして、市の職員さんが正しい知識を持って、適切な応対ができるような研修や学びを通じて意識向上を図っていくこと。また、市民および団体企業の方の理解不足を解消するための取組。そしてまた、当該の方たちが相談できる環境をできるだけ整備してあげること。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

そこで、学校復帰を前提にした従来の不登校対策を転換し、不登校子供学校以外での多様な学びの場を提供することを目的とした法律教育機会確保法が昨年2月に全面施行されました。この法律は、学校復帰を大前提とした従来の不登校対策を転換し、学校外での多様で適切な学習活動の重要性を指摘、不登校児童・生徒の無理な通学はかえって状況を悪化させる懸念があるため、子供たちの休養の必要性を認めました。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

ESDと地域との関係につきましては、地球上で起きているさまざまな問題が、遠い世界で起きていることではなく、自分の生活に関係していることを意識し、身近なところから行動を起こし、学びを実生活や社会の変容へとつなげていくことであると考えております。 ○議長(山崎利昭君)  建築営繕課長、森岡君。  

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

中学生みこしダンスパフォーマンスや小学生ふるさと芸能発表会などをはじめ、各学校においても、道徳総合的な学習の時間に大野についての学びを深めてきました。  その成果は至るところで見られ、大野の子どもたちのふるさとへの誇りと愛着は、着実に育まれてきました。  しかしながら、学力の面から見ると、県全体の中では、本市は必ずしも高いとは言えない現状があります。  

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

第1条は、目的などを定めるもので、書籍その他のメディア、イベント等を通じて、新たな学び及び価値を創造するとともに、くつろぎ及び憩いの場を提供することにより、敦賀駅前ににぎわいと交流の拠点を創出するため、敦賀市知育・啓発施設を設置することを規定するものでございます。  第2条は、知育・啓発施設の位置を定めるものでございます。  

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

「明倫の心を重んじ 育てよう 大野人」 ◎全員  人としての生きる道を明らかにし、進取の気象を育てた明倫の心は、いつの時代においても変わらない大野の学びの原点です。  私たちは、この心を大切にして、優しく、賢く、たくましい大野人になるため、学び、育てることに努めていきます。 ○議長(山崎利昭君)  ご着席ください。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

そして、学びのセーフティーネットの構築、これは誰もが学校でなく、いつのときでも何人でも学びのセーフティーネットが構築できるようにすると。そして、絆づくりと活力あるコミュニティの形成をする。社会が人を育み、人が社会をつくる好循環にしていくんだということでございます。  そこで早速質問させていただきます。

大野市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会-09月03日−議案上程、説明−01号

「明倫の心を重んじ 育てよう 大野人」 ◎全員  人としての生きる道を明らかにし、進取の気象を育てた明倫の心は、いつの時代においても変わらない大野の学びの原点です。  私たちは、この心を大切にして、優しく、賢く、たくましい大野人になるため、学び、育てることに努めていきます。 ◆6番(松田元栄君)  ありがとうございました。 ○議長(山崎利昭君)  ご着席ください。  

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

図書室とパソコン室を統合し、学びの拠点となるメディアセンターを設置することなどを計画の中に盛り込んでいます。  部会では、小学生と中学生の玄関は、登下校時の混在に配慮し別々のほうがよい。多目的のラーニングスペースの前に音楽室があるため、2部屋をつなげて音楽発表会の練習など一体的に利用できるメリットがある反面、音楽室横の中学3年生の普通教室への音の影響のほうを考慮し、音楽室を階の端に置くべき。

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

それは以前、粟野中学校さんですかね、車椅子の生徒が入学するときに階段にスロープをつけたりとか、すごくそういう取り組みもよくしていただいているので、私は、よく言われることですけれども、障害のある方を教育というか普通学校に入れるという、その障害のある方が普通学校に行って教育を受けれるというメリットだけでなくて、ほかの児童生徒が障害のある児童生徒を通して多くの学びがあると思いますので、そういうことも含めて