269件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-10 令和 元年12月第422回定例会-12月10日-03号

また、共働き家庭では、産休明けから職場に復帰せざるを得ない状況、これも存在するわけです。こういったことが理由ともなって、社会保育を求める状況が出現している、そういったところが1つの現象としてあらわれていると、こう思います。  そういったところで働き改革が進む中、その施策の1つとして注目されているのが女性の活躍推進でございます。

鯖江市議会 2019-09-10 令和 元年 9月第421回定例会−09月10日-03号

一方、社会の現状を見ると、長時間労働などを背景とした男女の仕事と生活を取り巻く状況、いわゆるM字カーブ問題や働き方の二極化、女性のライフスタイルや世帯構成の変化への対応など、いろいろな側面からの課題が存在しており、世代を超えた男女の理解のもとそれらを解決していくため、真に実効性のある取組が求められておるところであります。  

鯖江市議会 2019-09-09 令和 元年 9月第421回定例会−09月09日-02号

この状況では米原駅を利用する人は福井市以南に住んでいる人が大半となるんじゃないか、そして、米原駅の利用客と存在価値の大幅な減少が予想されるんですが、その結果ひかり号の停車さえしなくなるのではないかという懸念さえ抱いております。このままでは2027年完成予定のリニア新幹線も、鯖江市民にとっては利用価値がそれほどないということになりかねません。  

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

最初に、マイ・タイムラインの推進について、市民防災に対する要望の中で、高齢者など災害時に配慮が必要な人たちが安全避難できる体制整備の強化を求める中で、住民に身近な行政は、災害弱者存在を把握し、災害リスクを可視化するハザードマップにのっとったきめ細やかな避難計画を作成しております。

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

地方の小さな自治体存在感を放つためには、ほかの自治体がやらないことをやらなければならない、とがった施策が求められるという理屈もある程度理解できます。しかし、仮面女子を起用することに違和感、嫌悪感を抱く市民は少なくありません。いつから鯖江市はこれほど市民の声に耳を傾けなくなったのでしょうか。感受性が鈍くなったのでしょうか。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

また、小学校は地区にとりましてもシンボル的な存在であり、地域の活性化というふうなことも考慮しますと、今現時点では小学校の統廃合は考えておりませんが、児童数の変動につきましては、十分注視していきたいというふうに考えております。  次に、地区公民館等の今後の方向性というお尋ねでございます。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

しかしながら、一口に一体化と申しましても、部品を共同発注するなどの部分的一体化から経営統合まで幅広い可能性が考えられ、経営統合まで視野に入れた場合には、各社における株主社員労働組合などの合意形成が必要でありまして、また、鉄道施設の譲渡の取り扱いや議会での合意形成など、解決すべき大きな課題が多く存在します。  

大野市議会 2018-08-01 08月01日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

そこには、レアメタル存在するとのことで、私自身、この事業は後方支援なのかなとも思いました。 それで過日の一般質問で、当時の今副市長に、政府へ持ち帰り、政府電通で受け継いたらどうかと尋ねましたが、返事はありませんでした。 この事業がそのような類のものなら、私は当自治体が行うものではない、即刻中止すべきと考えます。 

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

都市整備部長(久野茂嗣君) 西山公園の展望台から北側、嶺北忠霊場方面に伸びる遊歩道の整備についてお尋ねですが、長泉寺山は市街地にある里山として多様な生態系存在し、多くの自然が残る山であります。また、身近で多くの野鳥が観察できる大変貴重な場所であるとともに、歴史的にはおよそ70基近くの古墳が確認されており、古来から鯖江台地を治めてきた豪族の聖地として大切に守られてきました。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

伝統芸能のまちさばえ創出事業でございますが、日本各地には多様で豊かな文化遺産が数多く存在します。これらの文化遺産はその地域に暮らす人々の心のよりどころとして、また地域のコミュニティを形成する上できわめて重要なものであり、確実に次世代に継承していくことが求められております。

大野市議会 2018-02-26 02月26日-副議長の選挙、議案上程、説明-01号

とりわけ、ふるさとを知り、ふるさとを創る教育を通して、人間性豊かな結の心を育てる教育と、変化と競争の激しい未来をたくましく切り開く進取の気象を育てる教育を、車の両輪のごとく効果的に機能させ、子どもたちが将来において、自己有用感や自己存在感を存分に味わいながら、生き生きと光り輝くことのできる力を育てる教育を推進したいと考えております。 

鯖江市議会 2017-12-12 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号

今後もご近所福祉ネットワークや、地域包括ケアシステム等、地域福祉の中心的存在としての活動をお願いしたいと思っております。 ○議長(佐々木勝久君) 大門嘉和君。 ◆2番(大門嘉和君) ありがとうございました。民生委員を担当されている方は本当に大変な業務を遂行されていらっしゃると思っております。

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

温室効果ガス排出が問題の石炭火力発電建設計画を進める日本存在感は、乏しかったとの報道がなされました。日本の14年の温室効果ガス排出量は1人当たり10.5トン、世界の排出量の主要20カ国平均の8.3トンを大きく上回っております。30年までの削減目標でEUが40%以上削減に対し、日本は18%削減、発電量で現在14%の再生可能エネルギーの飛躍的な拡大が温室効果ガス削減への鍵と言えます。

鯖江市議会 2017-09-12 平成29年 9月第411回定例会−09月12日-03号

肥料として必要な窒素やミネラルは自然の中に多く存在し、それらを微生物が分解してつくり出すと言われております。植物が必要な肥料分は植物が微生物と共生して関係を持ち、呼び寄せ、みずからつくり出していると言われております。そこに必要以上の肥料を入れることによって病虫害の原因にもなっていると言われております。