1185件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2021-03-24 03月24日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

理事者におかれましては、4月からの機構改革小学校入学時のギャップなどの解消を図るとともに、さらなる部局の連携を図り全国でも突出した子育て支援策である大野ですくすく子育て応援パッケージのPRにも努められたいと存じます。 最後に、新型コロナウイルスワクチン接種について申し上げます。 

大野市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問、討論、採決-04号

市長は、新年度当初予算についてと題し、大野市高速交通アクションプログラム、健康のまちづくり大野ですくすく子育て応援パッケージ三つプロジェクトバージョンアップうんぬんから、道の駅「越前おおの 荒島の郷」の開駅をチャンスに、稼ぐ力の向上を念頭においた各種計画としてゆきたいと述べ。 

大野市議会 2021-03-09 03月09日-一般質問-03号

子育て分野では、保育園や認定こども園での延長保育や休日保育などの情報のほかに、子ども成長過程に沿ってきめ細かな支援策をまとめた大野ですくすく子育て応援パッケージを紹介します。 移住施策情報発信については、移住希望者が知りたい支援策が一目で分かるようリーフレットを作成し、移住定住サイト都市圏での移住フェアで発信していきます。 

大野市議会 2021-03-01 03月01日-議案上程、説明-01号

また本年度から開始しました子育て世代にやさしい企業の市独自の認定については、子育てを行いながら仕事をしやすい環境づくりを特に推進するため、新年度以降も継続していきます。 これらの市内の認定企業をハローワークや商工会議所と連携して、学生や求職者に対して優先的にPRすることで、ワーク・ライフ・バランスの取れた働きやすいまちの実現と働き方改革に積極的な本市のイメージを確立していきます。 

鯖江市議会 2020-12-18 令和 2年12月第427回定例会−12月18日-04号

次に、子育て支援費児童クラブ事業費1,072万7,000円について、理事者から、国の交付基準の一部改正により基本単価が増額したこと、委託先児童クラブクラブ数が増加したこと、また、新型コロナウイルス感染症影響により利用料を補填したことや、新型コロナウイルスによる学校休校中に児童クラブを開所したことに伴う経費として、年間委託料不足額1,072万7,000円の増額補正をするもので、国、県からそれぞれ

大野市議会 2020-12-17 12月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

今回の増額補正は、返礼品目を増やすなど、大野市興味関心を持ってもらえるよう、さまざまな努力をされたことが功を奏したものと存じますが、現在のシステムでは、例えば子育て分野に役立てて欲しいと選択して寄付いただいたお金が、そのように使われているのかが寄付者にとって分かりにくいように思われます。 

大野市議会 2020-12-08 12月08日-一般質問-03号

子育て世代や働く世代に対しましては、高速交通アクションプログラム大野ですくすく子育て応援パッケージなどの重点プロジェクトを着実に推進することで、企業誘致による雇用の確保や子育て支援充実教育環境整備などを図り、大野子育てをしたい、大野に住み続けたいと思ってもらうことが重要です。 小中学校高校への取り組みとともに、定住促進のため総合的に取り組んでまいります。

鯖江市議会 2020-12-07 令和 2年12月第427回定例会−12月07日-02号

福祉教育充実について、新市長としてどう捉えているのかとのお尋ねでございますが、市民生活に直結している福祉教育につきましては、市民の皆様の御期待に応えられるよう、教育福祉を3本柱の一つとして取り組み、子どもたちが生き生きと過ごせるように子育て環境の一層の改善を図り、次世代を担う子どもたちの夢を育み、応援する教育環境整備してまいります。

大野市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

特に乳幼児期から学童期に至る子育て支援切れ目なく実施できる体制を構築するため、こども子育て支援保育所児童館などの業務教育委員会が所管します。 また地域コミュニティの維持と持続的な発展を目指す体制を構築するため、公民館業務や文化の振興などの業務市長部局の地域づくり部が所管し、公民館を中心とした地域づくりを強化します。 

越前市議会 2020-12-03 12月04日-04号

6月市議会でまずお示しさせていただきましたとおり、学識経験者保護者団体代表者などで構成します市子ども子育て会議におきまして、6月、8月、10月と3回協議を行い方針案を確認いただきました。 幼保一体化認定こども園に移行することで地域多様化するニーズに対応できること、西校区の就学前教育保育の柔軟な受皿が確保される見込みでございます。 

福井市議会 2020-11-30 11月30日-01号

市は子育て応援として,中学校卒業までの子ども医療費窓口負担500円のみとするなど一定の前進があったことは評価します。しかし,中学校を卒業すると,母子家庭等医療費重度障害者医療費窓口自己負担分全額を支払い,後日,本人や家族の口座に振り込まれる自動償還払い制度です。後で返ってはくるものの,障害者母子家庭にとって医療費負担は重いものです。

大野市議会 2020-11-30 11月30日-議案上程、説明-01号

多様化、複雑化する市民ニーズに柔軟かつ適切に対応し、ずっと住み続けたい持続可能なまちであり続けられるよう行政経営の観点に立って予算を編成すること、特に大野市高速交通アクションプログラム、健康のまちづくり大野ですくすく子育て応援パッケージ三つ施策をバージョンアップして重点的に推進することとしています。 

越前市議会 2020-11-26 12月01日-02号

日本一子ども子育て環境整備についてお聞きします。 少子・高齢化社会の中で、市民が安心して産み育てることができる社会づくりが求められております。越前市は、子ども条例を制定し、越前市に暮らす全ての子供たちが自立するために日本一子育て教育環境整備の実施に取り組んでおります。 また、医療費助成においても高校3年生まで拡充し、子育て家庭経済的負担を軽減しております。