531件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

また、商工会議所を通じて、会員を問わずに取扱店を幅広く募集し、使用後の商品券の換金は市内の金融機関、福井銀行、福邦銀行、福井信用金庫に委託するものであるとの説明がありました。前回のプレミアム付商品券販売の際、いろいろな混乱があり、課題があった。前回の課題を踏まえて今回の制度を検討されたと聞いている。

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

いずれにいたしましても、これは国の委託事業を活用しているわけでございまして、最先端の技術を搭載いたしました農業機械使用することによりまして、次世代のスマート農業への展望を持てるようになることがこの事業のメリットでございまして、市といたしましては、事業の遂行を支援すると同時に、この事業の成果を生かしながら地域農業者にスマート農業を普及啓発していくことが重要な役割と考えてございます。

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

民間に任せられるものは民間にといって、公的分野への民間委託でありますとか、あるいは指定管理でありますとか、こうしたものがふやされました。また、労働法制の改悪もなされました。派遣労働や不安定雇用、いわゆる非正規労働者、こうしたものが蔓延をしてきているわけであります。  安倍政権によりますアベノミクス地方創生も、基本的には小泉政権時代の構造改革路線といったものを踏襲したものだと思うわけであります。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

組織の人員体制も、正規職員だけでなく、会計年度任用職員全体を視野に市役所全体の業務を見直し、効率化を図っていく必要があり、市民主役事業の拡充と公的サービスの多様な提供の方法を模索、包括的な業務委託だけでなくても、個々の業務についての民間への業務委託を大きな選択肢の一つとして、その可能性を検討してまいりたいと考えておりますと答弁をされておられます。  

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

企業会計におきましては、環境衛生センターなど各施設の包括的民間委託契約の更新等により、公共下水道事業会計において3,180万円の増となりました。  また、平成31年度末の基金残高につきましては、財政調整基金が31億8,320万円を確保することができる見込みとなり、災害など不測の財政需要にも備えることができると考えております。

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

これに対し、委員からは、対象となる公園委託業務の内容についての確認を行い、理事者からは、小さな公園については里親制度を活用することで地元にお願いをする部分もあるが、背の高い木など剪定が困難なものについては指定管理の委託業務に含めているとの答弁がありました。  次に、議案第99号 市道路線の認定については理事者の説明を了とし、特段申し上げるべき質疑はございませんでした。  

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

次に、窓口業務の民間委託を来年1月から開始いたします。民間の柔軟性を備えた運用体制やノウハウを活用し、各種証明書の交付、各種届出書の受付、および窓口関連の業務等を委託するもので、委託後も、各種証明書の発行や料金など受付方法に変更はありません。今後も、市民の皆様が安心してお越しいただけるよう、市役所全体でより柔軟で質の高いサービスの提供に努めてまいります。  

福井市議会 2018-11-01 11月01日-01号

そのほか,交通指導員の協力や従事職員の対応などにより,警備関係の委託料が減額したことが要因として挙げられる。加えて,競技運営費関係については,既存の設備や物品を有効活用したほか,一昨年のプレ大会で使用したものを再利用するなど,経費の抑制に努めたことにより,約2億2,000万円の不用額が生じることとなったとの答弁がありました。 次に,一般会計,歳入について申し上げます。 

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

次に、窓口業務委託事業について、プロポーザル業者の募集を行った結果、期限までに株式会社NTTマーケティングアクト北陸支店の1社のみ参加申請があり、プロポーザル審査会を行った。そして、審査の結果、審査会委員の意見を聞いて、受託候補者として選定したとのことであるが、窓口業務の実績は。

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

しかし、産前・産後の事業につきましては、今、県内統一でやらないと効果がないと言ったら変ですけども、そういったこともございますので、妊婦健診、これは全市でやっておるんですけども、これと同様に県内統一で実施していただくようにまた医師会にも委託できるような、そういった体制について県のほうに要望してまいりたいと考えております。 ○議長(佐々木勝久君) 遠藤 隆君。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

主なものといたしましては、公金管理の面では、現金の動きについて担当者以外の職員によるチェック機能の強化、各課の公金取り扱いマニュアルの作成、各種団体会計管理について、市の会計手続に準じた取り扱いの徹底、また工事委託契約の面では、複数職員による書類確認、中間検査・現場確認の徹底、また3つ目として、職員倫理意識改革の面では、服務ルールの徹底、職員孤立セクハラ・パワハラ等の相談窓口の設置、まちづくり

福井市議会 2018-09-05 09月05日-04号

次に,学校給食調理業務委託事業についてお尋ねします。 平成27年度より中藤小学校を皮切りに単独調理校給食調理等業務の民間委託が進み,これまでに平成28年度の木田小学校,東安居小学校,湊小学校平成29年度の社南小学校と,5校の民間委託が進められています。 今回,9月定例会の補正予算案の中に平成31年度からの森田小学校学校給食調理業務委託事業として8,400万円の事業費が提案されております。

福井市議会 2018-08-27 08月27日-01号

学校給食の単独調理校である森田小学校の給食調理業務を平成31年度から民間事業者に委託し,安全及び衛生面のノウハウを活用するとともに,効率的な運営を行ってまいります。 続きまして,災害復旧事業に伴う補正予算案について御説明申し上げます。 補正予算の規模は,一般会計で1億61万9,000円,集落排水特別会計で280万円をそれぞれ追加するものです。 

鯖江市議会 2018-06-22 平成30年 6月第414回定例会−06月22日-04号

総務費の持続可能な地域推進事業費について、この事業はシェアリングエコノミーを活用して、地域社会が抱える課題の解決や新たな生活産業の立ち上げによる地域経済活性化に向けたモデル事業を国が地方自治体委託・支援するものとの説明であるが、鯖江としてどのような方向性のものを、また、具体的にどのようなものを行っていくのかとの質疑があり、これに対し、今回、この国の事業に15の自治体が採択を受けており、二次交通網の