2090件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、第35号議案 人道の港敦賀ムゼウム新築工事請負契約の件については、主な質疑として、契約書に資材が高騰した場合の契約金額について別途協議する等の記載をしているのかとの問いがあり、資材の調達に関して、価格が大幅に変更する場合は契約金額を見直すことを契約約款で記載しているとの回答がありました。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

まず、今後のムゼウムの整備のスケジュールにつきましては、今3月議会におきまして契約議案をまず議決をしていただきまして、そういったときには契約締結となり、9月末ごろをめどに鉄骨建て方を完了させまして内装、外装等の工事に移行し、来年3月末までに、電気、機械工事を含めた建築工事と展示製作業務を完了させる予定となっております。

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

市の契約には大小さまざまな案件がありますので、主な業務区分であります工事、建設コンサルタント、委託、物品購入の4業務につきまして、契約予定額の上限の関係から随意契約ではなくて入札を執行しました件数につきまして平成29年度の実績に基づきお答えさせていただきたいと思います。  まず工事につきましては、213件の案件がありまして、市内業者への発注はそのうちの189件、また市外業者への発注は24件です。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

私も、今中学校2年生の息子が、敦賀の幼稚園に通っていて、次、小学校どこ行こうかというときにいろいろ自分なりに調べて、そのときは石川県の野々市市の小学校、野々市小学校というところがリニューアルオープンするということだったので、そこに住もうと決めて、そこに家まで実は契約までしたんですね。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

市長から 報告第1号 専決処分の報告について(損害賠償額の決定) 報告第2号 専決処分の報告について(損害賠償額の決定) 報告第3号 専決処分の報告について(損害賠償額の決定) 報告第4号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更) の以上4件が提出されております。  お手元に配布しておきましたから、ご覧いただきたいと思います。  これより日程に入ります。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会 目次

号議案 敦賀市下水道条例の一部改正の件 ────────────────  31  第32号議案 敦賀市集落排水処理施設の管理に関する条例の一部改正の件 ────  31  第33号議案 市道路線の廃止の件 ──────────────────────  32  第34号議案 市道路線の認定の件 ──────────────────────  32  第35号議案 人道の港敦賀ムゼウム新築工事請負契約

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

第35号議案 人道の港敦賀ムゼウム新築工事請負契約の件について御説明申し上げます。  人道の港敦賀ムゼウム新築工事請負契約を次のとおり締結したいというものでございます。  契約の目的でございますが、人道の港敦賀ムゼウム新築工事請負契約でございます。  契約の方法でございますが、一般競争入札です。  契約の金額ですが、6億1398万円でございます。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会 資料

34 号議案│市道路線の認定の件             │産 経 建 設   │ │       │                      │          │ │       │                      │3/19 可  決  │ ├───────┼──────────────────────┼──────────┤ │第 35 号議案│人道の港敦賀ムゼウム新築工事請負契約

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

また、委員からは、当該補助事業について一定期間以上の事業継続を補助者に義務づけているのかとの質疑があり、理事者からは、補助金交付要綱において5年以上の継続が見込まれるものを補助対象としており、その物件の賃貸借契約書や契約書により確認しているとの答弁がありました。委員からは、補助事業終了後も継続して補助者の動向を注視し、投入された税金が無駄にならないよう追跡調査を行うよう要望いたしました。

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 名簿

道 白 恵 美 君   福祉保健部長 山 本 麻 喜 君   (教育委員会)   教育長    上 野   弘 君  事務局長   池 田 啓 子 君   (監査委員事務局)   事務局長   鳴 海 良 久 君  4.議事日程   日程第1 第93号議案 敦賀市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求める        件   日程第2 第92号議案 敦賀市庁舎立体駐車場新築工事請負契約

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

それでは、第92号議案 敦賀市庁舎立体駐車場新築工事請負契約の件につきまして御説明申し上げます。  議案書の1ページをお願いいたします。  敦賀市庁舎立体駐車場新築工事請負契約を次のとおり締結したいというものでございます。  1番、契約の目的、敦賀市庁舎立体駐車場新築工事。  2、契約の方法、一般競争入札。  3、契約の金額、税込み3億6223万2000円。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

そしてまた、1者の随意契約、特定の相手先への委託事業、こうしたものが8.3%、そしてまた、地域等に既に連携しているもの、いわゆる公民館の通学合宿であったりとか、地域の団体や市民、グループなどと既に連携の実施しているもの、これについても市民主役事業の一くくりの中には挙げておられたわけですけれども、これについては3.1%でありました。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

また、特定健診の受診率向上に向けまして、サスメド株式会社や株式会社キャンサースキャンとの業務契約を行っておりますので、そういった中でAIを十分に活用することで事業の事務改善、また効率的な受診勧奨等にも取り組んでまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(佐々木勝久君) 水津達夫君。 ◆17番(水津達夫君) 御答弁をいただきまして、ありがとうございました。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

この研究会は契約管理課が事務局になっておりまして、教育委員会の教育総務課を含めました庁内関係課8課でございますけれども、及び民間からのアドバイザー4名で構成しておりまして、土地及び公共施設の利活用、財産を利用しました財源確保、官民連携等の研究を行うものでございます。  

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

議会は、条例の制定、予算の決定、財産の取得の承認、重要な契約の締結の承認など、事件を議決することとされていることから、執行機関は、市政を進める上で重要な事項について、議会の議決を得て行政の運営を行っています。  さらに議会は事務の管理、議決の執行及び出納を検査できることとされていることから、議会からのご意見を尊重し、施策への反映、改善に努めなければならないと考えています。  

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会 資料

                      容   │ ├────┼──┼─────┼─────────────────────────────┤ │  18日│火 │本 会 議│*第93号議案 敦賀市固定資産評価審査委員会委員の選任につき│ │    │  │     │ 同意を求める件(即決)                 │ │    │  │     │*第92号議案 敦賀市庁舎立体駐車場新築工事請負契約

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会 目次

原子力行政について  21番 原   幸 雄 君 ───────────────────────── 235   1.名勝柴田氏庭園の保存、活用について  第5号(12月18日) ○日程第1 第93号議案 敦賀市固定資産評価審査委員会委員の選任につき       同意を求める件(即決) ───────────────────── 243 ○日程第2 第92号議案 敦賀市庁舎立体駐車場新築工事請負契約

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

庁内ネットワークシステムをはじめとした各種システムについては、業者ごとにシステムに独創性があったり、高度の専門性を持っていたりすることから、システム導入後の保守管理業務については、競争入札によらずに納入業者と随意契約で委託を行っているものが多く見受けられます。  随意契約には、デメリットとして相手方が固定化され、公平性に欠けることなどがあります。  

敦賀市議会 2018-09-13 2018.09.13 平成30年第3回定例会(第5号) 本文

次に、第67号議案 敦賀市第2産業団地整備事業分譲地C造成工事請負契約の件については、主な質疑として、分譲地A造成工事について、分譲地B、Cの造成工事で利用予定であった場内の堀削土を分譲地A造成工事に充てるため工事請負費を増額するとの説明であったと思うが、それにより、今回契約する分譲地Cの設計額は安くなっているのかとの問いがあり、そのとおりである。