710件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

その第11条というのは、「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない」、こういうふうに書かれているんですね。  私、恥ずかしながらこのことをずっと見過ごしていた自分がありました。

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

そのため、5月27日の全原協総会の場におきまして、関係省庁大臣政務官や国会議員の先生方に対し、将来の原子力政策がどうあるべきか正面から向き合って議論し、国が歩むべき道筋を明確に示すよう強く求めたところであります。  今後も全原協や立地協など全国の立地市町村と連携し、国策に対する責任を果たすよう国に対し強く求めてまいります。

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 本文

先月27日には、関係省庁大臣政務官や国会議員の方々を多数招き全原協総会を開催しましたが、その際、将来の原子力政策がどうあるべきか、国は正面から向き合って議論し、我が国が歩むべき道筋を明確に示すよう強く申し上げたところです。今後も、全原協や立地協など全国の立地市町村と連携し、国策に対する責任を果たすよう国に対ししっかりと求めてまいります。  防災対策について申し上げます。  

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

広告などを活用したPR活動では、平成29年8月1日の日本経済新聞社に掲載した広告記事が、第66回広告環境部門最優秀賞並びに環境大臣賞を受賞し、大野市の認知度向上に貢献しております。  事業に賛同いただけるパートナーの獲得では、延べ230件を超える寄付や募金箱の設置などで、多くの協力を得ることができました。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

衰退傾向にあった商店街をはじめとする中心市街地に活力を取り戻すため、平成18年に中心市街地の活性化に関する法律が改正されたことを契機に、国の補助を活用し、中心市街地における交流人口の増加とまちなか生活の充実を目指して、中心市街地活性化基本計画を策定し、平成20年7月に内閣総理大臣の認定を受けました。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

ですから、総理大臣と牧野市長は同格なんです、本当は。そういう仕組み、そういうことに法律上の建前としてはなっているわけなんです。それを、言ってみれば国の方向性に沿うような財政の仕組みをつくっていこうということで、言うことを聞かせていこうと、こういうことがやられているわけですね。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

自治会などの地縁による団体代表者として多年にわたり在職し、地域的な共同活動を通じて良好な地域社会の維持及び形成に尽力された顕著な功績により、鈴木庄之助さんが総務大臣表彰を、介護相談員として勤続10年以上の活動が評価を受け、小池ひろ子さんがNPO法人地域ケア政策ネットワーク介護相談・地域づくり連絡会の介護相談員永年活動功労者表彰を受賞されました。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

国の方針でございますが、平成27年総務大臣から発出された助言通知、「地方行政サービス改革の推進に関する留意事項について」におきまして、地方公共団体が厳しい財政状況下においても引き続き質の高い公共サービスを効率的・効果的に提供するためには、「民間委託等の積極的な活用等による更なる業務改革の推進が必要であり、そこで捻出された人的資源公務員が自ら対応すべき分野に集中することが肝要である。」

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

私は、29年3月議会の当初予算案に反対討論をした際に、地方税の課税権は大野市、その自治体が保持しているわけですから、納税者を滞納整理機構等で追い詰める税務行政ではなく、納税を促す行政、信頼される行政の実現を目指すことこそ自治体に求められているとし、税金の基本はあくまでも負担能力に応じてが基本であり、パナマ文書に示される租税回避地タックスヘブンは、麻生財務大臣によれば、問題ではあるが違法ではない日本

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

なお、提出先は衆議院議長参議院議長内閣総理大臣財務大臣総務大臣経済産業大臣内閣官房長官内閣府特命担当大臣経済財政政策)、内閣府特命担当大臣地方創生規制改革)です。  以上、各議員の御賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐々木勝久君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

自民党の総裁が決まりますと、イコールこれは総理大臣というところにもなりますので、我々はやはり国民として、また市民の1人として非常に関心があると思います。  これは仮の話でございますけども、教育の無償化は、鯖江市におきましてはどういった部分が無償化になってくるのかというところを最初にお聞かせいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(佐々木勝久君) 畠中健康福祉部長

大野市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会-09月03日−議案上程、説明−01号

次に、去る7月定例会において可決されました地方消費者行政に対する財政支援(交付金等)の継続・拡充を求める意見書につきましては、内閣総理大臣をはじめ、政府関係機関等へ提出しておきましたので報告いたしておきます。  次に、久保教育長から発言の申し出がありますので、これを許します。  教育長、久保君。  

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

議員質問の新地方会計につきましては、おっしゃいましたとおり平成27年1月の総務大臣通知によりまして、全国の地方公共団体で比較可能な統一的な基準による財務書類の作成が要請されたことを受けまして、平成28年度決算から統一的な基準による財務書類作成に取り組んでおりまして、昨年度2月、ことし、30年の2月に公表を行ったところでございます。  

敦賀市議会 2018-08-21 2018.08.21 平成30年第3回定例会(第1号) 本文

先月14日に、梶山内閣府特命担当大臣が来敦し、地方創生加速化交付金等を活用した敦賀赤レンガ倉庫を視察されました。その際、大臣からは「磨きをかけて、さらに人の流れをつくっていただきたい」と評価をいただきました。  また、その後、国指定史跡「武田耕雲斎等墓」を訪れ、御臨席いただきました西川知事、高木衆議院議員とともに植樹いただいたところです。  

大野市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会-07月23日−一般質問−02号

本市におきましては、地方自治法の規定に基づき、毎年度半期ごとに、市報やホームページなどにより決算状況などの公表を行っているほか、当初予算の概要をまとめた当初予算説明資料や決算の主要な施策の成果をまとめた成果に関する報告書の公表、財政健全化法の規定に基づき算定した各指標の公表、総務省大臣通知に基づき作成した財務書類の公表など、財政状況の情報公開に努めているところでございます。  

大野市議会 2018-07-17 平成30年  7月 定例会-07月17日−議案上程、説明−01号

また、今月3日には、第二次報告を野田総務大臣に手渡し、この中でも人口減少時代のパラダイムへの転換が求められております。  私は、国全体の人口減少や東京への一極集中は、国の責任において対処すべき課題だと考えていますが、住民に一番身近な基礎自治体としても、さまざまな施策を総合的に展開し、人口減少下における持続可能な地域づくりに取り組む必要があると考えています。  

鯖江市議会 2018-06-22 平成30年 6月第414回定例会−06月22日-04号

なお、提出先は衆議院議長参議院議長内閣総理大臣内閣府特命担当大臣消費者及び食品安全)です。  以上、議員各位の賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐々木勝久君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(佐々木勝久君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。