129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

新ムゼウムは、大正時代に現存した建物4棟を復元する形で、欧亜国際連絡列車に使われた敦賀港駅や旅客の入出国を管理した税関旅具検査所、大和田銀行創始者の大和田荘七が設立した商船の代理店、大和田回漕部などの外観を再現し、延べ面積は現ムゼウムの約4倍の約1000平方メートルということで、手狭となっておりました展示スペースを確保するほか40人ほどの団体客利用や研修機能が追加できるようになると聞いております。

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

その結果、景観まちづくり刷新支援事業を活用して復元する大正当時の建物4棟全てをムゼウムとして活用する方針が第2回の金ケ崎周辺施設整備計画策定委員会にて示されております。  敦賀のオンリーワン、敦賀しかない地域資源でございます心温まるエピソードに基づく人道の港敦賀を市民が誇りに思いまして自慢してもらえる施設となることを目指しておりますので、ぜひこの計画で進めてまいりたいと考えているところです。  

敦賀市議会 2018-06-05 2018.06.05 平成30年第2回定例会(第1号) 本文

この中で、人道の港敦賀ムゼウムについては、大正当時の建築物4棟への移転に伴う展示構成や機能配置、施設の使い方について御議論いただき、2つの案を提案いただきました。今後は、この提案をもとに実施設計において新ムゼウムの施設と展示内容に関する検討を進めてまいります。  鉄道遺産の活用につきましては、キハ28形気動車について適地の検討を行い、先月19日に赤レンガ倉庫と隣接する市有地に設置いたしました。

越前市議会 2018-05-23 05月23日-01号

かこ氏は、大正15年に越前市で生まれ小学2年生まで過ごされた御縁で、かこさとしふるさと絵本館らくの開設や武生中央公園だるまちゃん広場の整備などに格別な御支援をいただきました。

敦賀市議会 2018-03-07 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文

次に、金ケ崎周辺では、金ケ崎周辺整備構想のコンセプトでもございます敦賀ノスタルジアム空間の創出のため、大正から昭和初期に実在した4棟の建築物を復元し、ムゼウム機能を移転、そして拡充、そして鉄道遺産の活用など、金ケ崎周辺エリアの持つ特性に合わせた施策を実施していく予定でございます。  

敦賀市議会 2018-02-22 2018.02.22 平成30年第1回定例会(第1号) 本文

人道の港敦賀ムゼウムについては、景観まちづくり刷新支援事業により整備する大正当時の建築物4棟への移転に伴う展示構成や、施設の使い方、機能配置について活発な御意見をいただきました。こうした御意見を踏まえ、施設整備と展示内容に関する実施設計等の関係経費を新年度予算に計上いたしました。  

小浜市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号

琵琶湖若狭湾快速鉄道につきましては、明治35年3月に鉄道敷設法改正により小浜線、当時の敦鶴線でございますが、に始まり、大正11年、小浜線全線開業。昭和12年に三宅から近江今津間に省営バス若江線が開業。若江線については鉄道開通までの措置であったんですが、結局は実現せず、現在もJRのバスが走っているということでございます。  

敦賀市議会 2017-12-08 2017.12.08 平成29年第4回定例会(第4号) 本文

そこに行ってみますと、大正天皇皇太子のときに明治42年にそこに御座所したと載っているんですけれども、本丸は大変だけれども、普通の方でも歩いていくと敦賀の港が、あそこまで海が来ていたんですよね。すごい景観がばっと広がるというか、まさに一等地だと思います。  回遊性というならば、私も観光ボランティアをやっていますけれども、あそこまで行ってまた帰ってくる、行けないんですよ。

敦賀市議会 2017-12-07 2017.12.07 平成29年第4回定例会(第3号) 本文

産業経済部長(若杉実君) 私のほうからお答えさせてもらいますけれども、東宮御成年式記念運動場碑、大正8年5月に建立ということで、東宮とは皇太子時代の昭和天皇でありまして、大正8年に行われた成年式を記念し整備されたグラウンドをあらわす石碑ということを聞いております。  以上です。 ◯24番(林正男君) そのとおりだと思います。  

大野市議会 2017-12-05 平成29年 12月 定例会-12月05日−一般質問−03号

◆13番(髙岡和行君)  過日というよりも、昔は明治大正昭和と3代生きるということで、少し長生きっていうようなことをおっしゃっていましたが、私もひょっともすると、昭和平成ともう一つの時代に生きられるんじゃないかな。  3代の天皇にお仕えするということは、非常にありがたいことだなというように思っております。  そういった心境の髙岡和行でございます。  

敦賀市議会 2017-09-13 2017.09.13 平成29年第3回定例会(第2号) 本文

この港まちの駅には、地元駅前商店街から神楽商店街の方々に出店してもらって、あらゆるジャンルの商品の販売やレストランでの食事、また憩いの場所を提供することにより、町なかのにぎわいをもたらし、かつて栄華をきわめた明治大正の敦賀港を中心に繁栄していた敦賀の再興に期するように思えるのですが、いかがでしょうか。御所見を伺います。

敦賀市議会 2017-09-05 2017.09.05 平成29年第3回定例会(第1号) 本文

この中で、現在来館者が増加し手狭になってきた人道の港敦賀ムゼウムについて、復元予定の大正当時の建築物4棟に移転する方針が示されました。今後、景観まちづくり刷新支援事業の活用に向け、基本設計等を進めてまいりたいと考えております。  また、鉄道遺産の活用につきましては、県を初めとする関係機関と連携を図りながら、金ケ崎周辺におけるにぎわい拠点の形成に向けた計画の策定を進めてまいります。  

敦賀市議会 2017-06-15 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第4号) 本文

先ほど申しましたが、今回考えられるノスタルジアムとする建物、大正時代の建物復元ということで観光センターを考えられるということも書類の中というか資料の中では書かれていますし、関連性として、当時、ポーランド孤児とか、また今回、私どもの売りであります命のビザ、ユダヤ人難民を受け入れた時代背景。

敦賀市議会 2017-06-14 2017.06.14 平成29年第2回定例会(第3号) 本文

この集計は、全ての調査票を集計し、我が国の人口世帯等の全体像を把握することができる2015年の国勢調査の確定値となっているわけですが、今回、1920年、いわゆる大正9年の調査以来、初めて日本の総人口が減少に転じたということが報告されました。2010年、7年前の調査時より減った数は94万7000人で、全国の8割以上の自治体で減少したという報告がありました。  

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

大正11年に大企業を対象とした公的健康保険制度公布され、昭和2年からそのサービスを開始した。そして、昭和13年に厚生省が設立され、その年に、国民健康保険制度農村を対象に成立しました。しかし、医師、薬剤関係などの強い反対で、強制加入の構想は崩れ任意加入となった。しかも、医療の30%から45%を本人自身が負担する制度なので、最も必要性のある自作農以下の貧困層には、十分な医療保険の機能はなかった。

大野市議会 2017-02-27 平成29年  3月 定例会-02月27日−議長の選挙、議案上程、説明−01号

平成27年国勢調査によるわが国の人口は、1億2,709万4,745人となり、大正9年の調査開始以来、初めての人口減少となっております。  本市におきましても、少子化による継続的な人口減少下にある中で、本年1月1日時点で高齢化率は33㌫を超え、本格的な高齢社会の到来が加速しており、地域の維持に向けた取り組みがますます重要となっております。  自然環境がもたらす負担も、大きな課題であります。