876件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

これまで山本議員、それから田中議員も述べられましたように、今回、第78号で削除されましたリラ・ポート、それらの予算につきましては、今後議会も含め行政できちんと調査、検証及び聞き取り、それと一番大切なのは、今この議会の様子をテレビでごらんになっている市民の皆さん、それから議会だより等でこれから議会のことをお知りになる市民の皆さん、新聞報道等でもこのことを知られるであろう市民の皆さん。

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

それでは、ことしの5月17日、去る5月17日の新聞報道に、山梨県の1市や岐阜県高山市などの費用負担に応じる動きが拡大していくというように報道されておりましたが、この中身について我々議員にも市民の皆さんも当然ですが寝耳に水の話でありまして、これは本当のことなのですか。真偽を教えていただきたいと思います。  また、今後近い将来に費用負担に応じる自治体組合があるのかも重ねて伺います。

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

先日、来場者が30万人を達成したと報道などで盛り上がっていましたが、足かけ11年での達成ということは年間約2万8000人の来場者でしかありません。建物を新しくするだけで、どこに10万人の来場者を見込めるのでしょうか。考え方が間違っているのではないでしょうか。  

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

この捉え方自体が、我々の実感からしますと随分かけ離れたものであったわけでありますけれども、しかしそれが、必ずしも安倍内閣が言っていたとおりではなかったということが、最近報道されました。その報道によりますと、内閣府が7日に発表しました1月の景気動向指数、2015年を100とみなしているわけでありますけれども、その速報値が、景気の現状を示す一致指数が前月比2.7ポイント低下をし、97.9であったと。

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

今回、新聞報道等によりますと、われわれ現場の者も、今回は物を言う場ができると書いてあったんですが、それについてもう少し詳しく説明をしてください。 ○議長(梅林厚子君)  教育委員会事務局長、山田さん。 ◎教育委員会事務局長(山田靖子君)  廣瀬議員の再質問にお答えいたします。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

一部新聞報道にも載せてありましたが、いま一度この場でお聞きしたいと思います。  また、アンケートの結果は、どのように市民に公開し、どのように学校再編計画の見直しに反映していくのでしょうか。  大きな二つ目の質問に入らせていただきます。  和泉地区統合施設行政サービスの変更についてです。  平成31年度当初予算に、和泉地区統合施設の整備予算2億円余りが計上されています。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

前回の質問でも述べさせていただきましたが、現在の敦賀市は、赤レンガ倉庫を初め、先日テレビ等でも報道されておりましたオープン2年弱で入場者数が10万人を達成したキッズパークつるがでありますが、10万人目となったのが京都府長岡京市の御家族で、御夫婦とお子さんが3人の5人家族で初めて訪れ、インターネットで調べ訪れたそうですが、雨でも子供が遊べる施設で、体を動かして楽しめるのがよいと印象を語っておられました

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

ただ、この1月に市長の会見の場かどこかで乾式の中間貯蔵施設はやってもいいようなお話をされたという報道がありましたが、いま一度ここでお聞かせ願いたいと思います。 ◯市長(渕上隆信君) 使用燃料につきましては、事業者が県外搬出を約束しており、それをしっかりと守っていただくことが基本であります。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

国土交通省から提言したんだということを当時の新聞報道でされているところでございます。  また同時に、今ほど市長おっしゃられましたけれども、収支採算性というものも公表しておりまして、敦賀駅での乗りかえ抵抗をゼロとした場合、この試算値として、費用便益を1.1としたと、このように報じております。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

◆2番(大門嘉和君) ところで、平成30年8月11日の日本経済新聞第1面に、大量のアカウント削除問題が報道されています。「消えた7億フォロワー」、この中にツイッターが偽アカウント一斉削除した7月13日、アイドルグループ仮面女子の神谷えりなさんは「45万人もフォロワーが減った。所属事務所は理由はわからないとするが、フォロワーも仮面だった。ショックで泣きそうとファンに困惑が広がった。」

大野市議会 2019-01-28 平成31年  1月 臨時会-01月28日−議案上程、説明、質疑、討論、採決−01号

終わりに当たりまして、本市のますますの発展を心から祈念を申し上げますとともに、市民の皆さま、並びに報道関係各位には、今後とも大野市勢の発展に格別のご支援、ご尽力を賜りますようお願いを申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。  皆さま、大変ご苦労さまでございました。  ありがとうございました。  

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

景気全体にとっても、戦後最長の好景気が続いていると、こういうことが今朝の新聞報道等でもなされておりましたけれども、しかしその実感というものはほとんどありません。こういう時期におきまして消費税を増税するということが日本全体にとってどうした結果をもたらすか、これは大きな不安だと思うわけであります。この鯖江市民にとっても生活に対して直撃をするような消費税の増税であるわけであります。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

毎日新しい事業が新聞報道で絶賛されても、それがどう我々市民にはね返ってくるのかが実感できなければ、「いろいろな花が毎回きれいに咲くけれども、いくらたっても実がならない。」とやゆする市民もいるわけでございます。  鯖江市がどこへ向かおうとしているのか、鯖江市の将来ビジョンがわからないという声が聞こえる中で、いま一度とまってゆっくりと市民の目線まで腰を据えて考えるべきではないかと思います。

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

また、先月16日の中日新聞には、原子力規制委員会において、安定ヨウ素剤の事前配布の仕組みを見直すため専門家会合を設置するとの新聞報道がありました。この専門家会合では、現在、原発から5キロ圏内の全住民に事前配布を行き渡らせることが困難であることから、子供に重点配布するため制度の改善を図るとされておりますので、国の動きに注視し、県、医療機関等と協議してまいりたいと考えております。  以上です。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

そういうようなことで、市はもう99%でき上がったようなことで、新聞報道でも今度はこうやとかなっていますけれども、私は議会軽視も甚だしいなという感じもしておるんです。  最後にこの件で、私の私見として、私はこの案件に対しては反対をさせていただきます。  話題を変えまして、廃校になった学校についてお聞きします。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

検討していない事案がなぜ新聞報道されたのか。市は本当に検討すらしたことがないのか。これまでの経緯についてまずお伺いいたします。 ◯市民生活部長(辻善宏君) おはようございます。  新聞報道では、中池見保全活用基金が減少傾向にあることや、中池見の管理区域の縮小等の見直しについて書かれておりました。どのような経緯で新聞報道につながったのかについては、わかりません。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

報道等によりますと、国におきましては、水道の普及率が97.9㌫となり、これまで水道の拡張整備を前提とした時代から、既存の水道の基盤を確固たるものとしていくことが求められる時代に変化しておりますが、老朽化の進行耐震化の遅れ、水道事業者の経営基盤の脆弱(ぜいじゃく)、計画的な更新のための備えの不足などといった課題があり、これらの課題を解決し、将来にわたり安全な水の安定供給を維持していくためには、水道