99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-11

15 ◯1番(今大地晴美君) 誰の基本人権を守るんですか。亡くなったお子さんのお名前も粟野南小学校のメールで明らかになっているんですよね。これ個人情報じゃありませんか。それはこうやって一斉メールという形で出されたからこそ、いろんな情報が私のところに来ているんです。それについてはどうなんでしょう。

敦賀市議会 2019-10-08 令和元年第5回定例会(第5号) 本文 2019-10-08

民間のノウハウをサービス向上に生かすとのことですが、市民にとってサービスとは、職員の専門性による基本人権を尊重する立場でのサービスであり、窓口での受け答えだけではありません。  そもそも上下水道福祉厚生の事業です。敦賀市水道事業の設置等に関する条例の第2条、経営方針には、公共の福祉を増進するように運営しなければならないとあります。

敦賀市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 2019-09-18

基本人権、生きていく中でとても必要なもの。高い民間家賃で暮らしている方が、もし市営住宅で安い家賃で暮らせるようになったら税金が納められるようになるかもしれないし、小規模修繕とか中小企業経営安定資金とか、こういったなりわいについても、もし制限がなく利用できれば、経営もできて、なりわいが立て直しができて、税金が納められるようになるかもしれません。  

敦賀市議会 2019-09-17 令和元年第5回定例会(第2号) 本文 2019-09-17

敦賀市におきましても、障害の有無にかかわらず全ての市民基本人権を持つ個人として尊厳を尊重され、ともに生きる社会を実現するため、日々努力してくださっていることに敬意を表します。  そこで1つ目の質問です。ヘルプカード、ヘルプマークについてお尋ねします。  これは人工関節を入れている都議会議員の方の質疑、提案で、平成24年度10月に東京都が考案、開発したものです。

敦賀市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-18

民間のノウハウをサービス向上に生かすとのことですが、市民にとってのサービスとは職員の専門性による基本人権を尊重する立場でのサービスであり、窓口での対応だけではありません。  また、滞納世帯への対応、生活保護世帯下水道料金の減免制度の受付などは、人権問題として特に配慮が必要であり、容易に民間委託できるものではありません。

敦賀市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-13

民間の施設と違うところは、公共施設は住民に対して等しく基本人権保障し、憲法保障している集会の自由表現の自由保障する場であるということです。指定管理者の導入で民間企業委託することによって、それが本当に守られるのか疑問です。そのため昨年12月議会敦賀市文化センター指定管理者制度の導入について反対しましたが、賛成多数で決まってしまいました。  

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

その設置は先進的かつ効果、効率的であると考えているわけではございますが、一方で不特定多数の住民を撮影することになり、被撮影者のプライバシー等の基本人権を侵害してしまうというおそれもございますので、防犯カメラを設置、運用するに当たりましては、その管理について慎重な対応が必要であるというふうに考えております。 ○議長(佐々木勝久君) 帰山明朗君。

敦賀市議会 2018-03-20 平成30年第1回定例会(第5号) 本文 2018-03-20

民間のノウハウをサービス向上に生かすとのことですが、市民にとってサービスとは職員の専門性による基本人権を尊重する立場でのサービスであり、窓口での受け答えだけではありません。民間ならではのサービスとして、検針がリアルタイムでわかる検針票をスマートフォンで音声案内するなど挙げられましたが、果たして民間委託しなければできないサービスでしょうか。  そもそも上下水道福祉厚生の事業です。

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

憲法13条でもって基本人権が定められているわけですけれども、これは基本人権といいますけれども、やっぱり人権を守るということは人格そのものですね。  その一番の中心点になっているというか、文書として出されているもの、公的な証明として出されているものは戸籍だというぐあいに思うわけです。

越前市議会 2018-03-02 03月19日-06号

まず、議案第33号につきまして、中嶋曉美氏は平成24年7月に人権擁護委員に就任され、現在に至るまで市民基本人権の擁護及び人権思想の普及啓発に御活躍いただいているところでございます。今回平成30年6月30日に任期満了となりますが、人格、識見ともに高く広く社会の実情に通じておられ、誠実な人柄はまことに適任であると存じまして再度御提案をいたしたものであります。 

越前市議会 2017-09-08 09月21日-05号

犯罪の具体的行為があって、初めて処罰されるという日本刑法の大原則をねじ曲げ思想良心の自由を初めとする基本人権を侵害する共謀罪法は紛れもない違憲立法であります。それをごまかすため、安倍政権はテロ対策とか一般人は対象にしないと主張し国民を欺こうとしましたが、国会審議での野党の追及に答弁は迷走を続け、審議をすればするほど政府の説明は破綻していきました。

敦賀市議会 2017-06-26 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-26

民間のノウハウをサービス向上に生かすとのことですが、市民にとってサービスとは職員の専門性による基本人権を尊重する立場でのサービスであり、窓口での対応だけではありません。また、今さら民間に委託しなければならないほど敦賀市のノウハウに問題があるとも思えません。  そもそも上下水道福祉厚生の分野です。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

手話を使うことに引け目を感じ、社会参加が困難であったということは、基本人権保障という観点からも本当に御苦労があったことだと思っております。国際連合では障がい者の権利宣言を初め、さまざまな取り決めを経て2006年に国連障害者権利条約で手話を言語と明記されまして、日本でも2011年の改正障害者基本法では第3条3項に「全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。)

越前市議会 2017-03-02 03月17日-07号

まず、議案第26号につきまして、伊藤達道氏は平成23年4月に人権擁護委員に就任され市民基本人権の擁護及び自由人権思想の普及啓発に御活躍いただいているところでございます。今回平成29年6月30日に任期満了となりますが、人格識見ともに高く誠実な人柄はまことに適任であると存じまして、再度御提案をいたしたものでございます。 

越前市議会 2017-02-28 03月01日-05号

今回基本人権を守るという視点で、障害者の課題について質問をしてきました。生活弱者と言われる方々が安心して暮らすことができる町こそが、人に優しい町ではないでしょうか。今後当事者にとって必要な福祉施策の推進を期待して、この質問を終わります。 続きまして、福井鉄道福武線の支援についてお聞きします。 

越前市議会 2016-12-06 12月07日-04号

日本国憲法基本人権について第11条で国民は全ての基本人権の享有を妨げられない、この憲法国民保障する基本人権は侵すことのできない永久の権利として現在及び将来の国民に与えられると規定し、第13条では全ての国民個人として尊重される、生命自由及び幸福を追求し対する国民権利については公共の福祉に反しない限り立法、その他国政上では最大限の尊重を必要とすると規定しております。

福井市議会 2016-12-05 12月05日-02号

平成23年8月に改正された障害者基本法では,全ての国民が障害の有無にかかわらず等しく基本人権を享有するかけがえのない個人として尊重されるという理念のもとに,相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指しております。そこで,本市ではインクルーシブ社会概念のもと,「障がいのある人もない人もお互いを認め合い ともに生きるまちづくり」を基本理念に掲げ,この計画が策定されました。