20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2016-09-05 09月05日-議案上程、説明-01号

土木費では「まるごと道の駅」拠点整備事業110万円、下水道事業特別会計繰出金892万5,000円など、合わせて1,450万円の増額を、款9消防費では、和泉分遣所維持管理経費345万円の増額を、款10教育費では、現役世代交流促進事業補助200万円、福井しあわせ元気国体プレ大会カヌーコース整備に係る経費800万円など、合わせて1,180万7,000円の増額を、款11災害復旧費では、林道ミノ又線の地滑り

大野市議会 2016-06-06 06月06日-一般質問-02号

修正後に熊本地震発生し、短時間に地滑り、断層と地割れなど、群発的に発生するという過去に類例のない浅い断層連動型地震となりました。 このような中で、大野市における活断層は温見、宝慶寺断層想定としておりますが、研究者も注目している木落と佐開断層が真名川沿いにあり、ダム湖への影響も市民関心となるところであります。 

鯖江市議会 2004-12-24 平成16年12月第348回定例会−12月24日-04号

市内全域危険個所調査・把握されているのかとの質疑があり、これに対して、県土木調査をしており、現在、急傾斜地崩壊危険個所200カ所、土石流危険渓流107カ所、地滑り危険箇所6カ所となっているとの答弁がありました。  また、その他に、 1 把握されている危険個所については、今後の災害拡大を未然に防止するため、できる限りの努力をすること。

鯖江市議会 2004-12-15 平成16年12月第348回定例会-12月15日-03号

また、がけ崩れ地滑り発生するおそれのある地点道路のうち、洪水時に通行不能となる地点も盛り込み、災害発生後に備えては、地域防災計画が定める26の避難場所災害収容病院防災備蓄倉庫といった施設分布状況を示してあります。完成したマップは、市内2万6,000世帯全戸に配布し、希望する町内会に対しては、説明会を開いているとのことです。  

大野市議会 2004-12-13 12月13日-一般質問-02号

一方で、平成11年6月に24名の犠牲者を出した広島災害をきっかけに、土石流がけ崩れ地滑りなどの土砂災害から人命や財産を守るため、従来からの土砂災害防止工事等ハード対策と併せて、土砂災害危険性のある区域を明らかにし、その中で警戒避難体制整備危険箇所への新規住宅等立地抑制などのソフト対策も実施し、総合的な観点から土砂災害防止対策を行うために、平成13年4月、土砂災害防止法が施行されました

勝山市議会 2004-09-15 平成16年 9月定例会(第3号 9月15日)

したがって、地滑り地帯のように点検してランクづけし、さらに、マニュアルを作成、市民に知らすべきと思います。家電通信を利用するなど、市民情報ネットワークの利用、避難等、普段からの心がけ、関心を持つようにすべきと思いますが、いかがでしょうか。  あとの問題につきましては、答弁されたとおりで結構でございます。  

勝山市議会 2003-09-17 平成15年 9月定例会(第3号 9月17日)

勝山市の市街地空洞化は、商店街に空地が広がり、繊維工場は撤退し、量販店も経営が厳しくなるなど、私たちの予想をはるかに超えて、地滑り現象のように進行しています。ところが、今、勝山市が進めている事業は、この深刻な事態を十分考慮した計画になっていないと感じ、これまでも様々な提言をしてきました。

敦賀市議会 2003-06-20 平成15年第3回定例会(第2号) 本文 2003-06-20

山の方から差してきている水がありまして、一番私そこで心配になったのが、前の資料を見ますと、例えば堰堤安定性につきましては、大規模地震については一部で小規模地滑り程度の可能性があるということではございましたが、もし大雨が降ったらどうなるかというその想定をされておるのかというのが一つ心配でございます。

勝山市議会 2003-06-05 平成15年 6月定例会(第2号 6月 5日)

中心市街地空洞化地滑り現象のように進行し、このままでは市としてのまとまりすらなくなるのでないかと感じています。本町など商店街空き地だらけで、私が議員になった8年前には、商店街から「駐車場を作ってほしい」という要望があったことがうそのようです。さらに、地元小売業の皆さんがサンプラザを立ち上げたころには、新たな商業の核になると期待されていました。ところが、今や、存続すら厳しいとの声が聞かれます。

敦賀市議会 2002-12-12 平成14年第5回定例会(第2号) 本文 2002-12-12

3)学術的には、この間、本当に大規模地滑り発生していたのかどうか極めて疑わしい。発生していたのであれば、日時、気象条件、前兆、経過、詳細な発生機構崩落土安定度解析資料、データを公開するよう県を指導すること。  4)同処分場に県の許可の13倍のごみが違法に搬入されていることがわかり、2年が経過した。

鯖江市議会 1998-12-15 平成10年12月第310回定例会−12月15日-04号

福井県では、本年7月からの梅雨前線がもたらした集中豪雨により、県内全域において中小河川が氾濫し、崖崩れ地滑りなどの土砂災害発生し、冠水や土砂等による道路通行止め等、大きな災害を受けた。  特に、本市の市街地を流れる一級河川浅水川は、中流部で越水氾濫し、床上・床下浸水家屋257戸のほか、JR北陸線が不通になるなど甚大な被害を受けた。  

鯖江市議会 1998-06-30 平成10年 6月第307回定例会−06月30日-02号

細かいところは、後ほど関係部長の方から説明をさせますけれども、これはご案内のように平成9年7月13日にこの関係対策本部を設置いたしまして、国の災害関連の緊急地滑り対策事業として事業採択いただきまして、今日までいろいろと全力を挙げてやってるわけでございまして、今、落ちついておりましていろんな角度から検討してきておりますけれども、その危険性はないということで安心はしとるわけでございますが、細部細部までいろんなことを

敦賀市議会 1989-06-16 平成元年第3回定例会(第3号) 本文 1989-06-16

そこでお尋ねをいたしますが、その1つは、斜面に埋設した送水管の漏水か、降雨による地滑りか、真上にある大量の水を蓄えた配水槽関係なのか、その原因につきまして、明らかになったことをお尋ねをいたします。  その2つ目でございますが、急傾斜地崩壊危険区域指定に含まれていなかったということでございますが、法規制はないが、防災対策の必要がある危険箇所としての復旧工事でなければなりません。  

  • 1