11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2015-12-07 12月07日-一般質問-02号

まず1点目の「福井勝山総合病院診療内容の充実」についてでございますが、福井勝山総合病院は、平成26年4月に独立行政法人地域医療機能推進機構いわゆるJCHOが運営する病院となり、第6次福井医療計画において、奥越二次医療圏における中核病院として位置付けられております。 現在、入院できる病床は199床で、診療科は内科、外科等14科あり、全科で常勤医師は21人となっております。 

大野市議会 2014-09-17 09月17日-一般質問-03号

第3に、新しい地域医療機能推進機構、ジェイコーは法律で地域協議会の設置が義務付けられていると聞いております。大野市が参加しているのかどうかをお聞きします。 ○議長(島口敏榮君)  浦井君の質問に対する理事者の答弁を求めます。 民生環境部長羽田君。 (民生環境部長 羽田年也君 登壇) ◎民生環境部長羽田年也君)  私からは、浦井議員質問の2件目「地域医療」についてお答えします。 

大野市議会 2013-09-09 09月09日-一般質問-02号

平成23年6月に独立行政法人年金健康保険福祉施設整理機構法の一部が改正されたことにより、RFO独立行政法人地域医療機能推進機構に改組されることになり、福井社会保険病院においては、平成26年4月からこの新機構により、直接、運営されることになっております。 このことから、これまでの公設民営から公設公営という運営手法に変わることとなります。 

大野市議会 2010-09-06 09月06日-議案上程、説明-01号

次に、去る7月定例会において可決されました「活力ある農業農村地域社会発展に向けた意見書」「農業農村整備事業予算確保を求める意見書」「『独立行政法人地域医療機能推進機構法案』の早期成立を求める意見書」の以上3件につきましては、内閣総理大臣をはじめ政府関係機関等へ提出しておきましたので報告しておきます。 

大野市議会 2010-07-29 07月29日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

16件       請願1号から請願3号まで           3件       陳情2号から陳情8号まで           7件        (委員長報告、質疑、討論、採決)    第2.特別委員長報告    第3.市会案第9号  活力ある農業農村地域社会発展に向けた意見書    第4.市会案第10号 農業農村整備事業予算確保を求める意見書    第5.市会案第11号 「独立行政法人地域医療機能推進機構法案

大野市議会 2010-07-21 07月21日-一般質問-03号

社会保険病院公的病院として存続させるための地域医療機能推進機構法案廃案となり、現状のままでは運営主体が不在となり、事業継続が困難になることから、入院中の患者をはじめ地域住民に大きな不安を与えるなど、深刻な影響を及ぼすことが懸念されます。 市としても速やかな成立を目指すとした厚生労働大臣のメッセ-ジだけで、これからの法案の成り行きを見守っていくだけでよいのか、お尋ねいたします。

大野市議会 2010-03-08 03月08日-代表質問、一般質問-02号

国においては、社会保険病院などが引き続き地域医療に貢献しつつ、安定的な運営が図られるよう、RFO存続期限を6カ月間延長し平成23年3月末にするとともに、平成23年4月からは独立行政法人地域医療機能推進機構を設立し、運営していくための法案の審議がなされております。 この法案成立いたしますと、福井社会保険病院公的病院として存続されることになります。

大野市議会 2009-12-08 12月08日-一般質問-03号

3つ目は、国民健康保険法第77条に基づく「国民健康保険税減免制度の概要」の見直し平成14年3月からされたと聞きますが、その見直し内容はどうか、質問いたします質問の第3件目は、福井社会保険病院通称勝山病院でありますが、独立行政法人地域医療機能推進機構法案国会への提出によって、現在の社会保険病院は、社会保険庁から独立行政法人年金健康保険福祉施設整理機構、俗にいうRFOが出資して運営されて、地域医療

  • 1