289件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

圏域の住民は、連携中枢都市圏が連携することで、それぞれの市町に住み続けながら、これまで享受できなかった高度な中心拠点の整備や広域的公共交通網の構築などの高次の都市機能サービスを受けたり、これまで受けてきた地域医療介護福祉などの生活に関連したサービスが継続して受けられることになります。  その結果、今後も住み続けようと思っていただける魅力あるまちづくりにつながっていくものと考えております。  

敦賀市議会 2018-03-20 2018.03.20 平成30年第1回定例会(第5号) 本文

そのほか、一般質問でも指摘をいたしましたが、敦賀市への移住、定住促進、人口減少対策として福井大学敦賀キャンパスへ通う大学生への家賃補助を行うとしながら、みずからが設置団体であり、慢性的な看護師不足を解消し、地域医療の充実、強化を図るという目的を持つ公立大学法人敦賀市看護大学に通う学生などへの支援策が具体化されていない移住定住促進事業費。  

敦賀市議会 2018-03-07 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文

また、学生の皆さんも地域の方との触れ合い、多方面で活動し、地域医療の大切さ等の普及に努められ、有意義に活動されていると聞いております。どのような活動を実践しているのか、その点もあわせてお聞きいたします。 ◯企画政策部長(池澤俊之君) 大学法人においては、学生の実習や大学授業キャリアゼミで市立敦賀病院の看護職スタッフと学生の交流などを行っております。

小浜市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

まず、小浜市には地域医療の中核である杉田玄白記念公立小浜病院があり、そこには一部事務組合として負担してきた高度医療機器があります。  また、小浜市には2000年から17年間、食のまちづくりとして積み上げてきた食と健康のノウハウと健康意識したフードマイレージ・ゼロ、地産地消でそろう食材があります。  

敦賀市議会 2017-12-08 2017.12.08 平成29年第4回定例会(第4号) 本文

敦賀市の透析患者数につきましては、福井県地域医療課の調査によるもので、県内の医療機関で透析を受けている方の市町村患者数となります。  平成28年12月末現在、敦賀市の透析患者数は155人、このうち市内2カ所の医療機関で透析を受けている方は149人、嶺北の医療機関5人、嶺南の市外医療機関1人となっております。  

敦賀市議会 2017-12-06 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第2号) 本文

地域包括ケア病棟から退院するまでに、継続的に地域医療連携室に配置された看護師社会福祉士が中心となって退院支援を実施しております。  主治医、病棟看護師理学療法士などのリハビリ職員とチームを組みまして、患者さんの症状、治療の状況や、本人やその家族がどのような生活を望んでいるかを把握し、具体的な退院後の生活イメージを描いています。  

敦賀市議会 2017-09-15 2017.09.15 平成29年第3回定例会(第4号) 本文

2014年に医療介護総合確保推進法が成立して、都道府県病床数の再編、一般病床を削減するなど、こうした病床数の再編など地域医療構想の策定を義務づけました。都道府県ごとに医療供給体制の枠組みが決められたわけなんですけれども、さらに今回の国保を都道府県単位化にすることで医療供給体制と医療の支払いをリンクする。

敦賀市議会 2017-09-13 2017.09.13 平成29年第3回定例会(第2号) 本文

現在、国のほうでは医師の働き方改革に関する検討会を設けて、時間外労働時間の上限規制などの検討を行っており、2年後をめどに規制の具体的なあり方、労働時間の短縮などいろいろ結論を得ようとしていますが、医師の偏在や医師法の応招義務など解決すべき課題も多いと考えますが、地域医療の担い手である勤務医の労働条件の改善は必要であります。  

鯖江市議会 2017-03-14 平成29年 3月第408回定例会−03月14日-03号

一方、連携の市町に対しましては、年間1,500万円を上限にしての特別交付税であるということも示されておりますし、そのほかにも圏域外の専門性を有する人材の活用であったり、もしくは病診連携等による地域医療の確保に対しても特別交付税を措置するというふうに説明されているところでありますが、確かに先進の自治体のまたこうした圏域への参加を検討している段階におきましては、いわゆる中心市に水が流れてしまうのではないかと

敦賀市議会 2017-03-10 2017.03.10 平成29年第1回定例会(第4号) 本文

その中、迅速かつ柔軟に対応するため、本年度から地方公営企業法の全部適用に移行され、また昨年6月には、全国に677あります自治体病院の中から、地域医療の確保に重要な役割を果たしており、かつ経営の健全性が確保されているとのことで、市立敦賀病院を含めた12病院自治体立優良病院表彰を受賞されました。

敦賀市議会 2017-03-09 2017.03.09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文

地域医療構想を踏まえての市立敦賀病院の将来像でございます。  これはまさに地域医療構想、きょうの福井新聞のトップにもありましたように、全国的に地域医療構想というのは非常に重要でありますし、これは一方で言いながら、一方にとっては、病院にとって非常に厳しい状態をつくりかねないというふうに思っております。  そういう意味で、高齢者、あるいは人口減少の中で市立敦賀病院の将来像。

大野市議会 2017-03-07 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般質問−03号

都道府県の方では地域医療構想というのを策定することが義務付けられました。  地域医療構想というのは、限られました医療資源を効率的に活用して、切れ目のない医療介護サービスの体制を築く目的で、将来、2025年の医療需要と病床の必要数を推計いたしまして、地域の実情に応じた医療提供体制を実現するための方向性を決めていくというふうになっております。  

敦賀市議会 2017-02-23 2017.02.23 平成29年第1回定例会(第1号) 本文

当校は、平成6年4月に開校以来、地域医療に貢献する看護師を多数輩出してまいりましたが、今年度末をもって閉校することとし、今回、関係条例案を提出させていただきました。学校関係者を初め、これまで看護専門学校の運営に御尽力をいただいた皆様に改めて感謝を申し上げます。  次に、教育振興について申し上げます。  

敦賀市議会 2017-02-23 2017.02.23 平成29年第1回定例会 目次

───────────── 120   1.いじめ等への対策について   2.ハーモニアスポリス構想について   3.新幹線開業を見据えた活性化について  19番 北 條   正 君 ───────────────────────── 136   1.原子力政策地域振興について    (1) 原子力政策    (2) 地域振興とハーモニアスポリス構想   2.市立敦賀病院について    (1) 地域医療構想