90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2017-03-14 平成29年 3月第408回定例会−03月14日-03号

一方、連携の市町に対しましては、年間1,500万円を上限にしての特別交付税であるということも示されておりますし、そのほかにも圏域外の専門性を有する人材の活用であったり、もしくは病診連携等による地域医療の確保に対しても特別交付税を措置するというふうに説明されているところでありますが、確かに先進の自治体のまたこうした圏域への参加を検討している段階におきましては、いわゆる中心市に水が流れてしまうのではないかと

鯖江市議会 2015-12-08 平成27年12月第403回定例会−12月08日-03号

また、緩和ケアや地域医療、就労問題に取り組み、がんの共生を支援することを柱に具体的な施策を検討していきたいと語られました。また、安倍首相は、新しいプランにより、がんの克服に向けた取組で、さらに健康寿命を延ばしていきたいと。このイベントが対策の大きな前進に向けた確かなる一歩になることを願うとメッセージも寄せておられます。  

鯖江市議会 2015-12-07 平成27年12月第403回定例会-12月07日-02号

また、県では、現在、効率的かつ質の高い医療提供体制を構築するため、2025年を見据えた地域医療構想を策定中でございまして、医療介護の連携という観点からその内容に注目しているところでございます。いずれにいたしましても、本市といたしましては、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるような体制づくりに努めてまいりたいと考えております。  

鯖江市議会 2015-09-25 平成27年 9月第402回定例会−09月25日-04号

2、子ども・子育て制度地域医療構想の策定、地域包括生活ケアシステム、生活困窮者自立支援介護保険制度国民健康保険制度の見直しなど、急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保と地方財政措置を的確に行うこと。  3、2015年度の国勢調査を踏まえ、人口急減・急増自治体の行財政運営に支障が生じることがないよう、地方交付税算定のあり方を検討すること。

鯖江市議会 2015-06-02 平成27年 6月第400回定例会-06月02日-03号

先ほども言いましたけども、地域医療を担っている丹南病院に、ぜひ、認知症専門医の確保に努めていただきたい、このことをお願いするものであります。  ますます進展する高齢化社会をどう乗り越えるか。特に、長寿福祉課と健康課の密なる連携、先ほど、認知症についてちょっと詳しく述べましたけども、特定検診なんかも、やはり認知症施策にかかわってくるんです。

鯖江市議会 2015-03-09 平成27年 3月第399回定例会−03月09日-02号

それで、国内販路という形で御提案をしたいと思うんですけども、丹南病院指定管理者制度という形で、公益社団法人地域医療振興協会に経営をお願いしているということでございます。この振興協会は、多くの病院に携わっているということもありまして、ここを通じて、何とか国内の販路拡大に結びつけることができないかと思っていますけども、この辺に関して、部長、どうですか。何か所見ありますか。

大野市議会 2015-03-02 03月02日-議案上程、説明-02号

一方、ソフト面では、人口減少対策として若者や子育て世代への支援、市民力と地域力を活用する地域づくり、教育の充実、地域医療の推進と健康づくり商店街の活性化と農業をはじめとする産業の振興や観光の振興、地下水再生を含めた環境保全対策などに力点を置いたほか、女性の起業家や経営者に対する支援などを計上した年間総合予算として編成しております。 

鯖江市議会 2014-09-16 平成26年 9月第397回定例会−09月16日-02号

地域医療介護総合確保推進法案が6月18日に参議院本会議で採択され、介護保険制度が改正になります。それと今、地域包括ケアシステム、これの構築が自治体で求められておりますので、このことを中心に今回質問をさせていただきたい、そのように思っております。  まず初めに、定期巡回・随時対応型訪問介護看護につきまして質問をいたします。  

大野市議会 2014-07-23 07月23日-一般質問-03号

この目標の実現のため、前期基本計画の基本施策では、子どもと子育て家庭への支援として、男女共同参画の推進、婚活と子育て支援の充実、地域医療の推進、教育の充実などさまざまな施策を推進しており、健やかマタニティ手当支給事業やがん検診推進事業による子宮がん、乳がんの受診推進を図るなど、女性に特化した事業も実施しているところでございます。 

鯖江市議会 2013-12-10 平成25年12月第394回定例会−12月10日-03号

議員御指摘のとおり消費増税は急速な高齢化等によって膨らみ続ける社会保障の費用を賄うことが目的とされておりまして、年金医療介護社会保障給付ならびに少子化対策含む社会保障施策の経費に充てるとされておりますけれども、地域医療介護サービス提供体制の再編のための基金創設など、一部報道はされているものの、具体的な交付方法や算定方法、使途の確定について詳細が示されていませんので、今の段階では、具体的な施策

鯖江市議会 2013-12-09 平成25年12月第394回定例会−12月09日-02号

特に、眼鏡、繊維、漆器の三大地場産業はもとより、既存技術を生かした新産業の創出など、地域産業の振興による就労機会の拡大はもちろんのこと、子育て教育環境の充実、地域医療体制の整備、安全・安心なまちづくりなど、生活環境面の整備にも努める必要があるというふうに考えてございます。

鯖江市議会 2013-09-10 平成25年 9月第393回定例会−09月10日-03号

また、お年寄りが安心して休日における緊急時の診療を身近に地域で受けられるような地域医療体制についても、整備をしているところでございます。  また介護予防の観点から、出前講座、それから高年大学等での介護予防の講座、ふれあいサロンなどの予防講座、それから介護になる可能性の高い高齢者を対象といたしました、生活“すいすい”介護予防教室なども行っているところでございます。  

鯖江市議会 2012-12-10 平成24年12月第389回定例会-12月10日-02号

これからは、地域医療の水準をできる限り落とすことなく、医療費を抑制する工夫と努力が必要不可欠の課題となってくるであろうと思います。こうした医療費がふえ続ける中にあって、本市における国保財政の状況、そして今年度決算見通しについて説明をお願いします。 ○議長(平岡忠昭君) 加藤健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(加藤泰雄君) 小竹議員の御質問にお答えいたします。