7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

このような中、平成26年11月に地域公共交通活性及び再生に関する法律が改正され、公共交通ネットワーク全体を一体的に形づくり、持続させることを目的に、地域全体の公共交通の在り方、住民、交通事業者、行政の役割などを定める地域公共交通網形成計画の策定ができるようになりました。  

鯖江市議会 2015-09-15 平成27年 9月第402回定例会-09月15日-03号

今年4月に地域公共交通活性及び再生に関する法律に基づく活性化協議会と従来の地域公共交通会議の両機能を有した「鯖江市地域公共交通活性化協議会」を設置しました。地域公共交通網形成計画および実施計画を国の支援を受けて本市にとって最適な公共交通の実現を目指して策定する予定であります。  

鯖江市議会 2014-12-08 平成26年12月第398回定例会−12月08日-02号

この協議会地域公共交通活性及び再生に関する法律に基づきまして、地域公共交通総合連携計画の作成に関する協議、それから計画の実施にかかる連絡調整を行うことを目的に、平成20年5月に設置されております。また、計画策定後の協議会では、再建スキームに沿った年度ごとの事業計画や予算決算を初めとする、福井鉄道の利用促進事業などに関した協議を行っております。  

鯖江市議会 2014-06-12 平成26年 6月第396回定例会−06月12日-02号

またこの再建スキームを円滑に実行するために、平成20年5月には、法律でございます「地域公共交通活性及び再生に関する法律」に基づく法定議会福井鉄道福武線活性化連携協議会」というものを設置し協議を進めて、翌年の平成21年には福井鉄道福武線地域公共交通総合連携計画を策定いたしました。

鯖江市議会 2008-06-20 平成20年 6月第367回定例会−06月20日-04号

この用地取得は、地域公共交通活性及び再生に関する法律に基づき、5月30日に設置された法定議会で策定される計画に位置づけられた後に行われる。再建スキームに沿って進められていることに変わりはなく、県が用地取得の支援のために予算を上程するときには沿線3市も予算を上程することになると考えているとの答弁がありました。  

大野市議会 2008-06-02 平成20年  6月 定例会-06月02日−議案上程、説明−01号

このため本年2月には、地域公共交通活性及び再生に関する法律に基づき、本市における地域公共交通の総合的な連携計画を策定することを目的として大野市公共交通活性化協議会を設立いたしました。  この協議会は、公共交通事業者のほか市民、関係団体、関係行政機関代表者19名で構成され、大野の特性に配慮した持続可能な公共交通体系を構築すべく官民が連携してその具体策を検討することを目的としております。  

鯖江市議会 2007-12-12 平成19年12月第365回定例会−12月12日-03号

産業部企画監(竹内秀博君) 次に、福武線存続と地域公共交通活性及び再生に関する法律の活用についてでありますが、この法律の概要につきましては、議員がおっしゃいましたとおりでございます。  しかしながら、今回のような福井鉄道の場合につきましては、鉄道再生という点で申し上げますと、運行に係る直接的な支援措置はございません。

  • 1