24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2007-09-12 平成19年 9月第364回定例会−09月12日-03号

それにつきまして、せんだって、この間、6日に私の方へイオンの担当者がそういった地元の説明の状況と、いわゆるイオン地区計画、開発計画に近い地区計画というものも出されましたので、それらをお持ちになっていろいろと説明をしましたので、これらの状況報告は受けたところでございます。  

鯖江市議会 2007-08-31 平成19年 9月第364回定例会−08月31日-01号

次に、大規模集客施設郊外進出につきましては、開発事業者が今月上旬に地元集落を対象として、改正都市計画法地区計画制度を活用した商業開発プロジェクト(案)についての説明会を行ったと聞いております。今回、改正された都市計画法では、開発事業者も地区計画区域内の地権者の3分の2以上の同意を得ていることなどを条件に市に対して都市計画決定等の提案ができることになっております。  

鯖江市議会 2007-03-14 平成19年 3月第361回定例会−03月14日-03号

今、分権自立を目指した地方分権社会の中で、それぞれが個性ある地域の創造を目指して地域間競争に打ち勝つために生き残りをかけて自主自立したまちづくりを実現するためには、まちづくりの主体でもありますし、また地区計画を定める都市計画主体でもございます市町の意見はやはり最大限尊重すべきものであるというふうに私は考えております。  

鯖江市議会 2006-12-13 平成18年12月第360回定例会−12月13日-03号

それから、イオンの進出問題でございますが、現段階では、今ご指摘のとおり、確定したものは何もないわけでございますが、非常にこうした中で深い議論というのは差し控えさせていただきますが、昨日も笹川議員質問にお答えいたしましたとおり、事業者からの申し入れがあるというような中で、事業者から地区計画とか、あるいは地域貢献計画につきましては、いろいろとお伺いをしているというような状況でございます。

鯖江市議会 2006-12-12 平成18年12月第360回定例会−12月12日-02号

さらに、道路、排水、緑地など、周辺の環境整備に係る都市計画法に係る地区計画、これも今回の「まちづくり三法」の改正の中で事業者も提案できるようになったわけでございますが、こういった中でのご提案とか、あるいはまちづくりの中で地域貢献できる活性化として事業者としてどんなものが取り組めるかというような、そういった、一つには、私ども非常に期待しておりますのは、地場産業の振興に係るものとか、あるいは地域社会全体

鯖江市議会 2005-03-16 平成17年 3月第350回定例会−03月16日-03号

こういった状況を踏まえまして、今、いろんな要望もございますので、ここらの周辺についても地区計画の変更もあわせて検討をしていくことにしたらというふうに思っております。  また、トンネル上部がちょっと空地ができますので、この部分についても地域の皆様、いろいろ駐車場とか公園とかいろんなご要望がございますので、これらの整備につきましても、県に対していろいろと要望をさせていただいております。

鯖江市議会 2002-12-11 平成14年12月第331回定例会−12月11日-02号

しかしながら、都市計画法におきまして地区計画とかいう諸制度がございますので、地域の方々がそういうような制度に基づいてまちづくりをしようと、土地利用をこういうふうにしていこうということであれば、そういうようなことについては皆さんで協議をしながら進めていくことは可能かと思います。

鯖江市議会 1998-09-16 平成10年 9月第309回定例会-09月16日-02号

初めに、景観条例についてでございますけれども、景観ということで文化の館、世代間交流の拠点地区を地区計画として景観を損なわないようにと、地元で何回もここ2年、ことしで3年目ですけれども進めてきたわけでございます。私も3月の議会でその後の計画について市長に質問をしたところ、市長は出前で地元へ行って説明をすると。そういう中で、その後の進め方がどうなっているのか。

鯖江市議会 1998-03-19 平成10年 3月第306回定例会−03月19日-04号

それから、都市計画法による地区計画制度の導入ということで、今の世代間交流拠点地区ということで、福祉センター並びにゲートボール場、青少年ホーム、あの一帯を都市計画法による地区計画ということで、何回か、一昨年から地元の地権者に説明を求めてきたわけでございます。そして、第1回目のアンケートはいただき、2回目のアンケートをいただいたわけでございます。

鯖江市議会 1997-03-12 平成 9年 3月第300回定例会−03月12日-03号

ですけれども、心配をしますのは、住んではいただけるけれども、お店を続けてやっていくかということがちょっと心配をしているところでございまして、市の方から出向いていますときには、商店街として効果のある整備をしたい、そういうためにまちづくりですとか景観づくりを考えていく、地区計画というのもこの中に取り入れて、この事業を機会にいいまちにしたいというふうなことをご提案申し上げているところでございます。

鯖江市議会 1996-03-12 平成 8年 3月第294回定例会−03月12日-02号

また、重点整備地区や先導的な公共事業等が計画されている地区につきましては、地区計画の導入により、その地区に適合した景観施策の具体化を図ってまいりたいと考えております。  詳細につきましては担当部長の方からお答えを申し上げたいと存じます。 ○議長(宮下善隆君) 総務部長、浅野君。 ◎総務部長(浅野勲君) それでは、笹川議員の市長の答弁に補足をさせていただきます。

鯖江市議会 1992-12-16 平成 4年12月第276回定例会−12月16日-03号

また、都市計画法建築基準法で十分対応されない街区、地区レベルにおいての誘導規制につきましては、先般鯖江市で初めて定めました地区計画制度がございます。今後は用途地域地域住民の意向を踏まえた地区計画制度を併用いたしまして、良好な都市環境と機能的な市街地の形成に努めてまいりたいと考えておるところでございます。  

  • 1
  • 2