1018件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

また、テロという国際政治情勢とも密接に絡む、ある意味、国家的対処こそ求められる問題を一事業者に押しつけることは、疑問もあります。  やっと9基の原子力発電所が再稼働し、最も急務と考える地球温暖化対策温室効果ガス削減に向けこれからというときに、再び稼働する9基を次々停止させるのはいかがなものかと言わざるを得ません。

敦賀市議会 2019-05-24 2019.05.24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文

商工費、商工業振興費の商業振興基金積立金の244万5000円及びその次の国際交流費、国際交流・貿易振興基金積立金30万8000円につきましては、ふるさと納税寄附金を基金へ積み立てさせていただくものでございます。  続きまして、34ページ。  教育費、事務局費の非常勤等職員退職金204万1000円は、3月補正予算計上後に退職が決まりました非常勤職員1名分でございます。  

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

タブレットやデジタル教科書英語を母国語とする国際理解教育推進員を活用し、情報社会国際社会に対応した教育にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。  3点目に、安心して通える学校づくりです。  子どもたちが心穏やかに過ごすことができるよう、いじめ、不登校、虐待の防止に全力を挙げます。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

また小学校5、6年生の全ての外国語科の授業に、英語を母国語とする国際理解教育推進員3人を配置し、子どもたちの話す、聞く、読む、書くの4技能と外国語に対する学習意欲を向上させるなど、外国語教育の充実を推進していただきます。  このように確かな学力を育む学校づくりの実現に向けて、全力を挙げて取り組むことで、子どもたちが生き生きと学校生活を送っていると実感できることを強く願います。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

新ムゼウムは、大正時代に現存した建物4棟を復元する形で、欧亜国際連絡列車に使われた敦賀港駅や旅客の入出国を管理した税関旅具検査所、大和田銀行創始者の大和田荘七が設立した商船の代理店、大和田回漕部などの外観を再現し、延べ面積は現ムゼウムの約4倍の約1000平方メートルということで、手狭となっておりました展示スペースを確保するほか40人ほどの団体客利用や研修機能が追加できるようになると聞いております。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

それから最近でいきますと福井大学附属国際原子力工学研究所。そういうものが敦賀市の中にできてきました。それがもんじゅがなくなるとは言いませんけれども、それはもんじゅの求心力をもって、駆け引きということではありませんけれども一つの地域振興として、ここをエネルギー研究の拠点にしましょうというのが当時、栗田知事、そして西川知事の方策だったんですね。それが今、役割を見直さざるを得ない。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

子女の教育においては、鳥羽小学校では県のほうからの日本語指導教員、加配配置ですかね、そんなのをお願いして、県の国際交流協会へ、鯖江市の国際交流協会にもお願いしてやっておりますが、これで対応できるはずがございませんので、外国人労働者がふえるに従って、やはり県の加配を求めていくことも重要ですし、あるいはまた、市単独での支援員というような整備もやっぱり必要になってくるんだろうと思います。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

3月2日には、福井工業大学国際ダークスカイ協会東京支部と共催し、星空シンポジウム「大野の星空から夢を描こう!」を開催し、国立天文台の渡部副台長と東洋大学の越智准教授からご講演いただきました。  また星空公団の小野間氏から、昨年、市内で夜空の暗さを定点観測した結果をご報告いただきました。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

本市といたしましても、さまざまな機会を捉え敦賀港の利便性を発信し、鞠山南国際物流ターミナルの岸壁延伸事業の一日も早い完成に向け要請を行うとともに、引き続き定期航路の安定、強化とさらなる取扱量の増加に向けてポートセールスに取り組んでまいります。  また、ことしは敦賀港が開港120周年を迎えます。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

伝統的工芸品の海外販路拡大事業では、今月8日から来月中旬まで各産地が海外市場意識して開発した商品について、クラウドファンディングでの販売および産地PRを行っているほか、今年9月から10月にかけて、サンドーム福井を主会場に北陸国際工芸サミットの開催も予定されております。  

敦賀市議会 2019-01-08 2019.01.08 平成31年第1回臨時会(第1号) 本文

隣には民間の会社やタンクが立ち並び、昔の面影はなく、周辺のJRの敷地も今後どうなるかわからない中、もとあった場所にこだわらず現在の金ケ崎緑地内でのムゼウムの増設など身の丈に合った整備を行い、展示についてもポーランド孤児やユダヤ難民が敦賀に上陸したのは欧亜国際列車があったからであり、鉄道資料館の資料を移設するなど欧亜国際列車の資料についても充実させるべきであり、5500万円ものモニュメントを含む12億円

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

結局、TPPで安い輸入米をどうするかと、日本にどう入ってくるかといったときに、やはりこの生産調整をとっぱらって競争力に勝つ米、お米というものをどうつくっていくか、そして、その地域に根差した野菜とか果物というものをどうされているかということで、本来ならば国際競争にどう勝っていくかというところなんです。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

また、この中池見湿地は、国際基準の「特定の生物地理区を代表するタイプの湿地、又は希少なタイプの湿地基準2:絶滅のおそれのある種や群集を支えている湿地基準3:生物地理区における生物多様性の維持に重要な動植物を支えている湿地」というのを満たしております。  さて、11月15日の読売新聞の記事によれば、敦賀市は管理区域をビジターセンター周辺に限定する。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

ESDの基本的な考え方は、気候変動、生物多様性防災学習エネルギー学習環境学習国際理解学習世界遺産地域文化財等に関する学習、その他関連する学習など、さまざまな分野を持続可能な社会の構築の観点からつなげ、総合的に取り組むことで、環境経済社会の統合的な発展を目指すものです。  

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

さらに本日、近畿経済産業局、県、JICA北陸、福井銀行、県国際交流協会主催の「関西SDGsキャラバンin福井」において本市の取組事例を紹介させていただくなど、引き続き国内外に積極的に情報発信するとともに、本市の女性活躍を柱とするSDGsの取組を加速させ、ロールモデルの確立につなげてまいります。  

敦賀市議会 2018-09-13 2018.09.13 平成30年第3回定例会(第5号) 本文

なお、議案審査終了後、委員会が所管する指定管理者の事業報告並びに港都つるが株式会社、敦賀港国際ターミナル株式会社の経営状況説明並びに敦賀市土地利用調整条例施行後の状況説明を受けたことを申し添えます。  議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。 ◯議長(和泉明君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。   〔「なし。」