109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

そこで、大野市の小中学校ではどうかといいますと、学校教室のうち、普通教室にはエアコンが設置されていますので、普通教室授業が行われる国語や数学などの授業はいいのですが、理科や音楽などの授業が行われる特別教室には、いまだエアコンが設置されておりません。  このような授業のときには、子どもたちは大変厳しい思いをしています。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

やはり、学校教育の中の国語の時間なんかにおきまして、これは社会教育かもしれませんけども、8年前の東日本大震災でよく言われましたのは、「稲むらの火」ですかね、ああいった和歌山県の広川町のあそこら辺なんかの国語の時間においての、あれは子供たちにとって非常に読解力が大事なんですね。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

全国学力・学習状況調査は、小学校6年生と中学校3年生の国語と算数、数学について、国公立学校に在籍する児童・生徒全員を対象に行うもので、2007年から始まりました。この全国学力テストは、義務教育である小中学校効果的な授業が行われているのか、不十分だとしたらその原因は何か、その上で学力を上げるためにはどこを直す必要があるのか、そうした問題点を探るのが目的と言われております。

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

教育長上野弘君) これまでは、国語や算数、数学の教科などでは知識技能が重視されておりましたが、今回の学習指導要領では、これからの子供たちに求められる力として、何を理解しているかに加えて、理解していること、できることをどう使うか、そしてどのように社会、世界とかかわり、よりよい人生を送るかの3つの柱が示されました。

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

例えば、小学校2年生の生活科では、障害者支援マークや視覚障害者用ブロック等について「まちたんけん」を通して勉強するとともに、4年生の国語では、視覚障害者の方々が使用する点字の資料をもとに実際に点字に触れる学習にも取り組んでいます。また中学校では、総合的な学習の時間にアイマスク体験や障害者スポーツ体験を行うなど、共生社会の一員であることを自覚する学習も進めています。  

敦賀市議会 2016-06-16 2016.06.16 平成28年第2回定例会(第4号) 本文

教育長上野弘君) 一言も学校教育の一環とは申しておりませんが、例えば部活動のことにつきまして申すならば、学校で教える国語や数学のように5段階や10段階の成績をつけるものではございませんが、生徒の自主性や興味関心を育み、教科等の勉強をする上で大いに役立つ活動であると、このように捉えております。 ◯3番(北川博規君) 教育長にぜひお伺いしたいと思います。

敦賀市議会 2016-03-09 2016.03.09 平成28年第1回定例会(第2号) 本文

例えば、ことし1月から角鹿中学校区の小学校同士の合同授業国語や算数、体育や外国語活動などで実施したところ、子供たちの学習進度の調整や習熟度の個人差の把握、さらには実施する上での先生方の調整時間など、実施する側の負担が思いのほか大きいという課題がございました。  今後は、小中教育環境検討委員会の答申をいただくのを待って、本市の子供たちにふさわしい教育環境を整えてまいりたいと思っております。

大野市議会 2016-02-29 平成28年  3月 定例会-02月29日−副議長の選挙、議案上程、説明−01号

一方、外国語教育を充実させるためには、国語教育の充実も極めて重要であると考えており、学校において、人間関係の形成能力としての話す、聞く、話し合うの力を育成するとともに、家庭地域協力して、言語による表現能力を培う教育を進めてまりたいと考えております。  次に、いじめの問題について申し上げます。  全国各地では、今なお、いじめが原因と思われる中学生の自殺事件傷害事件が起きております。  

大野市議会 2015-11-30 平成27年 12月 定例会-11月30日−議案上程、説明−01号

本年は、3年ぶりに行われる理科と例年の実施教科であります国語、算数・数学の3教科について実施され、これまで文部科学省からの結果通知を受け、結果の分析と課題克服のための対応策を検討してまいりました。  本市の調査結果について申し上げますと、まず教科に関しましては、平均正答率は全ての教科において小学校中学校共に全国平均正答率を十分上回っております。  

鯖江市議会 2015-09-14 平成27年 9月第402回定例会−09月14日-02号

また、鯖江市では、平成19年度から、鯖江市独自で小学校4年から6年生を対象に、国語と算数についてでございますが、確認テストというのを行っておりまして、全国学力・学習状況調査の結果分析も加味しながら、子供たちの基礎学力の向上に努めているというふうな状況でございまして、こういうふうな取組を継続的に地道に行っているというところで、学力が維持されているのかなというふうに思っております。  

大野市議会 2015-03-10 平成27年  3月 定例会-03月10日−一般質問−04号

ですから算数の先生とか、国語の先生とか、理科の先生が5年生、6年生の担任になるとこのALTの方が持たれる以外の授業ですね、その英語に充てようというところは担当されることになるんじゃないかと思うんですね。  そうした場合、やっぱり「俺は算数の先生だから英語なんてことを言われても」というのでは、私は本来の目的ではないと思うんです。  

大野市議会 2015-03-02 平成27年  3月 定例会-03月02日−議案上程、説明−02号

新年度におきましては、小学校5・6年生の全ての学級電子黒板機能付き大型テレビと実物投影機を配置し、合わせて、国語社会、算数、理科の4教科デジタル教科書の導入を計画しており、今後もICT機器を活用して学習効果を上げるための研究と実践に努めてまいりたいと考えております。  次に、小学生の一日保育体験について申し上げます。  

大野市議会 2014-12-01 平成26年 12月 定例会-12月01日−議案上程、説明−01号

本年4月に小学校6年生と中学校3年生を対象に、国語及び算数・数学の2教科について実施されました全国学力・学習状況調査の本市の結果について申し上げます。  8月25日に全国及び県別の結果が文部科学省より公表されるとともに、本市の結果につきましても教育委員会通知され、教育委員会では結果の分析と課題克服のための対応策を検討してまいりました。  

鯖江市議会 2014-09-17 平成26年 9月第397回定例会-09月17日-03号

文部科学省が全国の小学6年生と中学3年生の全員を対象に、国語と算数、数学の2教科で、2007年度から実施されているものであります。その内容につきましては、まず基礎知識を問うA問題、そして、その知識の活用力を見るB問題、この二つに分かれております。そして、また、こうしたテストとともに、児童・生徒などへアンケートを行いまして、学習環境であったり、生活の習慣も同時に調べることとしています。

敦賀市議会 2014-09-16 2014.09.16 平成26年第3回定例会(第2号) 本文

福井県は、児童生徒の平均正答率が小学校各4科目のうち国語Aで全国9位、国語Bで3位、算数Aで2位、算数Bで2位、また中学校では国語Aでは2位、国語Bで1位、数学Aで1位、数学Bで1位というすばらしい成績でした。7年連続で全国トップクラスの成績を上げているとのことです。  福井県民として、夏の高校野球で敦賀気比高校がベスト4に入ったときの喜びを上回るようなうれしさを感じました。