5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会-03月16日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

日本の国旗は、国旗国歌で日章旗日の丸と定められましたが、第2次世界大戦などの戦争において、日の丸が侵略の旗印として使われたため、いまだ拒否感を持つ国民は少なくないことは客観的事実です。  国旗国歌制定法において、政府から繰り返し、国旗の掲揚等に関し義務付けを行うことは考えていない、内心まで立ち入って強制しようとする趣旨ではないとの見解が示されたのも、こうした背景があるからです。  

敦賀市議会 2003-09-17 2003.09.17 平成15年第5回定例会(第2号) 本文

しかし、山本議員は愛国心、道徳心という言葉で子どもの心をコントロール、管理するのは問題だと発言し、その上、国旗国歌が強行採決され、学校の入学式、卒業式で日の丸・君が代が強制されているとも言っておりました。日本人がなぜ国旗国歌を歌ってはならないのですか。それは他国の人なら別ですが、まして法制化された国旗国歌に反対されたとか強制されたとかいうのがどうかと思います。

敦賀市議会 2003-06-20 2003.06.20 平成15年第3回定例会(第2号) 本文

さて、4年前、平和を求める多くの人々の反対にもかかわらず、十分な国民的議論もないまま国旗国歌国会で強行採決され、今では卒業式や入学式、そのほかさまざまな行事で日の丸・君が代が強制されています。また、ことし3月に中央教育審議会教育基本法の改正を発表しましたが、その中身は愛国心、新しい公共を強制し、国家主義能力主義が貫かれるものとなっています。  

敦賀市議会 2000-03-10 2000.03.10 平成12年第1回定例会(第2号) 本文

国旗国歌は単に国旗は日の丸、国歌君が代と定めただけで尊重義務規定はありません。国会答弁では、「これまでの扱いを変えるものではない」と述べています。  学習指導要領に、法的拘束力があると文部省が主張しているそうでありますが、教育内容への国家介入についてはできるだけ抑制的であることが要請されると、最高裁の判決で確定をしております。  

大野市議会 1999-12-08 平成11年 12月 定例会-12月08日−議案上程、説明−01号

小淵内閣は、このように連立政権を樹立して政権の安定を図るとともに、7月には中央省庁等改革関連法や地方分権一括法、8月には国旗国歌通信傍受法、改正住民基本台帳法など、次々と重要法案成立させました。  改正住民基本台帳法は、2000年8月に施行される見通しでありますが、プライバシー保護において不安視されていることもあり、個人情報保護の法整備が望まれているところであります。  

  • 1