859件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

次に、賛成の立場から、国庫支出金を主な財源とする幼児教育保育無償化に係る関係経費など、新しい試みに国の施策を活用することは、敦賀市の活性、市民の安心、安全福祉につながることから賛成するとの討論があり、採決の結果、賛成多数をもって原案どおり認めるべきものと決しました。  全体会、分科会における第55号議案の主な質疑について御報告いたします。  

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

また、それに加えまして、引き上げ初年度についてはシステムの改修、そしてまた国民健康保険国庫補助金の減額措置等の負担がございますので、おおむね3000万円弱程度が想定されるところでございます。 ◯7番(三國真弓君) ありがとうございます。  初年度で3000万円弱ということで、300億円という敦賀市予算全体から見た場合、わずか0.1%弱ぐらいのところですかね。

おおい町議会 2019-06-25 06月25日-03号

収入の雑入に、プレミアム商品券売払収入と合わせて国庫支出金に児童福祉費として同事業費が見込まれています。消費税を10月から強行するため、低所得者等の弱者対策として設ける事業であります。売払収入にありますように、この券を買う必要がありますし、そして1回こっきりの交付制度であります。1度増税になればその後は低所得者でも消費税が転嫁され、収入の少ない人ほど負担がふえることは明らかであります。 

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 本文

今回の改正につきましては、介護保険施行令及び介護保険国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令公布により、介護保険施行令の一部改正が平成31年4月1日から施行され、平成27年4月より既に実施しております所得の少ない第1号被保険者の介護保険料の負担軽減をさらに強化する改正がなされましたので、政令の改正に伴い条例を改めるものでございます。  

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

もともとは国が、こうした増大する医療費を賄うための国庫負担というものをもう少しふやす、少しどころか大幅にふやす必要があるというぐあいに思っているわけであります。県が先日、各市町の標準課税額というものを公表いたしました。31年度は別にいたしましても、その翌年度にはまた改定をせざるを得ない、こういう事態に今なっているのではないでしょうか。

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

国は、自治体で独自に行う子ども医療費の助成に対し、現物給付にする場合は、国保の国庫負担の減額調整措置、いわゆるペナルティを自治体に課していましたが、昨年4月から、就学前の児童については、減額調整措置を廃止しました。  しかし、小学1年生から中学生までの現物給付については、今までどおり減額調整措置されるため、現物給付の開始に当たり、市町の減額調整分については、県が負担することとされました。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

全国市長会についても、昨年でありますけれども、2018年6月でありましたけれども、「国民健康保険制度等に関する重点提言」ということで、「国保の安定的かつ持続的運営ができるよう、国庫負担割合の引上げなど、国保財政基盤の拡充・強化を図り、国の責任と負担において、実効ある措置を講じること。」と、こうした提言を出しているわけですね。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

歳入につきましては、  款1市税では、個人市民税4,000万円、固定資産税3,000万円の増額を、款13国庫支出金では、障害福祉サービス等負担金1,643万円、子どものための教育保育給付費負担金1,944万円、地方創生推進交付金1,976万円、社会資本整備総合交付金5億9,030万2,000円の増額などを、款14県支出金では、農山漁村地域整備交付金4,740万円の増額などを、款17繰入金では、3億

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

政策経営部長(中嶋誠一君) それぞれ今55事業ございますけれども、それぞれの事業に例えば国庫補助金とか県の補助金とか、また、交付税措置というものがついているものが当然ございます。それを除いた単独部分という、市が持ち出さなければならない分というのは当然あるわけですけれども、今、私が説明しました経費につきましては、そちらのために当てるということになってるかと思います。

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

総務部長(池澤俊之君) 議員御提案、非常に残念なんですけれども、自立型の水素エネルギー供給システム、この導入に際しまして国庫補助金、これを財源としまして導入する計画でございます。この場合につきましては、発電した電力は売電できず、全て自家消費することになります。  以上でございます。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

このように、利用者数の減少による運賃収入の減少や国庫補助金の縮小などによる厳しい財政状況が今後も続くと想定されることから、必要なサービスベルを確保しながら公共交通を維持し続けるため、引き続き運行の効率性を向上させるとともに、さらなる利用を促進する必要があります。  次に、2点目の高齢者ニーズの反映についてお答えいたします。  

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

これらの財源といたしまして、3㌻から4㌻の「歳入」にありますとおり、それぞれ歳入を見込んでおり、主な歳入といたしまして、款9地方交付税では、本年度分の普通交付税の額の確定に伴い4,585万5,000円の増額を、款12使用料及び手数料では、六呂師高原スキー体験施設利用料172万5,000円の増額を、款13国庫支出金では、国庫負担金で生活保護費負担金1,509万9,000円、公共土木施設補助災害復旧事業負担金

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

ことしから本格的に生産の始まった福井県の推進する新ブランド米、「いちほまれ」が国内トップランクの評価を獲得するために、実需に応じた高品質・高食味米の生産を行うことに対する国庫補助事業「産地パワーアップ事業」と規模拡大が困難な小規模経営体が営農を継続するための県補助事業「収益性の高い水田農業経営確立支援事業」の2事業を活用したいというものです。

大野市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会-09月03日−議案上程、説明−01号

国民健康保険事業特別会計介護保険事業特別会計では、平成29年度の療養給付費国庫負担金や支払基金交付金の超過交付分の返還金などを、簡易水道事業特別会計農業集落排水事業特別会計では、各管理運営経費の剰余金積立などを、和泉診療所事業特別会計では、在宅医療に係る機器の賃借料などの経費を計上いたしております。  

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

県に確認したところ、3地区の整備とも財源は国庫補助金や起債等を活用しているというところでございました。  丹南地区の福井県もりの学園、これは越前町さんが管理をされているというところでございます。  以上でございます。 ◯14番(田中和義君) 国庫補助金の枠というのは今もあるのかないのか。あるのであれば、それを利用してやっていっていただきたいなと思っているんですけれども。

おおい町議会 2018-08-30 08月30日-01号

次に、この歳出に見合います歳入財源でございますが、まず一般財源として固定資産税729万3,000円、地方特例交付金104万6,000円、繰越金2億223万8,000円を追加、地方交付税は今年度の算定により2,941万6,000円を減額、特定財源では分担金及び負担金55万5,000円、国庫支出金62万4,000円、県支出金6,485万3,000円をそれぞれ計上しております。