481件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

公共との役割分担については、丸善より図書館側と打ち合わせ調整したいとの意向も聞いており、図書館と当該施設についてはしっかり連携、役割分担をして進めてまいりたいとの回答がありました。  報告書12ページから20ページにかけましては、(2)新幹線駅前広場等整備についての説明です。  まず、16、17ページにおいて、新幹線駅前広場として、ロータリーやキャノピーの整備計画について説明がありました。

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

例えば、市民活動の活発な鯖江市では、市役所公民館図書館などでもWi−Fi環境が整備されています。以前、鯖江市の図書館を訪れた際、無料Wi−Fiにつながったときは、さすが鯖江市、さすが先進的なまちだなと感動を覚えました。  敦賀市でも、敦賀駅オルパークは学校が休みでも学生がわざわざ駅まで出て学習に利用する場となっています。

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

また、図書館の図書購入費につきましても、県内他市の購入状況等を参考にしまして新年度予算では拡充しております。  さらに、国の基準を参考とした事例としましては、市立看護大学への運営費交付金につきまして、普通交付税の算定基準であります基準財政需要額、この基準財政需要額に基づきまして予算計上額の枠というものをはめ込んでおります。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

そんなことで、まず1項目めの図書館についての質問から入ります。  市立図書館は、いつ行ってもたくさんの人が利用されておりまして、利用人数は市内公共施設の中でもトップクラスだと思っています。  そこでまず最初に質問しますが、近年の図書館利用者の推移と、図書館は市内の公共施設の中で、利用者のランキングというんですかね、そういうのは何位になるのか質問します。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

そういうことも含めて、例えば図書館に結構公文書があります。ほとんど段ボール詰め。そういう状態の中にあって、きちんと管理をする。先ほど言ったように廃棄規程も必要でしょうし、どう残すか。職員は、特に市庁舎を移るということになれば、ほとんどが前回も煩雑になったと聞いております。  その辺も含めて、その管理をどういうふうにしていくのか、もう一度お伺いをしたいと思います。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

その支援策として、図書館主催の親子で取り組むブックスタート事業や公民館主催の家庭教育講座、市PTA連合会と連携した子育て研修会など、各関係機関子育て研修を充実させて、親業研修をサポートしたいと考えています。  次に、地域教育力についてです。  地域の子どもは地域で育てるとの意識の下、世代間交流事業や自然体験活動などを推進しながら地域教育を推進します。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

図書館の機能充実について申し上げます。  今年度の政策プロジェクトチームから提案された図書館利用促進事業につきまして、教育委員会等で検討を進めてまいりました。  この中で、図書館の利用者や本市の将来を担う子供たちの読書意欲を促すための読書手帳の作成や、現在図書館使用している雑誌カバーにスポンサー広告を掲載する提案を事業化することとし、関係経費を新年度予算に計上いたしました。

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会 目次

   (1) 立体駐車場整備事業    (2) レンタサイクル拠点整備事業    (3) 人道の港交流施設整備事業   2.ハーモニアスポリス構想策定事業について    (1) インフラ分野の道路網整備計画    (2) エネルギー分野の調和型水素社会形成計画    (3) 産業分野の産業間連携推進計画  10番 前 川 和 治 君 ───────────────────────── 173   1.図書館

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

行政と民間との連携した開発ということが必要というならば、金ケ崎緑地周辺に親子連れを呼び込めるような、こちらも親子向けの図書館、もしくは図書館そのままの移転ですとか、金ケ崎緑地公園にアスレチックスペースの整備など、行政と民間が一緒に土地の利活用を考えるに当たり柔軟な発想で敦賀市公共施設の流動性を検討する時期に来ているのではないかと考えますけれども、見解を伺います。

敦賀市議会 2018-09-13 2018.09.13 平成30年第3回定例会(第5号) 本文

また、敦賀市全体の文化振興を図らないといけないという中で、敦賀市全体の文化ベルを上げるような意気込みを持って応募してくれたと思うが、敦賀市文化振興についてしっかりと協力していただける内容になっているのかとの問いに対し、プレゼンの中で、きらめきみなと館とプラザ萬象、山車会館、各公民館及び図書館などの近隣施設との意見交換及び情報共有を行いながら相互に協力していきたいということや、本市に潜在している文化

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

なぜ行ったかと言いますと、東京で丹尾議員と研修した中で、樋渡さんて、武雄の図書館をやっていた市長が、日南の油津に、参考までに一遍行ったらどうやということを言われまして、会派で視察に行きました。その中で、あそこはポート(株)が核になった企業がありまして、3年目に3社、4年目に10社、今13社、企業誘致、サテライトオフィスをやっておられます。ことしも、地元の採用は100人ほど採用されているんですね。

敦賀市議会 2018-08-31 2018.08.31 平成30年第3回定例会(第4号) 本文

プラザ萬象避難所の開設中に万一、敷地内に浸水等の兆候があれば、あらかじめ避難者を生涯学習センター及び図書館の2階や3階などへ誘導することを念頭に置いております。  また、2階以上の面積と収容人員ですが、生涯学習センターでは約320平方メートル図書館では約815平方メートルとなっており、合わせて約1135平方メートルが利用可能となっております。

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

国学調の点数を上げることよりも、そのことのほうがはるかに大事だと思いますけれども、豊かな人間を育むためにも、その力をつけるための一つのアイテムとして、学校図書館、これがクローズアップされてくるのは間違いありません。  というわけで、5つ目の学校図書館の図書整備についてお話をさせていただこうと思います。配付資料がありますので、それも見ながらですが。  財政措置がなされています。

敦賀市議会 2018-08-21 2018.08.21 平成30年第3回定例会 目次

ふるさと納税について   2.東浦地区の活性化について  第3号(8月30日) ○日程第1 一般質問  3番 北 川 博 規 君 ─────────────────────────  89   1.心豊かな人を育むまちづくりに向けての教育課題について    (1) 人的な部分    (2) 教職員の働き方改革    (3) 教育現場環境    (4) これからの教育の姿と課題    (5) 学校図書館図書整備

敦賀市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第5号) 本文

また、図書館的な機能の質疑として、新たに駅西地区に知育面を特化させるに当たり、現図書館の書籍やそうしたコーナー等の部分は図書館に残したままか、駅西地区に移動させるのか。また、既存の図書館とのすみ分けができていなければ中途半端になり、駅西への集客効果がないのではないかとの問いに対し、現在、図書館使用されている方々もおられるので、従来型の図書館の機能はそのままにしておきたいと考えている。

鯖江市議会 2018-03-16 平成30年 3月第413回定例会−03月16日-04号

次に、同項の図書館費について。委員から、当初予算の概要では図書館購入費の一部をエフバイジー(F×G)、つまり寄附による財源で賄っていくということだが、その意図はとの質疑があり、文化の館開館から20年が経過し、高額な修繕や設備更新が必要となってきており、それに対応するための財源を少しでも多く確保するために、こういった財源も活用しているとの答弁でありました。