18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2015-03-20 平成27年 3月第399回定例会-03月20日-05号

これは朝鮮王朝時代の大商人を、実話に基づいてドラマ化したものだそうでありますけれども、その主人公が仕えます先輩商人、それがその方が、こういうぐあいな話を、その主人公にいたしました。商売とは何か。銭を残すことが目的なのか。いや、そうじゃない。人を残すことこそが商売の基本なんだと、こういう話を、そのドラマの中で述べておられました。

福井市議会 2012-12-13 平成24年12月13日 建設委員会-12月13日−01号

その折に、私は古今東西、歴史を考えてほしいと、ともかく町のにぎわいはいわゆる商人、昔風で言うとあきんどの方々が努力して、そしてにぎわいができてきたわけで、決してお上がつくれるものではないということを再三申し上げてきたところであります。  今回も、もちろん交通結節拠点として本市が延伸したいというのはよく理解するところであります。

福井市議会 2012-12-04 平成24年12月定例会-12月04日−01号

さらに詳細な分析結果を資料等で説明してほしいとの要望や,福井の町の基盤整備は行政が行ってきたが,にぎわい創出は商人が担ってきた。地元商店街が延伸を反対しているのなら,延伸に賛同はできないとの意見や,福井鉄道の上半期の乗客数が前年同期比で1.5%減となっている中,今後どうするかの議論もないまま,延伸の話を進めるのは乱暴ではないかとの意見がありました。  

福井市議会 2011-10-24 平成23年10月24日 西口再開発対策特別委員会-10月24日−01号

にぎわいを創出するのは絶対商人なんです。行政はそんなことはできません。行政のつくった施設で、にぎわいがどんどんがんがんとは来ません。ですから、そこに商いをする人の考え方をまずもっと福井市としても啓発すべきだと私は思います。  だから、魅力あるまちづくりをするのはそこの住民です。魅力があれば必ず人が寄るんです。プラネタリウムがなくても人は寄るんです。あっても寄るんです。

福井市議会 2011-09-20 平成23年 9月20日 予算特別委員会-09月20日−01号

◆塩谷委員 橋南地区の9商店街がこちらに協力といいますか、この事業を展開しているわけですけれども、まさに近江商人の三方よしみたいなもので、売り手よし、買い手よし、世間よしとよく言いますけれども、世間がいいかどうかはそれぞれの解釈ですが、私はいいのではないかなと思っております。

小浜市議会 2009-12-14 平成21年 12月 定例会(第6回)-12月14日−02号

社会風潮もアメリカと同じく高学歴化社会を志向し、よい職人、商人になることを家族が勧めなくなり、町なかの商業が衰退するという背景になったとも言われます。  まちづくり三法改正は、こうした従来の構造をトータル的に変えていかないと中心市街地活性化はできないと国が活性化本部を設置し、意欲のある自治体をバックアップするというものでございます。

敦賀市議会 2007-09-13 2007.09.13 平成19年第4回定例会(第2号) 本文

ちなみに複式簿記は14世紀、ベネチア商人が発明した記帳の方法ですが、人類が生んだ最大の発明というふうに言われております。  2つ目は、夕張市の財政破綻の原因の一つに公営企業と第三セクターへの債務や損失補償が約120億円あったことも大きかったと言われております。とすれば、予算書による単年度のフロー管理──フロー管理というのは予算書での管理です。

敦賀市議会 2003-12-11 2003.12.11 平成15年第7回定例会(第2号) 本文

いわば近江商人と肩を並べていた時代も敦賀にはあったわけでございます。  そのことからも、まず敦賀の産業振興は海と港、これを切り離すわけにもいきません。そしてもう一つは、やはり扇状地の特徴でございます良質の水資源、これが大きな今までの敦賀のある意味で特徴でもありました。そして、この100年間はその利点を生かしながら、港の整備や産業誘致を行って今の敦賀市の基礎が築かれてきたわけでございます。  

小浜市議会 2002-09-09 平成14年  9月 定例会(第6回)-09月09日−02号

農産物への対応についてのことは、それぐらいにしときたいと思いますけれども、作物というものは重要なものですけれども、例えば近江商人の方がおられます。近江商人というのは、これはすばらしい商人で有名ですけれども、その中に「三方よし」という言葉、すべての人たちに、近江商人には教育されているようです。

敦賀市議会 2002-06-20 2002.06.20 平成14年第2回定例会(第2号) 本文

それと、中池見のお話ですが、関西を代表する大会社を、そういう浪速商人にここまで言うかというぐらいすごいですね、敦賀市、福井県は。私は、敦賀市、福井県の方が悪徳商人かなと思ってしまうぐらい。  大阪ガスさんも今は本当に大変なところだと思うんです。実際に今まで使ってきた160億、ガスの方からしたら返してくれよと。

敦賀市議会 1998-09-22 1998.09.22 平成10年第3回定例会(第3号) 本文

それから、特色あるまちづくりとして、港を生かし、対岸貿易国の商人にマーケットと住宅を提供するとか、種々考えられますが、どのように考えていますか。  そして、中心市街地とはどこからどこまでを指定されるのか。  いずれにせよ、商店はやる気と特色と品質と安いこととサービスと、もう一つ敦賀で大切なことは、この深い山並みと海に開く大きな心を持てるかにかかっていると考えます。

鯖江市議会 1994-06-09 平成 6年 6月第285回定例会−06月09日-02号

それから、県外資本の資金力やとか、集客力、信用を利用して、地元の小売業者が力を合わせて大規模な商業施設を建設して、消費者ニーズへの対応と地元活性化を図るというこの方式自体は、今までが福井商人のアイデアとパワーを結びつけたということで全国的にも有名だったんですよ。そのこと自体を今また繰り返さなくちゃならないわけなんです。

鯖江市議会 1993-03-10 平成 5年 3月第277回定例会−03月10日-03号

商人的な物の考えでございますが、そういう中で、我々としては一番喜んでいるのは、公債比率が13.7%で、それから起債比率が11.11ですから、公債負担比率が11.7ですから、お隣から比べますと大分ポイント数が下がっているわけでございます。これは逆に皮肉ではないんですけれども、なぜこのように数字は下がってきたか。

敦賀市議会 1992-03-11 1992.03.11 平成4年第1回定例会(第2号) 本文

それでバーンとやればですね、それはもうあそこでどんどこどんどこと魚の取り引きができますけれど、何といたしましても私は地元のいわゆる魚の仲買商人であるとか、そうした関係者の御意図というものを、お立場というものを尊重をしてやっていかなきゃならないと思うがゆえに、いまだにその時間をかけながらも、寄り寄り協議をさせていただいておるものでございますので、御了解のほどをお願いを申し上げたいというふうに存ずる次第

鯖江市議会 1991-12-13 平成 3年12月第269回定例会−12月13日-03号

ところが、現在の農地法その他法規の関係上、つくりたくても田んぼは借りられない、また買いたくてもこれは5反以上なければ買えないというのが実態でありまして、私は、そういう方策がなんかとれないか、だから商人の子どもであろうと、鉄工所の子どもであろうと、本当にやりたいやつにその後継をさせるという考え方がこの事業の中で法律的に取り入れられるかどうかということをひとつお問いしておきたいと思います。  以上。

鯖江市議会 1991-09-26 平成 3年 9月第268回定例会−09月26日-03号

日本の商人も地に落ちたものと私は思うわけでございます。米の自由化、減反、政治的に厳しいが農業者だけが今、袋だたきにあうような現状でございます。しかし、皆さん、水田の好適機能は洪水調整など果たしていることはご承知と思います。その機能が昭和60年で、12兆円というものであります。景観保持、大気保全等を含め、全国の米の収入代金4兆円の実に3倍という役目を果たしていることを農水省が発表しております。

  • 1