278件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-10 令和 元年12月第422回定例会-12月10日-03号

そこらの話が、眼鏡協会もいろいろとありますから、決定するまでにはかなり時間がかかって、理事会での合意を得たのは、本当につい最近なんです。理事会で決まって、鯖江へお貸しいただくということになったのは。そういったことで、なかなかこういった決め事に対しまして、事前に、いろいろと議会との御相談もできなかったわけでございますが、これについては本当に申しわけなかったなというふうに思っております。

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

ただ、私のところはあくまでも大阪までのフル規格ができるまでの暫定期間中は、乗りかえなしでフリーゲージトレインを使って乗りかえの利便性を解消するというような約束でしたんですから、それは国の責任でやってほしいという方針は変えないで、その中での県民合意というものを何となくとれるような、そんな形にしていけたらなと思っております。

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

これまでの経緯といたしましては、昨年4月に福井市と連携各市町との副市長・副町長会議で、連携に関します協議の実施についてのまず合意形成を図った上で、市町の事業担当者によります具体的な施策内容の検討を行いまして、2月に首長会議で都市圏の将来像、また、具体的な取組を定めます都市圏ビジョンの骨子案、それについての合意形成を図ったところです。

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

なお、いずれの場合も審査委員会の結果を踏まえた上で、双方の提案者の合意のもとに進めた形となっております。また、提案の時点から、2つの企業が連携し、ジョイントベンチャーとしての提案も事例がございます。  今後、単体での提案に限らず、新たな公共の担い手としてさまざまな形態での提案もあろうかと思いますので、これまでも実施しております鯖江市民主役条例推進委員会主体となって実施していただいております。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

また、今治タオルのように、一目見て鯖江産の眼鏡とわかるようなロゴマークですとか、その基準、これらにつきましては、以前から眼鏡協会を中心に議論しているところでございますけども、まだまだ産地全体の合意というところまでには至ってございません。また、認知度が上がるにつれて、受注がふえておりますけれども、産地としての生産能力が追いついていない。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

そうした中で先月の1日には嶺北の関係11市町の首長による会議が行われ、都市圏の大まかな将来目標を定めたビジョン骨子案を合意されたものと承知をしているところであります。  そこでお伺いをいたします。この2月1日の関係各市町首長会議での協議を経て、牧野市長の本構想への期待であるとか、思いについての御所見をお伺いしたいと思います。 ○議長(佐々木勝久君) 牧野市長。

鯖江市議会 2017-09-12 平成29年 9月第411回定例会−09月12日-03号

産業環境部長(関本光浩君) 今後の地域猫活動ということでございますが、地域猫活動といいますのは、おさらいになりますけども、特定の飼い主はいないけれども、地域住民の皆さんの合意の上で共同管理することによって、いわゆる飼い主のいない猫、野良猫を減らすことを目的としました、いわば猫のトラブルをゼロにする活動であるということです。

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

また、平成29年度も河和田地区の山林の調査を予定しておりましたけれども、地域関係者の合意形成を得ることが難しくなってきておりますので、片上地区、それから中河地区の山林部を中心に実施箇所を調整しているというところでございます。地域合意が得られれば、所有者による境界立会や測量に必要な基準点の設置、これを委託する予定でございます。  以上です。 ○議長(佐々木勝久君) 丹尾廣樹君。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

万が一、この時期までに10名そろわなかった場合の対応でございますけども、これにつきましては、公民館さんとか関係機関と協議をしてまいりまして、合意が得られればそういう配置ができた地区からでも先行していきたいなというふうに考えております。 ○議長(小竹法夫君) 水津達夫君。 ◆17番(水津達夫君) 集まらなければ先行してでもやっていくんだというようなことで、いろいろと意見はあるんですね。

鯖江市議会 2017-05-31 平成29年 6月第409回定例会-05月31日-01号

なお、返礼品の見直しを進めるため、去る4月18日に株式会社福井銀行と、地域資源を活用したふるさと納税推進における相互連携に関する合意書を取り交わしました。福井銀行の持つネットワークを生かして、地元の隠れた産品の発掘や、地元産品を活用した新商品の開発など、返礼品の裾野を広げる取組を進めることにより、ふるさと納税の本来の趣旨・理念を踏まえながら地域の活性化に努めてまいります。  

大野市議会 2017-03-17 03月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

請願は、大野市小中学校再編計画は、あまりにも強引な計画に思われるとして、大野市小中学校再編計画の見直しをすること、小中学校整備基本構想策定委員会及び学校再編推進協議会の設置を見送ること、また現在ある小・中学校区の住民意見を真摯(しんし)に受け止め、市民との合意形成を図ることを求めているものであります。 

鯖江市議会 2017-03-14 平成29年 3月第408回定例会−03月14日-03号

圏域の活性化を図るためにはやはりこういった市町村間の連携のあり方や、役割分担などの取り決めを行うことが非常に重要であることを考えておりますので、こういった中で連携する市町村の間で政策的な合意を行いまして、その政策を実行するという義務をそれぞれの自治体できちんと負うと。その中でそうしたことで圏域として政策を継続的かつ安定的に推進できるのではないかと考えております。