122件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-05-20 令和 元年 6月第418回定例会-05月20日-01号

地震津波台風、豪雨などによる自然災害はさまざまな事態が想定され、災害時には物理的にも停止せざるを得ない議会もあります。しかし、被災した場合にも議員はその職務を優先的に果たす義務があり、議会議決機関として地方自治体意思決定を担う責務があることから、平常時であれ、災害時であれ、議会議員は機能し続けなければならないのが基本的な考え方となります。  

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

次に、防災対策について、近年、大雪や台風などの災害が発生し、防災対策についての課題を認識していると思われるが、その課題に対して、対応するものにはどのようなものがあるのかとの質疑があり、防災対策においては、災害が発生するたびに新たな課題が出てきている。そこで毎年、少ない予算ではあるが、毛布や段ボールベッドを購入している。

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

昨年は7月豪雨と9月台風、非常に大きなことがございまして、私がちょっと思ったのは、7月豪雨のとき、7月5日でございますけども、5時に避難準備が出ておりまして、御高齢の方の避難を開始しましょうと出ておりました。ずっといきまして、8時10分にある地域避難指示が出ておりまして、このとき公民館を開放させていただきまして、避難指示でございますけども274名の方が避難されております。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

次に、昨年の台風20号・21号による被害への対応についてでありますが、被災した市内20のハウスの更新・修繕に要する876万円のうち193万円余を支援いたします。  また、鳥獣被害対策につきましては、丹南地域有害鳥獣対策議会シカによる森林被害緊急対策事業を活用し、シカの誘引捕獲実証に取り組み、先月、初捕獲に成功したところであり、引き続き技術の向上と体制整備を図ってまいります。  

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

これに対し、委員から、最低限度の措置とはどのようなものをいうのかとの質疑があり、例えば台風が接近している状況で、空き家の雨どいの瓦屋根などが落ちてくるおそれがあり、近隣住民が不安を感じており、危害を及ぼす危険が切迫している場合に、所有者の了解を得た上でそれらを取り除くといった軽微な措置のことであるとの答弁がありました。

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

何もかもということではなくて、危険な空き家を対象にという形で、市長、おっしゃったと思うんですけども、やはり、特定空家ということの中で、どうしてもなかなか解体をしていただけないとか、そういうような物件になるのかなというふうに思いますけども、やはり、今、昨年からの台風なんか見ていますと、非常に日本に近づいても風がとれない。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

市長が14年前に初当選された当時の鯖江市の財政状況は最悪の状況であり、豪雨や台風による二度の激甚災害を受け、市長にとって想定外のスタートでありました。市民の熱い願いと市長の目標は一にも二にも財政再建そのものでありました。なりふり構わず職員とともに献身的に日夜努力された結果、14年たった現在では確実に成果が出たと私も同士の議員も牧野市長を高く評価をいたしているところでございます。

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

また、同じく農林水産業費におきまして、昨年10月の台風21号災害およびその冬の豪雪による融雪災害により機能が失われた作業道の復旧事業として、県の補助事業を活用し、森林組合への事業費負担を行いたいとの説明がありました。委員からは、市が直接実施する事業ではないため、議会のチェック機能も働きにくいところがある。市として適切な指導をするようにとの意見がありました。  

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

また、平成30年7月豪雨では、台風7号および梅雨前線の影響により全国的に広い範囲で集中豪雨を記録し、過去に例を見ない規模の災害が発生しました。お亡くなりになられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。本市では、幸いにも大きな被害はありませんでしたが、市内全域に避難準備情報を、神明地区および河和田地区の一部に避難指示、避難勧告を発令し、253人の住民の方々が避難されました。

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

そして、台風も早くから発生するとのことになってございます。こういった過去の事実に照らし合わせてみますと、今現在、どうもそういった流れが来ているように感じているわけでございます。  ですので、大変水害というものに対する心配をしているわけなんですけれども、そういった中で昨年の台風21号の教訓と課題というものをまずどのように捉えていらっしゃるのか、改めてお聞きしたいと思います。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

次に、昨年10月の台風21号および今年2月の豪雪による被災の復旧状況についてでありますが、まず、台風21号につきましては、園芸ハウスの損壊に対しては市とJAの補助事業「園芸ハウス機能リフレッシュ支援事業」で、作物被害に対しては、水没等で出荷できなくなったブロッコリー2万5,000個について、園芸作物の出荷助成金を被害助成に回すなどにより対応いたしました。

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

今回の大雪につきましては、事前の気象予報報道などで数年に一度レベルの強烈な寒気が流れ込んでくるというような情報もある中で、本来ですと台風と同じように保護者の皆様に緊急メールなどで前日に大雪に対する児童・生徒の安全確保に向けた学校の考え方とか、当日でも早い時間帯で判断すべきであったことが実際おくれてしまったと。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

それでは、次に移らせていただきますが、昨年は台風対応で、今回は大雪対応と、各地区の民生委員さんの皆さんには大変重要なお力添えをいただいたところであります。行政民生委員さんとの連携について、台風での教訓を今回の雪害対策に生かせたのかどうか、お尋ねをいたします。 ○議長(佐々木勝久君) 畠中健康福祉部長

鯖江市議会 2017-12-22 平成29年12月第412回定例会−12月22日-04号

今期定例会に付議されます案件について、台風21号の災害復旧事業に関する補正予算2件および退職手当条例等の一部改正1件の、計3つの議案が理事者から追加提案されたことにより、日程に追加をし、本日の会議において審議することで意見の一致を見た次第であります。  本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、御報告とさせていただきます。