41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2016-02-29 平成28年  3月 定例会-02月29日−副議長の選挙、議案上程、説明−01号

改正内容の主なものと致しましては、新たな調理設備及び器具が市場に流通してきたことに伴い、当該設備及び器具と可燃等との間に設けるべき火災予防上安全な距離に関する規定を整備するものでございます。  本条例施行日は、平成28年4月1日としております。  以上で、消防本部所管の2議案につきまして、説明を終わらせていただきます。  よろしくご審議賜りますよう、お願い申し上げます。

小浜市議会 2015-02-23 平成27年  3月 定例会(第1回)-02月23日−02号

小浜市立幼稚園設置および管理条例の一部改正について        議案第41号 小浜市ふれあいスクール設置条例の一部改正について        議案第42号 小浜市営体育施設の設置および管理条例の一部改正について        議案第43号 小浜市土地開発公社解散について        議案第44号 第三セクター等改革推進債の起債に係る許可申請について        議案第45号 小浜市と若狭町との廃棄物(可燃

鯖江市議会 2013-06-11 平成25年 6月第391回定例会−06月11日-03号

また、鯖江クリーンセンターに持ち込まれます事業系ごみの90%以上が可燃ごみで、その内訳といたしましては、平成23年度に行いました組成調査によりますと、生ごみが36%、ペットボトルやその他プラスチック等の資源物が14%、おむつが8%、雑紙などの紙類が4%、シュレッダーくずなど、その他の可燃が38%というような状況になっております。 ○議長(平岡忠昭君) 木村愛子君。

鯖江市議会 2012-12-21 平成24年12月第389回定例会−12月21日-04号

また、この条例の提案に際して、これまでの議会本会議等における一般質問等で、各議員からさまざまな視点で空き家の適正管理、さらには空き家の有効活用といった質問がなされたが、今までの議員質問や提案などを考慮した上での提案であったのかとの質疑に対し、今回の条例は、平成23年度に行った調査において、市内には500戸を超える空き家があり、そのうち出入り口から簡単に出入りできるものや、空き家の周辺に可燃などがあり

大野市議会 2012-06-20 平成24年  6月 定例会-06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

理事者からは、大野・勝山地区広域行政事務組合としては、国が災害廃棄物推計量の見直しを実施した結果、広域処理が必要な可燃の量は約105万㌧であり、一方、東北地方東京都などが受け入れを表明している量は約141万㌧であり、処理必要量と受け入れ量は、ほぼ釣り合っている状況であると捉えており、国、県の今後の対応を見守っていく旨の説明がありました。  

敦賀市議会 2011-06-21 2011.06.21 平成23年第3回定例会(第3号) 本文

先般、国のほうからそういう問い合わせが来ましたので、私どもは清掃センターで可燃であれば燃やせる範囲の中で、このぐらいは協力できますという返事は実はしました。それからまだこちらへ来ていませんけれども。ただ瓦れきとなりますと、今の処分でいくと恐らく産業廃棄物的な扱いの中で、じゃどこでどう処理するんだというふうになると非常に難しいなというふうに思っています。

鯖江市議会 2006-06-14 平成18年 6月第357回定例会-06月14日-03号

第4次総合計画の数値目標であります資源化率25%を目指しまして、可燃の指定袋制の本年10月からの試行導入、それとまた市内の全ステーションにおけます市職員によります現地指導、さらには生ごみの堆肥化等による可燃全体の減量化の促進などを展開し、環境基本計画に基づきまして、市民の皆様と協働して資源化率の向上や、廃棄物の減量化を目指した循環型社会を推進してまいります。  

敦賀市議会 2006-03-15 2006.03.15 平成18年第1回定例会(第4号) 本文

まず、福井県の生ごみは可燃の中に40%が含まれているということが報道されております。敦賀市の燃やせるごみのピット内の組成ですか、これを見てみますと、厨芥類、生ごみですけれども、これが10.4%なんです。あと紙類が33.7%、それからビニール、合成樹脂等が25.9%。あと木、竹、わら等が9.6%というふうな報告がなされております。  この組成から見ますと、敦賀の生ごみは少ない。

鯖江市議会 2005-12-07 平成17年12月第354回定例会-12月07日-03号

福祉環境部長(三田村勉君) 収集委託業者の選定方法についてでございますが、これは、経営規模や実績など、業務遂行の能力をもとに、可燃・不燃物につきましては2社、資源物等につきましては5社を選定をいたしまして委託契約をしております。また、収集委託料は、経済市場を考慮いたしまして、収集稼働時間、作業人数、それから、作業車両数および車両燃料費などをもとに算出をしております。

大野市議会 2005-09-13 平成17年  9月 定例会-09月13日−一般質問−03号

と申しますのは、新しい広域ごみ処理施設稼動しておりませんので、何ともちょっとそのへんは分からないんですが、仮に現施設でこのような状況でいった場合、というような形で換算いたしますと、その九百何cの中にはですね、可燃と不燃物と資源ごみが含まれておりますが、仮にですね、可燃、紙類というものがもう少し区分して資源化できるんではなかろうかと、常日ごろ思っておりますので、仮に可燃ごみがですね、大体100cうんぬんということを

小浜市議会 2004-12-13 平成16年 12月 定例会(第6回)-12月13日−02号

福祉環境部長(樽谷清君) 小浜市の普及率、電気式の普及率につきましては、今8市ですが、7市のときは一番であると、普及率が1番であるということも勘案しまして、今言いました先ほど答弁しましたように紙類が可燃の5割以上を有しておりますので、これらを分別しまして5割以上の紙類を分別いたしまして、さらなる減量に図りたいというような考えを持っておりますので、よろしくお願いいたします。

大野市議会 2003-09-25 平成15年  9月 定例会-09月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

ただ、発泡スチロール類については、容器リサイクル法ではその他のプラスチックとなり、当市では可燃として焼却しているところであります。  理事者の説明によりますと、平成18年度からの広域によるごみ焼却場の稼動に合わせて、大野・勝山・和泉の2市1村で回収方法を確立したいとのことであります。  

敦賀市議会 2003-03-12 2003.03.12 平成15年第1回定例会(第4号) 本文

敦賀市には、可燃のステーションが794ヵ所、資源ごみのステーションが788ヵ所あります。このうちボックス型と呼ばれる四方が囲まれたステーションは全市において60%の設置がされております。60%と聞くとまあまあかなと感じるかもしれませんが、これは郊外の地区のほとんどが100%であるがゆえの数字であり、市内4地区ではさんざんたる状況であるのが現実です。  

小浜市議会 2002-03-22 平成14年  3月 定例会(第2回)-03月22日−06号

号 小浜市企業振興条例の一部改正について      議案第42号 小浜勤労者体育施設管理運営に関する条例の一部改正について      議案第43号 小浜市企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について      議案第44号 辺地の総合整備計画の策定および変更について      議案第45号 小浜市道路線の認定、変更および廃止について      議案第46号 小浜市と上中町との廃棄物(可燃

小浜市議会 2002-03-07 平成14年  3月 定例会(第2回)-03月07日−03号

号 小浜市企業振興条例の一部改正について      議案第42号 小浜勤労者体育施設管理運営に関する条例の一部改正について      議案第43号 小浜市企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について      議案第44号 辺地の総合整備計画の策定および変更について      議案第45号 小浜市道路線の認定、変更および廃止について      議案第46号 小浜市と上中町との廃棄物(可燃