151件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小浜市議会 2020-12-18 12月18日-04号

来年の東京都議会選挙衆議院選挙、2022年夏の参議院選挙での国民の批判を気にしているのでしょうか。 振り返りますと1973年から10年問は、老人福祉法により65歳以上の高齢者窓口負担は無料でした。1973年は福祉元年と位置づけられ、それまで東京都や大阪府、秋田県等の自治体が先進的に取り組んでいた、老人医療費助成制度全国制度にしたものです。 高齢になりますと、複数の病気を抱えます。

おおい町議会 2020-12-15 12月15日-03号

さらに申し上げますと、自民党さんと公明党さんの相談も負担増に変わりなく、その実施時期を2022年10月に調整しているのは参議院選挙を、国民の世論を恐れてのことであります。 以上の理由と請願書趣旨内容から、今回の請願第2号の75歳以上の医療費窓口負担2割化の検討中止を求める意見書を国に提出することは当然と考えるものであります。よって、この請願書賛成をし、賛成討論といたします。 

越前市議会 2020-09-07 09月08日-04号

こちらは、前回の参議院選挙投票率をグラフにしたものでございます。低年齢層投票率が極端に少なくなっております。今後とも投票率の低下は、避けられないというふうに考えております。 最初にお伺いをいたします。 ただいまの越前市の現状を踏まえ、選挙管理委員長としてどのように認識されているのか、お聞きをいたします。 ○議長(三田村輝士君) 野村選挙管理委員会委員長

大野市議会 2019-09-10 09月10日-一般質問-03号

参議院選挙後の国内は、どうなんでしょうか。 拉致問題は、解決するのでしょうか。 北方領土は、返還されるのでしょうか。 竹島問題は、解決するのでしょうか。 隣国との大きな問題は、さらにその溝が深まるのではないでしょうか。 外交問題は、国内産業等に大きな影響を与えるものです。 

越前市議会 2019-09-09 09月10日-05号

さき参議院選挙でも、滝波議員もこれからはいよいよ地方の時代で経産省も地方の強みを生かせるよう地方がこれからの日本経済を発展する潜在的な力を発揮できるような施策を政務官として起案し実行できる段階になってきましたと、このようなこともおっしゃってました。その政策実現の場を福井県で、そして福井県を何か日本のシリコンバレーにしたいと、そのような大構想まで持っておられます。

敦賀市議会 2019-07-08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-07-08

21日の参議院選挙までは、正面玄関は通行できる状況にしておくが、それ以降、22日から北側の正面玄関は閉鎖する。これに先立ち、東西出入り口の扉をあけ閉めしやすいよう、また西側のスロープの傾斜を緩和させる等の改修は終了している。総合案内の移設については、選挙が終わるころ合いを見て移設するとの説明がありました。  

小浜市議会 2019-06-27 06月27日-03号

今年はさきに行われました4月の統一地方選挙と7月の参議院選挙が14年に一度、同じ卯年に行われる年でございます。ちなみに、私も還暦で、卯年生まれの年男でございます。あんまり関係ないのでございますが、そのような私でございますが、市議選に初当選させていただきましたのが、16年前の2003年で、そのときの投票率は83.86%でございました。

越前市議会 2019-06-20 06月21日-04号

先日の新聞でも出てましたけれども、間もなく参議院選挙があるということで、2016年の参議院選挙の結果が出てました。外部立会人を置いたのは164施設のうち27施設投票者数は37万1,373人のうちの0.6%に当たる2,282人が施設で投票されたという記事も出ておりました。それだけ数は少ないわけなんですけれども、まともに投票されるとなると、かなり大きい数字が出てくるだろうと想像ができます。

大野市議会 2019-03-25 03月25日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

国の大枠は、これからの統一地方選挙、7月の参議院選挙と、地方国政選挙が連続して行われるスケジュールになっています。 当大野市においては、昨年の6月に石山市長が誕生し、今年2月の市議選では、新しい新人の議員が7人誕生いたしました。 この情勢の下で審議された平成31年度大野一般会計予算案であります。 

敦賀市議会 2019-03-19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文 2019-03-19

そのため何としても消費税を中止させなければならないし、夏の参議院選挙の結果いかんで消費税増税はストップさせることができると提案しています。  こうした中、3月議会消費税増税条例改定などの議案を提案していない自治体が多数あり、そうした自治体議員から、なぜ敦賀市は早々に増税を前提に改定するのか、予算計上するのかと言われてしまいました。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

1946年に、新しい憲法のもと女性参加選挙が行われ、その翌年には、参議院選挙福井から奥むめお先生を初め、全国で10人の女性議員に当選されました。私も奥むめおさんの著書はバイブルにしております。県、市連合婦人会もこのころに結成され、戦後の平和な社会で、女性みずからが地位向上を目指し、男女共同参画社会の一員として頑張ってこられました。  

大野市議会 2018-07-23 07月23日-一般質問-02号

全国的に投票率が低迷する中、本市においても同様の状況にありますが、先般執行されました市長選挙投票率は61.4㌫となり、2016年7月に執行されました参議院選挙の56.5㌫、2017年10月に執行されました衆議院選挙の54.66㌫を上回る結果となりました。 しかしながら、ご指摘のとおり4割近くの方が投票しなかったということは、重く受け止めなければならないことであると認識いたしております。 

鯖江市議会 2017-03-24 平成29年 3月第408回定例会−03月24日-04号

また、参議院選挙における合区の解消に関する決議についてですが、本委員会で審議しました結果、議会運営委員会全員の発議によりまして、市会案第2号 参議院選挙制度抜本的見直しを求める意見書として提出し、日程に追加し、本日の会議において審議することで意見の一致を見た次第であります。  本委員会決定どおり議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして御報告といたします。