7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2016-03-18 平成28年  3月 定例会-03月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

本陳情は、高齢者世帯収入の大半を占め、老後の生活保障の柱となっている公的年金の積立金について、厚生年金保険等の規定に基づき、専ら被保険者の利益のために、長期的な観点から、安全かつ確実な運用を目指すこと、また、これまで安全資産とされてきた国内債券中心の運用方法から株式等のリスク性資産割合を高める方向での急激な変更は、国民財産である年金積立金を毀損(きそん)しかねないため見直すこと、そして年金積立金

鯖江市議会 2015-12-18 平成27年12月第403回定例会−12月18日-05号

年金積立金は、厚生年金保険等の規定に基づき、専ら被保険者の利益のために、長期的な観点から安全かつ確実な運用を堅持すべきものであり、日本経済への貢献が目的ではない。まして、GPIFには保険料拠出者である被保険者の意思を反映できるガバナンス体制がなく、被保険者の意思確認がないまま、政府が一方的に見直しの方向性を示すことは問題であると言わざるを得ない。

大野市議会 2015-12-16 平成27年 12月 定例会-12月16日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

本陳情は、高齢者世帯収入の大半を占め、老後の生活保障の柱となっている公的年金の積立金について、厚生年金保険等の規定に基づき、専ら被保険者の利益のために長期的な観点から、安全かつ確実な運用を目指すこと。また、これまで安全資産とされてきた国内債券中心の運用方法から株式等のリスク性資産割合を高める方向での急激な変更は、国民財産である年金積立金を毀損(きそん)しかねないため見直すこと。

大野市議会 2015-09-16 平成27年  9月 定例会-09月16日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

本陳情は、高齢者世帯収入の大半を占め、老後の生活保障の柱となっている公的年金の積立金について、厚生年金保険等の規定に基づき、専ら被保険者の利益のために、長期的な観点から安全かつ確実な運用を目指すこと、またこれまで安全資産とされてきた国内債券中心の運用方法から、株式等のリスク性資産割合を高める方向での急激な変更は、国民財産である年金積立金を毀損(きそん)しかねないため見直すこと、そして年金積立金を

敦賀市議会 2004-06-25 2004.06.25 平成16年第3回定例会(第4号) 本文

そして厚生年金においても、毎年0.354%ずつ引き上げ、平成29年9月以降は18.3%とするとされておりますが、厚生年金保険第2条において、厚生年金保険事業の財政について、長期的にその均衡が保たれたものでなければならず、著しく均衡を失すると見込まれる場合には速やかに所要の措置が講ぜられなければならないとされており、負担率の増加が今後予想されております。  

  • 1