381件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

一応、私立の場合は、国が2分の1、県が4分の1、市が4分の1とかいうのをたしか総務省のホームページですか、全てかかわっていますから、厚生労働省だけではなくて、文科省も含め、総務省も含め、いろんなところがかかわってこういう形になってきたと思うんですけれども、そういう中で行政負担についてもう少し詳しく教えてください。

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

介護人材の確保において、厚生労働省が策定した2018年度第7期介護保険事業計画では、いわゆる団塊世代全てが75歳になる2025年に必要とされる介護職員が、福井県では1,077人不足するといわれています。  6年後のことです。  ここで介護が必要になった場合、どのような不安が出てくるのか考えてみます。  家族の方を介護することになったとします。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

これは、これからの地域福祉のあり方に関する研究会報告書、国の厚生労働省の中で、こういう文が福祉計画の中には載せられていますけれども、まさにこのとおりだなと思いますので、我が身に置きかえて本当に自分のことのように、策定委員会で議論もされていくと思いますけれども、しっかり取り組んでいただきたいと思います。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

方向性についてでございますが、厚生労働省の新水道ビジョンの策定目標でもございます安全、強靱、持続の3つの観点から、第6次敦賀市総合計画と現行の敦賀市水道ビジョンを踏まえながら策定をしております。  現在、この委員会や意見交換会で各委員からいただきました御意見を取りまとめているところでございます。  以上です。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

産業界全体で障がい者の働く場がいまだ乏しい中、農業を新たな就労の場に生かせるように、そのことが地域の活性化にもつながると、厚生労働省農林水産省では多くの支援策を打ち出されています。  高齢社会対策大綱でも、活力ある農山漁村の再生のためにも、高齢者の活躍や生活の場としての整備が位置づけられ、取組が進んでおります。  

大野市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会-目次

介護人材の確保において厚生労働省が策定した2018年度第7期介護保険事業計画  では、いわゆる団塊世代が全て75歳になる2025年に必要とされる介護職員福井県で  は1,077人不足するとされている。   厚生労働省介護ロボットやICT活用による雇用管理改善と待遇改善、外国人の  人材活用等を進める方向である。   

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

今般、議員御指摘のとおり、児童館ガイドラインが改正されまして、地域の子ども・子育て支援に資する児童福祉施設としての児童館のさらなる機能拡充を目指す旨が、厚生労働省から本年10月1日に通知されたところでございます。本市といたしましても、このガイドラインをもとに児童館運営の充実に努めていかなければならないというふうに考えております。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

この事案は、法律で定められた雇用率を達成したかのように見せかけた事務処理を行ってきたと考えることが妥当であり、政府検証委員会検証結果では、「民間事業主に率先して障害者雇用に積極的に取り組むべきことは当然の責務であるにもかかわらず、多くの国の機関障害者雇用を促進する姿勢に欠け、相当数の対象障害者の不適切計上があったことは、極めてゆゆしき事態であり、厚生労働省と各行政機関側の問題があいまって、大規模

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

多分、厚生労働省マニュアルができているとは思いますが、確認させてもらいます。  大規模停電のときに2回線受電方式や非常用発電機の稼働、その燃料の管理。また病院は笙の川の近くでもあり、その非常用設備の保管場所などについて伺いたいと思います。 ◯敦賀病院事務局長(田辺辰浩君) 市立敦賀病院の場合のことについてお答えをさせていただきます。  

敦賀市議会 2018-09-13 2018.09.13 平成30年第3回定例会(第5号) 本文

当時、厚生労働省幹部医療費が際限なく上がり続ける痛みを後期高齢者に自分の感覚で感じ取っていただくと本音を語り、大問題になったことが今も思い出されますが、実際75歳以上の人口がふえるほど保険料アップにつながる仕組みになっており、2年ごとに保険料が見直されてきました。今年度、福井県保険料は月額5023円、前年度と比較して年額4904円、8.9%の値上げです。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

厚生労働省は、出産後母親が育児への不安や重圧によって精神的に不安となる産後うつを予防するため、健診を受ける際、費用を助成するというものであります。目的精神的不安が重症化すれば虐待、育児放棄、母親の自殺のおそれがあるということがございます。不調の兆しを早く発見し、適切なケアにつなげると。

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

この雇用率に算定できる障がい者は、厚生労働省ガイドラインでは各障害者手帳で確認するのが原則であり、例外として指定医による診断書も認められています。そうした中で障がい者の雇用が進められてきたところでありました。  言うまでもなく、全ての国民が障がいの有無にかかわらず、互いに尊重し、理解し合える共生社会の実現には、障がい者雇用をしっかり促進すること、これは極めて重要なことであります。

敦賀市議会 2018-08-29 2018.08.29 平成30年第3回定例会(第2号) 本文

多くの自治体は、障害者雇用率の対象者を具体的に定める厚生労働省ガイドラインの理解不足を理由としては挙げておられますが、障害者雇用の根幹を揺るがすようなこのような事態を受け、本市の障害のある人の雇用状況について聞いていきたいと思います。  障害者雇用率を聞かせていただく前に、まず本市の障害のある人の数を教えてください。

敦賀市議会 2018-08-21 2018.08.21 平成30年第3回定例会(第1号) 本文

今回の改正につきましては、厚生労働省家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準が改正されたことを踏まえ、関係条文を改正するものでございます。  それでは、改正の内容につきまして御説明を申し上げます。  議案書の14ページをお願いいたします。  第6条第2号中「保育をいう。」の次に「以下この条について同じ。」を加え、同条に第2項、第3項を加えるものでございます。  

敦賀市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第5号) 本文

厚生労働省は、生活保護の食費や水道、光熱費など日常生活に充てる生活扶助の基準額を5年ごとに見直しています。今年度、安倍政権は、生活扶助の基準を3年間で段階的に引き下げ、最大5%、総合210億円も削減する見直しを行いました。5年前も最大10%、総額890億円の削減を行ったため、2回の引き下げを合わせると総額で1100億円もの引き下げになります。