271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

健康福祉部長品川善浩君) 次に、第2期鯖江市子ども・子育て支援事業計画につきましての具体策につきましてのお尋ねでございますけれども、現在、子育て支援策といたしまして、子ども医療の助成、またひとり親家庭などへの福祉手当などの経済的な負担軽減事業でありますとか、放課後児童クラブ事業、また乳幼児の一時預かり事業などの環境整備を推進しているところでございます。

鯖江市議会 2019-08-28 令和 元年 9月第421回定例会-08月28日-01号

しかし、被保険者数の減少に伴い保険税収が減少し続ける中、国保加入者の高齢化、医療の高度化等により一人当たりの医療や国保事業費納付金の額は年々増加しております。また、県および市町では、保険税率を県下で統一していく方向であり、本市におきましても、保険税率の改定について市国民健康保険運営協議会に諮問を行ったところであります。  

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

次に、議案第2号 平成31年度鯖江市国民健康保険事業特別会計予算について、平成25年度から平成30年度の過去5年間の推移において、被保険者数は約2割減っているものの、一人当たりの保険給付費は平成29年度を除いて21.5%伸びているとの説明に関して、委員より、2025年問題に加え、75歳を境に一人当たりの医療が急増することから、後期高齢者支援金の支出による国保会計の圧迫が懸念される。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

    │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第17号 │鯖江市認定こども園設置および管理に関する条例等│ 教育民生 │  〃  │ │     │の一部改正について              │      │    │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第18号 │鯖江市母子家庭医療

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

国保の負担もございますし、高額医療の負担もございますし、それは減ることはほとんどないです。ですから、やっぱりそういった面では相当数、ほかの事業費、いわゆる交付税のパイは決まってるわけですから、全くふえてないわけですから、逆にことしなんか0.5減るんですから、それは臨財で補填はしてやるというものの、交付税のパイそのものは減ってるんです。

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

公明党はこれまで児童手当、出産育児一時金の拡充、そして、幼児医療の無料化など、多くの子育て支援に取り組んでまいりました。きのうも説明がありましたように、私たち公明党子育てとかこういったものをアンケートを取らせていただきまして、まとめさせていただきました。そして、これを4つの課題につきましてまとめたものを出させていただきました。  

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

高齢者健康促進や医療削減につながっている活動がこうした使用料金の見直しで衰退してしまうのではないかという御意見でありました。鯖江におきましても、今後検討していく中では、ある意味市民の方からの正直な声、切実な声としては、やはりこうした声が出てくることも予想もされるわけであります。こうした中で、最後に1点だけお伺いして終わりたいと思います。  

鯖江市議会 2018-02-21 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号

しかし一方で、被保険者数が減少している反面、1人当りの医療は伸びており保険給付費の総額は減らない状況にあります。また、平成31年度以降の国保広域化に伴う公費投入と医療の伸び幅も不透明であり、平成31年度以降の収支が予測できない状況にあることから、国民健康保険運営協議会税率改正とこれからの国保財政のあり方について諮問いたしました。  

鯖江市議会 2017-12-22 平成29年12月第412回定例会−12月22日-04号

次に、議案第70号 鯖江市子ども医療の助成に関する条例の一部改正についておよび議案第71号 鯖江市母子家庭医療の助成に関する条例の一部改正について、ならびに議案第72号 鯖江市重度障害者(児)医療の助成に関する条例の一部改正についてでございますが、いずれも中学校3年生までの児童医療の窓口無料化でありますが、委員から、窓口での無料化はありがたいことだと思うが、子供さんを抱えている保護者としては

鯖江市議会 2017-12-12 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号

これは高齢化により医療保護費全体の5割を超えているということが主な原因と言えます。 ○議長(佐々木勝久君) 大門嘉和君。 ◆2番(大門嘉和君) ありがとうございました。鯖江市における保護世帯の内訳といいますか、構成要因というのは全国の状況とほぼ同じであると言うことができると思います。特に高齢者の比率が急激に伸びてきています。

鯖江市議会 2017-11-29 平成29年12月第412回定例会-11月29日-01号

     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第69号 │鯖江市一般職職員給与に関する条例の一部改正│ 総 務 │ 可 決 │ │     │について                   │     │    │ ├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤ │ 第70号 │鯖江市子ども医療