71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

なお、提出先は衆議院議長参議院議長内閣総理大臣財務大臣総務大臣経済産業大臣内閣官房長官内閣府特命担当大臣経済財政政策)、内閣府特命担当大臣地方創生規制改革)です。  以上、各議員の御賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐々木勝久君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              

敦賀市議会 2018-06-13 2018.06.13 平成30年第2回定例会(第2号) 本文

安倍首相は、2016年9月、内閣官房に働き方改革実現推進室を設置し、働き方改革の取り組みを提唱しました。  働き方改革とは、一言で言えば、一億総活躍社会を実現するための改革と言われています。一億総活躍社会とは、少子・高齢化が進む中でも50年後も人口1億人を維持し、職場、家庭地域で誰もが活躍できる社会とのこと。  働き方改革の提唱は、労働人口が想定以上に減少していることが背景にあると言えます。

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

次に、若者の移住の状況についてのお尋ねでございますが、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局の集計によりますと、2016年の本市への転入件数は1,663人、転出者は1,536人となっておりまして、127人の増加となっております。そのうち15歳から29歳の若者は増減それぞれ671人と同数でございましたので、プラスマイナスゼロ人となっております。

敦賀市議会 2017-12-06 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第2号) 本文

11月22日には、文部科学省において、政府から林文科大臣、世耕経産大臣、野上内閣官房長官福井県から西川知事、敦賀市から渕上市長が出席され、もんじゅ関連協議会が開催され、もんじゅ廃止措置に係る安全体制と県及び敦賀市が要望していました地域振興策に対する正式な回答があり、知事も市長も政府として責任ある回答をいただいたものと考え、もんじゅの廃止措置手続を進めることを了承されました。  

鯖江市議会 2017-09-22 平成29年 9月第411回定例会−09月22日-04号

なお、提出先は衆議院議長参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官内閣府特命担当大臣地方創生、規制改革担当)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)総務大臣財務大臣経済産業大臣です。  以上、議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐々木勝久君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              

大野市議会 2017-09-04 平成29年  9月 定例会-09月04日−議案上程、説明−01号

本年1月に、内閣官房が認定する流域水循環計画の第一弾として、越前おおの湧水文化再生計画が全国の17計画の一つとして選定されたところであり、6月16日には内閣官房水循環政策本部が平成29年度先進的な流域マネジメントに関するモデル調査の実施団体を発表し、本市が全国の6団体の一つとして選ばれました。  

敦賀市議会 2017-06-15 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第4号) 本文

今回、皆様のお手元に内閣官房ホームページより抜粋の資料を添付させていただきました。ちょっと見にくいかもわかりませんが上下に日本地図がございます。上側が昨年8月1日の現状で、そのときはまだできてないのが15都道府県。下が5月1日の状況で残り4県でございます。福井県以下3県ございますが、それは申し上げませんが、私はこれを見て愕然といたしました。  

敦賀市議会 2017-06-05 2017.06.05 平成29年第2回定例会(第1号) 本文

廃止措置体制につきましては、政府指導、監督体制として、内閣官房長官を長とし、関係各省の副大臣幹部職員から成る廃止措置推進チームを新設するなど、省庁横断的な体制を構築するとのことでありますが、単に形を整えるだけではなく、しっかりと機能することが重要であり、政府と現場、さらには規制当局とも十分に意思疎通を図り、安全最優先に取り組むよう申し上げたところです。  

敦賀市議会 2017-03-09 2017.03.09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文

内閣内閣官房国土強靱化推進室の2月1日現在の資料でございますが、国土強靱化が策定済みの都道府県は36都道府県で、国土強靱化地域計画の策定の取り組みを公表した地方公共団体として福井県福井市が初めて掲載されているようでございます。いよいよ先ほどのお話にもありましたが、まだまだではございますが本腰を入れるのかなと私は思っております。  

大野市議会 2017-02-27 平成29年  3月 定例会-02月27日−議長の選挙、議案上程、説明−01号

最近でも、去る1月には、地下水マネジメント検討委員会や水循環基本法フォローアップ委員会といった専門家の会合において発表の機会を得たり、内閣官房が認定します流域水循環計画の第1弾として、越前おおの湧水文化再生計画が全国の17計画の一つとして選定されるという成果がございました。  

鯖江市議会 2016-09-16 平成28年 9月第406回定例会−09月16日-04号

なお、提出先は、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)内閣府特命担当大臣地方創生担当)、復興大臣総務大臣財務大臣厚生労働大臣です。  以上、議員各位の御賛同をよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(小竹法夫君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              

大野市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会-03月07日−代表質問、一般質問−02号

あと、検討していく中で、答弁でも申し上げましたように、流域水循環計画というものを作っていくわけではございますが、これにつきましては、昨年度から始まった制度でございまして、今、内閣官房の水循環政策本部の事務局の方ともですね、いろいろ相談させていただきながら、進めていきたいというふうに考えております。 ○議長(髙岡和行君)  川端君。

鯖江市議会 2015-12-18 平成27年12月第403回定例会−12月18日-05号

なお、提出先は衆議院議長参議院議長内閣総理大臣国土交通大臣内閣官房長官であります。よろしくお願いいたします。 ○議長(末本幸夫君) ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(末本幸夫君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。