334件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2019-11-28 12月03日-02号

次に、農業行政についてのお尋ねですが、農地の集積、集約化により効率的経営を目指す農業法人認定農業者などの大規模農業者から中山間地域担い手として重要な役割を担う高齢者兼業農家などの小規模農業者環境に優しい農業に取り組む農業者まで本市では多様な担い手確保や育成を図るため、さまざまな支援を行っています。 

福井市議会 2019-11-11 11月11日-02号

一方,園芸作物栽培は稲作と比較して手間がかかり,兼業農家が多い本市においては園芸就農者の急激な増加が見込めないという課題があります。そのため,農家に対し成果のあった支援策は継続するとともに,県やJAなどの関係機関と連携しながら,新規就農者確保や新たな有望品種としてオリーブ,ブドウ,桃などの果樹の栽培拡大を進め,新たな産地化ブランド化を図ります。 

越前市議会 2019-09-09 09月10日-05号

そこで見ますと、平成17年に総農家数は2,800ぐらいあったのが平成27年には1,770ぐらいに減っていると、そこで2種兼業農家は10年前は2,440軒あったのが平成27年度は1,369軒になったと、2種兼業農家というと収入農業のほうが少ない方、そういった方といいますか、農家が第2種というふうに言われております。

敦賀市議会 2019-06-27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-06-27

そこで、今回のこの事業を利用して、特に先ほど言いました各地区の兼業農家の方にも、兼業農家の男性の方にもこの後継者確保支援事業に参加していただいて、婚活に参加していただいて、どんどん若手として働いていただきたいと思いますし、今度この婚活に参加される女性ですけれども、女性の方に不安を与えないような農業の魅力と農業の楽しみを事前説明をしっかり女性の方にもしていただいて、せっかくするのですからこの事業が確実

大野市議会 2019-06-17 06月17日-一般質問-02号

平成2年の農林業センサスによりますと、経営耕地面積が30㌃以上又は農産物販売金額50万円以上の販売農家数は、旧和泉村を含めて3,037戸で、このうち専業農家数は142戸、兼業農家数は2,895戸でしたが、平成27年の調査時には、販売農家数が1,743戸減少し1,294戸に、専業農家数が113戸増加し255戸に、兼業農家数は1,856戸減少し、1,039戸となっています。 

勝山市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第3号 6月 4日)

担い手農家へ集積されない農地の現状は、議員御指摘の山際集落周辺基盤整備がなされていない効率的な耕作が難しい農地や、兼業農家など自作している個人経営体農地、あるいは所有者不明農地となっております。  これらを踏まえ、今年度、農地流動化促進事業補助金を見直し、小区画及び中山間地域といった条件不利農地に対し手厚く補助し、農地流動化支援してまいります。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

この地域マネジャーの役目といいますのは、担い手農家さんに対しまして、兼業農家等から農地をあっせんしたり、あるいは担い手農家山際ですとか都市近郊の小区画農地、そのような農地作業を受託する際に、作業料金作業内容面積に応じて助成する事業を継続して、条件不利地遊休農地にならないようにお手伝いをしてまいりました。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

県のほうはよくカレッジといいまして、いろいろ園芸カレッジとか、ワインカレッジですか、そういったものを受講されて、鯖江のそういった新規就農者などの大変若い方が鯖江を飛び越えて違う市でいろいろな講習を受けながら勉強されて、また鯖江に帰ってきて、その勉強したノウハウを将来のことにあてていきたいと、そして、兼業農家では嫌とおっしゃっているんですね。兼業といいますか、副業ですか。

福井市議会 2018-03-22 03月22日-05号

ただでさえ農業経営は赤字で,兼業農家が多い福井農業者にとって痛打となるものであり,許されません。多くの先進国では,農業を守ることは国民の食料を守り,その命を守ることと位置づけ,食料安全保障とまで言われる時代です。だからこそ,アメリカやフランスを初めとした国々では,主要作物に対して手厚い補助が行われています。市として農業者への支援を拡充するとともに県や国に農家への財政支援を強く求めるべきです。 

越前市議会 2018-03-02 03月19日-06号

これに対し、委員からは、作付に関しては地元JAとの協議は必要不可欠でありJAの戦略によっても大きく変わってくると思う、兼業農家認定農業者集落営農組織によっても取り組み方が違ってくると思うので越前市としては現在の補助金体系の維持やそれぞれの団体、組織に合うような割り振りをアナウンスする中で市独自の取り組みを行ってほしいとの要望がなされました。 

小浜市議会 2017-12-15 12月15日-03号

しかしながら、農地というのはまだまだ小浜にたくさんありまして、小規模な兼業農家もたくさんおられます。農地に対しましても、まだまだ作付がいろんな自家用野菜とか、作付もされている方もおりますし、農業自体の需要はまだまだ皆さんの、きついんですけれども、それで農業で生計を立てようという中には、もう大規模経営でなくては人件費も含めて成り立っていきません。

越前市議会 2017-11-29 12月04日-02号

本市農業兼業農家から認定農業者生産組織組織化へと徐々に大規模化してきていますが、生産者高齢化後継者不足、米の消費減少、加えて鳥獣害被害などによって生産環境は年々悪化してきております。さらに、国が指導してきた生産調整が今年度で終了することになり、平成30年からの方向性が不透明な中、米価の下落など生産者は大きな不安を抱えております。

おおい町議会 2017-09-15 09月15日-02号

だから、60以上、退職されたときには兼業農家が多いんですから、そういった道もあろうと思うんですけども、地元対象で、今言いましたようなことで、栽培を促すような説明会をぜひお願いしたいと思います。 では、増産計画をなぜ立てなければならないかということについて、そういう観点から発言しますけども、3万本、5万本を、仮に、3年後、5年後にできますと。これ、保存するときに冷蔵庫に入れるんですよね、冷蔵庫