112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2014-12-19 2014.12.19 平成26年第4回定例会(第5号) 本文

これに対し、健康保険は、敦賀市保険者となる国民健康保険を初め健康保険組合共済組合など多岐にわたるため、県下一斉の窓口無料化を実施することが望ましいという意味で、県知事宛てに各市町への要請をお願いする旨の意見書ならば理解できるが、今回の文面からはそれが読み取れないとの意見がありました。  

鯖江市議会 2014-12-08 平成26年12月第398回定例会−12月08日-02号

40歳から74歳までの人を対象に、それぞれの医療保険者、国民健康保険であるとか共済組合政府管掌健康保険等々でございますが、その医療保険者がそれぞれの医療保険加入者に対し実施することになっております。  鯖江市におきましても、国民健康保険加入者で40歳から74歳までの方、約1万1,000人に対し、尿検査や血液検査、心電図検査などの検査を実施しております。

小浜市議会 2013-10-07 平成25年  9月 定例会(第3回)-10月07日−05号

本件は共済制度の運用に関する問題であると認識しておりますが、小浜市としまして、先日、市長と福井県農業共済組合役員との面談の折に地域の現状を説明し、十分な補償についての配慮を要望したところでございます。今後は、福井県農業共済組合補償額算定の経緯を注視していくとともに、本件に限らず、県や農業団体とも協議しながら被災農家への支援について検討していきたいと考えております。  以上です。

大野市議会 2012-03-05 平成24年  3月 定例会-03月05日−議案上程、説明−01号

各款の特徴的な事業をかいつまんで申し上げますと、款1の議会費では制度改正による議員共済組合負担金が増となっております。款2の総務費では平成23年度からの継続事業として取り組んでおります同報系防災行政無線の整備と庁舎建設計画策定事業をはじめ、越前おおのブランド戦略策定事業、結とぴあの管理運営経費、まちなか循環バスの本格運行などの市内路線バス等運行事業、農業委員選挙執行経費など。

鯖江市議会 2011-09-12 平成23年 9月第384回定例会-09月12日-02号

議員お尋ねのサルの被害状況ということに関しましては、毎年区長さんとか農家組合長さん、また福井県農業共済組合等々の協力も得まして、被害状況を出しているわけですけども、これも合わせまして19年度中につきましては、面積で0.08ヘクタール、被害金額で68万円、平成20年度中におきましては、0.02ヘクタール、被害金額としましては4万7,000円、平成21年度中は面積で1ヘクタール、金額で26万6,000

大野市議会 2011-03-15 平成23年  3月 定例会-03月15日−一般質問−03号

ほかにも、福井県教育委員会公立学校共済組合が、教職員健康管理・健康づくり、元気回復などのために、メンタルヘルス教室職員が悩みを相談できるメンタルヘルス相談事業などを実施しています。  教育委員会としましては、児童生徒の健やかな成長のために、苦労をいとわず努力している教職員の後押しをしながらも、心の健康保持に努めてまいりたいと思っております。 ○議長(本田章君)  市民福祉部長、藤森君。  

敦賀市議会 2010-03-09 2010.03.09 平成22年第1回定例会(第3号) 本文

さらに、福井県市町村職員共済組合が実施しております健康相談サービスに気楽にメンタルヘルスについての相談ができるよう組合員に周知を図っております。  今後もメンタルヘルス研修等を継続いたしまして、健康な職場環境づくりにより一層取り組んでいきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ◯産業経済部長(安本薫君) おはようございます。

敦賀市議会 2009-12-07 2009.12.07 平成21年第5回定例会(第2号) 本文

翌年の1962年に地方公務員共済組合法が制定される際に地方議会議員年金制度が盛り込まれ、すべての地方議会議員を対象とした強制加入公的年金制度が規定されました。  現在、その議員年金の財源は2年後に破綻する運命にあります。総務省が設置した地方議会議員年金制度検討会は、給付と負担の見直し案としてA案、B案、そして廃止する場合の考え方を提示しました。

鯖江市議会 2007-12-21 平成19年12月第365回定例会−12月21日-04号

初めに、議案第68号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)中、第1表 歳入歳出予算補正(歳入)全般、(歳出)款2総務費(交通対策費を除く)、第3表 地方債補正の歳出についてでありますが、普通財産管理諸経費180万円については、柳町の旧警察官舎の取り壊し費用とのことだが、この建物は今までどのように使用していたのかとの質疑に対して、該当の建物は昭和29年に警察共済組合の官舎として建てられたもので

鯖江市議会 2007-05-31 平成19年 6月第362回定例会−05月31日-02号

また、選任による委員につきましては、農業協同組合農業共済組合土地改良区がそれぞれ推薦した理事等が各1名ずつ、合わせて議会が推薦した学識経験者4人の7人でございまして、合計で27人となっておるところでございます。  選挙による委員につきましては、昭和35年に条例を制定いたしまして、定数を20人と規定しております。

鯖江市議会 2006-12-21 平成18年12月第360回定例会−12月21日-04号

年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について、議案第102号 福井県市町総合事務組合への加入について、議案第104号 福井県自治会組合規約の変更について、議案第105号 福井県丹南広域組合規約の変更について、議案第108号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合解散について、議案第109号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合解散に伴う財産処分について、議案第110号 福井県市町村交通災害共済組合

大野市議会 2006-12-11 平成18年 12月 定例会-12月11日−一般質問−02号

1点目の市長等特別職退職金および年金の現状でございますが、大野市では、市長・助役・教育長など特別職および職員は、福井県市町村職員退職手当組合および福井県市町村職員共済組合加入をしており、退職手当および年金の支給額・支給方法については、それぞれの組合の支給条例等において定められております。  

敦賀市議会 2006-12-06 2006.12.06 平成18年第5回定例会 資料

│第 99 号議案│福井県自治会組合規約の変更の件      │総     務   │ │       │                      ├──────────┤ │       │                      │12/19 可  決  │ ├───────┼──────────────────────┼──────────┤ │第 100 号議案│福井県市町村交通災害共済組合

敦賀市議会 2006-12-06 2006.12.06 平成18年第5回定例会 目次

─────  16  第97号議案 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合解散の件 ───────  16  第98号議案 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合解散に伴う財産処        分の件 ────────────────────────────  17  第99号議案 福井県自治会組合規約の変更の件 ───────────────  17  第100号議案 福井県市町村交通災害共済組合