594件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

そこで、事前の告知のために多目的広場内に2カ所掲示板を設けるとともに、イベント主催者、商店街、周辺施設とも情報共有を図り、周知徹底に努めてまいりたいと考えております。  そしてあと開閉バーの件でございますけれども、今回の多目的広場の整備につきましては、まず気軽に利用していただきたいという思いがございますので、現時点でのカーゲートの設置につきましては予定しておりません。  

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

それを受けまして以降、慎重な情報共有と慎重な姿勢を心がけまして、連携や協力を無理強いすることなく協議を進めてきたところでございます。  ただ、この構想、例えば敦賀市自体の独自の計画を関係市町に提示して連携を得るという本当の新たな試みでございます。その協議の中で、産業面等の連携については、先ほど申したように評価は得られたところでございます。  

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

本市では、移住や福祉労働住宅などを担当する市の担当者に加え、定住のために重要な要素である就労支援のため、大野公共職業安定所にもご協力をいただき、越前おおのIJUサポートチーム会議を設置し、毎月1回の会議において、移住・定住希望者に関する情報共有し、きめ細かなサポートに努めております。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

中部縦貫自動車道の完成や北陸新幹線の敦賀開業など、高速交通網の整備を最大のチャンスと捉え、市民にその効果共有していただくため、本市が取り組むべき産業支援、観光振興、雇用促進など、幅広い事柄をまとめた大野市高速交通アクションプログラム案の作成に取り組みました。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

情報共有という面での何か手だてはございますか。 ◯福祉保健部長(山本麻喜君) 本市では、ケースごとに児童家庭状況や進行管理を記録する進行管理台帳を作成しておりまして、関係機関の実務者会議の場において状況の確認や支援方針の見直しを行っております。  職員間での情報共有につきましては、相談や通告を受理した段階で会議を開催するとともに、定期的に課内会議を行い、情報共有を行っております。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

新年度からは、建築営繕課に空き家の利活用の業務に特化した地域おこし協力隊1名の配置を予定していることから、今後は、この協定に基づき、空き家に関する情報共有を強化し、株式会社LIFULLが国土交通省から委託されて構築・運営しております全国版の空き家情報バンク、これを利用しまして、鯖江市のリアルタイムな空き家情報を掲載し、発信していただくことを考えております。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

また、地区社会福祉議会におかれましては、各地区公民館に配置をしております地域支え合い推進員とともに十分連携をしていただきまして、各地区における福祉ニーズの把握と情報共有化を促進するとともに、地域の見守りや支え合いを推進する役割を担っていただきたいというふうに考えております。 ○議長(佐々木勝久君) 山本敏雄君。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

今回、中部縦貫自動車道の県内全線開通と北陸新幹線の敦賀開業の前後までに、本市が取り組むべき事柄をまとめた「大野市高速交通アクションプログラム~未来へつなぐまちづくり~」を策定し、市民の皆さまと情報共有したいと考えています。  本アクションプログラムでは、中部縦貫自動車道北陸新幹線の整備効果と、本市が取り組む事柄を盛り込みます。  

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

特に産業振興とか医療地域公共交通インフラの整備等、広域自治体として担当する事務につきましては、連携中枢都市圏に関する取組と円滑に連携できるようにということで調整を図る、また、連携中枢都市圏の取組を支援するということが期待されるということで要綱のほうには記載されておりまして、さまざまな局面におきまして県との情報共有というのは図っていくということになっておりますので、御懸念のような状況には至らないと

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

行政やNPO等の各主体中池見湿地保全活用計画を推進し、各主体の活動内容の共有や計画推進の進捗状況を確認、調整するために設けられた組織である中池見湿地保全活用協議会では、今年度5月に会議を開いており、次回以降の協議会では、基金が減少している中での今後の管理体制について話し合うこととしております。  中池見湿地保全活用協議会において、本市担当部局は協議会事務局となっております。

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

今後は、所管する会議の透明性と闊達(かったつ)な議論の在り方を検討し、学校再編に限らず、市民の方々と情報共有しながら一緒に進んでまいりたいと考えております。 ○議長(山崎利昭君)  産経建設部長、朝日君。  (産経建設部長 朝日俊雄君 答弁席へ移   動) ◎産経建設部長(朝日俊雄君)  私からは、松田議員質問の1項目目「大野市地域公共交通網形成計画」についてお答えいたします。  

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

消防本部といたしましても、情報共有をしっかりとしてですね、対処してまいりたいと今後も考えております。 ○議長(山崎利昭君)  廣田君。 ◆3番(廣田憲徳君)  この岡山市の幽霊団員が発生する理由というのは、個人に報酬を支払うところを団で集めて、団で活動費として使っていると。