1579件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

敦賀市公共工事の発注及び業者指名に関する決議  敦賀市地域経済は、基幹産業の一つである原子力発電により支えられてきたが、発電所の長期運転停止に伴い、市内経済にもその影響が生じている。  このような状況下において、敦賀市が行う公共工事は、今まで以上に市内の経済基盤を支えるための重要な事業となっている。  

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 名簿

める件   日程第2 第55号議案撤回の件   日程第3 第78号議案 令和元年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)   日程第4 第56号議案、第58号議案〜第67号議案、第70号議案、第73号議案〜第76号議        案、第78号議案 件名省略   日程第5 原子力発電所特別委員会新幹線対策特別委員会及び市庁舎建設対策特別委        員会中間報告   日程第6 B議案第5号 敦賀市公共工事

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

そこで、気比神宮の交差点ですが、4つのコーナーの公共空間はどれくらいに大きくなるのか。また、交差点は斜めにも渡れるスクランブル交差点になるのか、伺いたいと思います。 ◯都市整備部長小川明君) 気比神宮交差点公共空間につきましては、国道8号道路空間整備事業により、現在の隅切りにあるゼブラ帯のところまで新たな歩行空間が広がっていく形となります。

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

教育委員会事務局長(山本寛治君) 廃校校舎の利活用ということでございますけれども、今現在、小中一貫校設置準備委員会総務部会におきまして地元の皆様の御意見をお伺いした上で、3小学校も含めて市内公共施設の今後の方向性につきまして市長部局とともに市全体で検討を進めていきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ◯9番(今川博君) わかりました。

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

もう一つおっしゃいましたとおり、公共施設等総合管理計画というのがございます。施設の統廃合といいますのは避けて通れない道かというふうに思いますので、中期財政計画の中にしっかりと公共施設等総合管理計画の方針等、また具体化したものを盛り込みながら策定に当たっていきたいと、こういうふうに考えております。

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会 資料

56号議案、第58号議案〜第67号議案、第70号議案、第73号議│ │    │  │     │ 案〜第76号議案、第78号議案(委員長報告〜採決)     │ │    │  │     │*原子力発電所特別委員会新幹線対策特別委員会及び市庁舎建│ │    │  │     │ 設対策特別委員会中間報告                │ │    │  │     │*B議案第5号 敦賀市公共工事

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会 目次

──────────── 276 ○日程第4 第56号議案、第58号議案〜第67号議案、第70号議案、第73号議案       〜第76号議案、第78号議案(委員長報告から採決まで) ─────── 276 〇日程第5 原子力発電所特別委員会中間報告新幹線対策特別委員会中間報       告及び市庁舎建設対策特別委員会中間報告 ───────────── 293 〇日程第6 B議案第5号 敦賀市公共工事

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

第417回定例会において継続審査となり、公共施設使用料改定特別委員会に付託いたしました議案第14号 公共施設使用料改定に伴う関係条例の整備について、および、先般、所管の委員会に付託いたしました議案第30号 令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)ほか10件を議題とし、各委員長から委員会の審査結果について報告を求めます。  最初に、公共施設使用料改定特別委員長の報告を求めます。  

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

そのほかにも公共事業におきましても、やはり同様のことが言えるわけでございまして、そうしますと、鯖江市全体としまして、今後の民間への発注であったり委託事業につきましては、この積算根拠というものを変えていかなければならない、このように思うわけなんですけども、いかがお考えでしょうか、お伺いします。 ○議長(佐々木勝久君) 斉藤政策経営部長

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

◆13番(木村愛子君) 次に、地域公共交通についてお伺いしたいと思います。公共交通高齢者の移動手段についてお伺いしたいと思います。  まず最初に、つつじバスの乗客のJRの乗継や、高年大学への利便性を考慮していただいた今年度のダイヤ改正については、まずもって喜ばれております。今回所信で利用者ニーズ、意向調査を実施されるとのことでありますが、以前もこのような趣旨のアンケートがあったかと思います。

敦賀市議会 2019-05-24 2019.05.24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文

次の公共施設整備基金積立金7860万6000円につきましては、民間処分場抜本対策事業に係る負担金としまして山梨県上野原市からの歳入が7855万6000円ございましたので、これを予算化しまして同額を基金に積み立てるとともに、本年1月から3月末までの間にふるさと納税によって御寄附いただいた寄附金5万円についても、あわせて基金へ積み立てさせていただくものでございます。  次に、24ページ。  

鯖江市議会 2019-05-20 令和 元年 6月第418回定例会-05月20日-01号

公共交通・まちづくり特別委員会ならびに議会等改革推進特別委員会は6月6日に開催をし、公共施設使用料改定特別委員会は6月7日に開催することといたします。そして6月10日を最終日として本会議を開き、委員会における審査結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。  

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、第21号議案 敦賀市公共施設整備基金条例の一部改正の件について、主な質疑として、もともとある公共施設整備基金公共施設維持補修基金を合わせて新しい基金とするという理解でよいかとの問いに対し、そのとおりであるとの回答があり、関連して、公共施設維持補修基金が廃止され一つの基金になることにより、維持補修のための財源の状況が見えにくくなってしまうのではないかとの問いに対し、決算認定の際には説明させていただくが

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

また、今期の定例会に付議されました議案第14号 公共施設使用料改定に伴う関係条例の整備については総務委員会に審査を付託されたところでありますが、当該の委員会から、この案件については全委員会の所管にわたる公共施設使用料改定を行うものであり、特に公共団体地域活動を阻害することのないよう配慮すべきである。

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

大野市公共施設等総合管理計画の中でも、地方交付税や市税の落ち込みによる歳入全体の減少が掲げられており、来年度、公共施設使用料金を見直す方針とのことですが、施設区分ごとに施設利用者は異なる中、どのように見直していく方針なのか伺います。  併せて現在取り組んでいる公共施設の総量縮減に向けた取り組み状況をお伺いします。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

まず公共施設の在り方についてですが、公共施設は、市民福祉を向上させる目的を持って、その利用に供するために設ける施設であり、これまで本市において整備してきた文教施設福祉施設、レクリエーション施設産業振興施設観光振興施設、基盤施設インフラ資産などの施設は、それぞれが目的に応じた役割を果たしていると認識しています。