461件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-20 令和 元年12月第422回定例会−12月20日-04号

初めに、当委員会所管分の議案第61号 令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)中、第1表 歳入歳出予算補正、第2表 債務負担行為補正の審査についてでありますが、まず民生費の地域子育て支援センター事業費についてでありますが、(仮称)進徳・早稲田認定こども園開園後の早稲田保育所を、子育て支援の拠点施設として改修するための実施計画業務委託料であり、1階部分は子育て支援センターとして、2階部分は児童発達支援

鯖江市議会 2019-12-10 令和 元年12月第422回定例会-12月10日-03号

本市における待機児童の現状はという点で質問させていただきます。全国的に待機児童が問題になる中、本市では、平成29年に待機児童が発生しました。そういったことがありまして、現在はどのような状況かという点で、まず最初に質問をさせていただきます。 ○副議長(福原敏弘君) 品川健康福祉部長。 ◎健康福祉部長品川善浩君) 山本敏雄議員の御質問にお答えいたします。

鯖江市議会 2019-11-27 令和 元年12月第422回定例会-11月27日-01号

より多くの親子が気軽に集えるよう全天候型遊戯場を整備するとともに、発達の気がかりなお子さんにも対応できる児童発達支援センターの機能も設けたいと考えており、令和3年4月の開所に向けて、今年度中に実施設計を終え、来年度から改修工事を行ってまいります。なお、現在の子育て支援センターは、新子育て支援センターのサブセンターとして、自由来館できる施設として活用してまいります。  

鯖江市議会 2019-09-20 令和 元年 9月第421回定例会−09月20日-04号

初めに議案第45号 令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)中、第1表 歳入歳出予算補正、歳出、款3民生費、款10教育費の審査についてでありますが、まず、民生費の児童福祉費について。10月からの幼児教育保育の無償化により、私立保育園については、これまで保育料に含まれていた副食費は園が保護者から実費を徴収することとなり、運営費から除かれるため、減額分として1,620万円となる。

鯖江市議会 2019-09-10 令和 元年 9月第421回定例会−09月10日-03号

こうした日本語で日常会話が十分にできない児童・生徒および日常会話ができてもその学年相当の学習言語能力が不足して、学ぶための支障が生じている、そうした児童・生徒、いわゆる日本語指導が必要な児童・生徒については増加していると考えるわけであります。  ここで留意しておきたいのは、日本語指導が必要な児童・生徒全てが外国籍にも限らないといったことであります。

鯖江市議会 2019-09-09 令和 元年 9月第421回定例会−09月09日-02号

今回の改選で、複数の有権者の方から、通学路の安全対策として、通勤時に信号を避け住宅密集地の道路を利用し、かなりのスピードで走っていく車が多く、いつ登校中の児童が巻き添いになってもおかしくない、なんとかならないのかなといったお声を、1件や2件ではないですね、いただきました。こうした箇所の把握や、警察との連携で登下校の児童・生徒の命を守っていただきたいと考えます。  

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

続いて、民生費の児童福祉費のうち幼児教育無償化実施円滑化事業費について、ことし10月からスタートする幼児教育無償化に伴う事務費として、市民への情報提供や各施設への制度説明経費、また民間保育所に対する、保護者への制度説明等の事務委託、臨時職員賃金制度説明会への旅費等であるとの説明があり、これに対し、幼児教育無償化により、入所児童がふえることが予想されるが見込みはどうかとの質疑があり、今回の無償化は

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

今御指摘の児童・生徒の地域行事への参加の見直し、これにつきましては、県の方針でも、学校で取り組むべきことというような形のところに位置づけられてはおりますが、その一環として、各学校校長先生方がお考えになって進めていこうとされているんだろうと思うんですけれども、とにかく、これまで、御指摘のとおり、学校地域との密接なかかわりによって、学校教育自体もサポートしていただいたというような経緯も踏まえますと、

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

健康福祉部長品川善浩君) 学童保育施設数でありますとか、定員数などの状況についてのお尋ねでございますけれども、市の児童センターを利用した学童保育の箇所数ですけれども15カ所ございます。また、民間保育園を初めとしまして、ニチイ学館地域ファミリーサービスなどの民間事業者の方に放課後児童クラブとして17のクラブを委託しておりまして、合計32カ所で学童保育を行っているところでございます。  

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

次に、保育所費について、新規事業が幾つか計上されているが、待機児童解消や若い保育士の職場環境整備など保育分野の内容充実に向けた重点施策は何かとの質疑があり、待機児童の解消策として、県の社会福祉議会に次いで県内市町では初めて、鯖江市において保育士修学資金貸付金事業を創設した。これにより保育士の確保を行っていきたい。

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

防災機能整備について、児童・生徒が学校施設内のとき、大災害地震等が発生したとき、学校は直ちに学校災害対策本部の設置を行い、初期対応をし、児童・生徒の避難安全確保を図る。そして、児童・生徒が校庭等に避難完了し、続いて住民の方々が学校避難してくると考えられます。そこで、学校として学校災害本部として二次対応を実施し、児童・生徒の安全確保と避難者の受け入れが開始されると。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

今後、待機児童の発生が懸念される中、こども園化は重要な解消策に成り得ると考えており、私立保育園関係者とともに協議会を設置し、こども園化の推進について検討を進めてまいります。あわせて、保育士不足の解消も急務であることから、保育士等を育成するため、保育士等養成修学資金貸付事業を新設いたします。

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

次に、児童館と放課後児童クラブについてお伺いしたいと思います。児童ガイドラインがこの10月に改定、行われました。改定には児童館運営のさらなる充実を通知されてきておりますが、施設が古くなったものや、町内公民館と併館であったり、児童館設置のころと現在とでは、児童館へのニーズにも変化が見られるのではと考えられます。

鯖江市議会 2018-09-21 平成30年 9月第415回定例会−09月21日-04号

さらに、認定こども園となることに伴い、待機児童の解消が期待される一方で保育士の不足が懸念されるが、どのような対応を行うのかとの質疑があり、県が検討している保育士支援センターを有効活用することや、臨時保育士の待遇改善に引き続き努めながら人材確保を行いたいとの答弁がありました。また、園庭工事に伴い、取り外し型のフェンスが設計されているが、小学校のグラウンドが狭くなることが懸念される。