598件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

3・11以降、日本原電が運転停止したため財政難を理由に西浦1号線の完成後、2号線については中断していました。  その後、福井県が敦賀半島において原発事故の制圧道路として県道を整備する中で、市道西浦2号線についても日本原電だけでなく関西電力も負担することになり、2017年度から工事が再開されました。

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

翌年の2015年は、赤レンガ倉庫のリニューアル開館効果などで13.5%増しとなりましたが、原子力発電所が長期運転停止し、観光振興を目指す敦賀にとって、敦賀南スマートインターチェンジへの期待は大きかったと思います。  このスマートインターチェンジは、NEXCO中日本敦賀市が約25億円かけて整備されたものであります。地域の活性化に向けて、いま一度、有効活用の検討が必要と考えます。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

そういった中で、利用頻度も少ないことも確認しており、30年3月から使用停止としているところでもございます。  今後につきましては、景観維持の観点から当該公衆トイレを撤去する方向で考えているところでもございます。  以上です。 ◯6番(中野史生君) 2019年度の当初予算の中に、松原公園環境美化推進費として総額1981万8000円の予算が計上されていますが、これはどういったものでしょうか。

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

平成27年6月に市道西浦1号線は開通しましたが、2号線については日本原電が原発停止で経営が厳しいとして中断していました。こうした中、市道西浦2号線を県が現在行っている原子力災害制圧道路の新規道路として位置づけ、整備が再開されましたが、財源については全額、関西電力日本原電からの負担金です。これでは今までと同じ全くの原発依存の事業であり、電力会社の都合によっていつまた中断するかわかりません。

大野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

しかしながら、交通量の多い箇所では、一時停止している車により、通行可能な幅員が狭まったり、車の陰で歩行者が見えにくかったりして、危険が生じる場合が多々あると聞き及んでおりますので、保護者だけでなく、周辺における低速度の運転など、地域の方々のご協力もお願いして、安全な通学路の確保に努めていただきたいと存じます。  次に、子どもの学習支援について申し上げます。  

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

給水車でございますが、災害が発生し、ライフラインの停止、中でも水がとまると命にかかわる問題になり、給水車の役割は大変重要なものと考えます。  そこで、災害時の給水車の運用についてお伺いします。敦賀市で手持ちの給水車は何台あるのか。また、それに類する機材はどのようになっているのかをお伺いします。 ◯水道部長(大北秀徳君) おはようございます。  

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

北陸地方では、2月に強い寒気による大雪に見舞われ、6月に発生した大阪府北部の地震では、家屋の倒壊や水道管破裂、ガスの供給停止など甚大な被害をもたらしました。さらに、9月の北海道胆振東部地震では、震度7の強い揺れを観測し、北海道全域での大規模な停電が起きるなど住民生活に大きな影響が出ました。  

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

4号機のオイル漏れにつきましては、強制的にオイルを送ることによって、運転の停止はございませんでした。しかし、3号機につきましては、エンジンシリンダーの故障については、ポンプを停止せざるを得ない状況となったため、4号機のエンジンのほうを3号機に流用することとし、停止から約4時間後の午前11時45分に修理を終えて、3号機の運転が再開されました。

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

例えば原則、暑さ指数が31度以上の場合は、危険な状態として、全校放送等で全児童生徒、先生方に屋外での活動を停止。暑さ指数25度から30度では小まめな水分の摂取を行うよう指示するなど、先生方に細かな対応をしていただいています。  この数値をもとに、小学校では夏季休業中のプール開放の中止の判断に役立てるとともに、中学校では外での部活動を制限してまいりました。  以上でございます。

おおい町議会 2018-08-30 08月30日-01号

29年度決算を受けた改善点に、滞納常習者への厳格な態度で臨むとともに給水停止措置も視野とありますが、これはある条件がそろえばそういう措置を強行するという考えでよろしいんでしょうか。 ○議長(浜上雄一君) 堀口生活環境課長。 ◎生活環境課長(堀口豊君) 簡易水道事業の滞納者につきましては、条例規定等に基づいて、原則3カ月滞納された方には給水の停止をしているところでございます。

大野市議会 2018-07-24 平成30年  7月 定例会-07月24日−一般質問−03号

新しく始めることは、議論が白熱し、盛り上がりやすく、継続することについては、思考停止状態でも今までにやってきたことを継続することは可能です。  一方、やめることについては議論の歯切れが悪くなり、抽象的に無駄をなくすといったことになりがちです。  組織能力は変わらないのに、新しいことの上乗せばかりでは、市民が期待する新しい風になる取り組みが中途半端になってしまいます。  

鯖江市議会 2018-06-22 平成30年 6月第414回定例会−06月22日-04号

号)中、第1表 歳入歳出予算補正、歳出、款6農林水産業費、款8土木費でございますが、農林水産業費につきましては、平成31年から32年にかけて実施予定のラポーゼかわだ新宿泊棟、体験棟、厨房、フロント棟改修工事の実施設委託費用であり、周遊滞在型観光推進事業として県が事業費全体の3割を補助するハード整備事業を活用したいとの説明があり、委員からは、ラポーゼかわだは平成29年度に6カ月間、一部の宿泊業務を停止

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

◯企画政策部長(芝井一朗君) 本市の人口動態につきましては、原子力発電所の長期停止によりまして平成24年度から平成27年度までは年平均で350人を超える社会減が生じていたところであります。  一方、平成28年、平成29年度につきましては、平均で170人の社会減となるなど、減少幅が大幅に縮小しておりますが、依然社会減が継続している状況にあると思います。

敦賀市議会 2018-03-08 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文

将来にわたって持続可能な敦賀市の運営のためには堅実な財政運営が必要と考えますが、当市は、原子力発電所停止、もんじゅの廃炉、先行き不透明な中での原発関連の交付金の減少や、その影響による地元経済低迷による税収の伸び悩み、それにより歳入の減少、歳出においては、少子・高齢化の進行によって扶助費、社会保障費関連、大幅な増加が見込まれます。  

敦賀市議会 2018-03-07 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文

これは、上下水道料金に係る窓口業務を一括して外部委託するものですが、実際委託する内容は、窓口業務だけでなく、開栓、メーター検針、料金徴収、滞納整理、給水停止データ管理など多岐に及びます。水道料金を滞納している世帯への対応、生活保護世帯への下水道料金の減免制度の受け付けなどは人権問題として特に配慮が必要であり、こうした業務を民間に委託することは自治体責任を後退させるものと言わざるを得ません。