550件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

保証金とともに契約期間中、安定した地代収入を得ることができます。20年から30年程度の中期的な土地活用が建築協力金を利用した自前での建物建築などに頼らず可能となり、立ち退きのトラブルやテナントの途中退去のリスクを回避することができます。土地の資産価値も増すことも予想され、物納可能財産となるので、相続対策として有効であります。相続税評価の際、事業用定期借地権設定部分が評価減となっています。  

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 本文

主な改正点は、災害救助法等が適用となる暴風、豪雨、豪雪洪水等の自然災害により被害を受けた世帯に貸し付ける災害援護資金についてでございますが、これまで保証人は必須で、据え置き期間経過後の利率は一律3%であったものを、保証人の要、不要及び利率は3%以内で、それぞれ市の判断で条例に定めることとなったものでございます。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

6億円の工事議決なしで、保証もなくて業者に責任を負わせている。こういうことについてどう考えておられるのか。  副市長、どうですか、この件に関しては。 ◯副市長(片山富士夫君) 責任ということでございますが、まず工期内に工事が完成できるように、業者とも連携を密にして最大限の努力を行い完成させることが責任を果たすことというふうに考えております。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

資格専門職身分の方でありますけれども、現在、専門職・有資格者の身分はもっと保証されてしかるべきだと私は考えます。市役所職員の方たちは、会計年度任用職員、臨時職員の方々に、職務でおいて非常に助けてもらっているというんでしょうか、助かっておられるわけで、彼ら、彼女たちの働きがないと、立ち行かない部署も出てくるのではないでしょうか。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

そこで、敦賀市でもこのようなブラックアウトが起こらないという保証はありません。初めに、これまでに過去に敦賀市でも災害にによる停電はあったのか伺いたいと思います。 ◯市民生活部長(辻善宏君) 本市における災害時に市民生活に影響を与えるような停電の発生状況については、直近で、ことしの8月24日、台風20号の影響により西浦地区一帯で最大614戸の停電が発生しました。

敦賀市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第5号) 本文

ところが指導員の多くが非正規雇用で、年収も少なく何の保証もない場合が多いため、離職率も高く、全国で必要な人材の確保が困難となっています。  そのため資格要件を緩和するものですが、放課後児童クラブは、共働きなどで保育に欠ける子供たちにとって、ただいまと帰る家庭のようなものであり、親にかわって子供の成長を促し、健全育成する場所です。

敦賀市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文

それこそ住んでおられる方が高齢で、たしか5年ごとの保証人の見直しということが行われていると思いますけれども、その際に改めて連帯保証人、長年住んでおられると、住んでいる方も高齢者ですし、かつて保証人になっていただいた方も御高齢で、もしくは亡くなられている可能性もありますね。

敦賀市議会 2018-06-05 2018.06.05 平成30年第2回定例会 目次

   (2) ひきこもり支援   2.公立保育園と幼稚園について    (1) 潜在的待機児童の解消    (2) 新保育指針等の問題  14番 田 中 和 義 君 ───────────────────────── 141   1.公共交通について   2.防災対策について  11番 山 崎 法 子 君 ───────────────────────── 152   1.市営住宅入居時の連帯保証

越前市議会 2018-05-23 05月23日-01号

次に、議案第41号越前市営住宅条例の一部改正についてでありますが、本案は市営住宅入居者の利便性の向上を図るため連帯保証人の県内居住要件を廃止いたそうとするものであります。 なお、この条例公布の日から施行いたそうとするものであります。 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長(前田一博君) 藤下産業環境部長。

越前市議会 2018-05-23 05月28日-02号

条例は市営住宅の入居の際に必要だった連帯保証人の県内在住の要件を廃止し、県外に居住する連帯保証人でも許可する改正案であります。大変よいことだと、また県内初ということでよい改正案ではないかと高く評価しております。 そこで、今回の改正案ですが、どういう理由で、またどういうきっかけで改正案を出そうとされたのか、まずそこを教えていただきたいと思います。

敦賀市議会 2018-03-08 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文

また、きのうの成功はきょうの成功を保証するものではないことなどなど、先生のあり方について御意見がございました。  総論といたしまして、教育とは人づくりであり、人間らしく育てる教育を今後も進めていってほしい。病気でも早期発見、早期治療というように、早目に見つけて早目に対応したほうが完治しやすい。課題は早期発見、早期対応が必要であるなどの御意見もいただきました。  

大野市議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会-03月07日−一般質問、討論、採決−04号

◆4番(髙田育昌君)  そうですね、この入館数がやっぱりどうしてもね、本当にたくさん入っていただきたい、大野市の博物館を見ていただきたいというおもてなしの心というのも大事だと思うんですけれども、今の場所であって、そんなに問題がないような感じもあるんですが、やっぱり入館数が少ない、それが裁判所の場所に移ったからといって倍以上になるという保証もないわけですので、無理して費用を掛ける必要もないのかなという

大野市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−一般質問−03号

債務負担行為債務保証限度額11億476万4,000円。  土地を買ったはいいが、企業が来なければ損失は免れません。  固定資産税も非課税ですし、年数がたてばたつほど、あらゆる面から損失の拡大リスクを抱えることになります。  そこで一つ目、産業団地立地における土地取得面積土地購入総額は幾らであるのか。  また、企業誘致の可能性を含め、現状をお尋ねします。  

鯖江市議会 2018-02-21 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号

このような中で、市の依頼に基づく代行用地取得等の事業資金の返済が本年3月31日の償還をもって満了となるものがあるため、市が債務保証を履行し、代位弁済することで、鯖江市土地開発公社平成30年度中に解散しようとするものであります。なお、これに伴い総山墓園を市で管理することになることから、設置および管理に関する条例の制定について、上程させていただきました。