運営者 Bitlet 姉妹サービス
1852件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月20日−03号 電力供給地として原子力との共存共栄に努めてきた当町において大変衝撃であり、今後、廃炉に伴い、固定資産税など町税収入や国庫支出金が減少すると想定されます。   もっと読む
2018-09-12 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−02号 現在、嶺南地域におきましては、食肉加工処理施設が4施設、整備・運営されておりますことから、嶺南6市町で組織いたします嶺南地域有害鳥獣対策協議会では、これらの施設や食品製造業者などとの連携強化を図り、食肉利用をさらに進めていく検討を始めたところでございまして、まずは獣肉の需要量と供給可能量をそれぞれ調査していくこととしております。   もっと読む
2018-09-05 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月05日−04号 次に,今後調理業務を委託する学校についてですが,まだ決定してはいませんが,委託をするに当たっても最優先に考えるのは安全・安心な給食の供給体制でございます。  そのため,栄養教諭,学校栄養職員が配置されている学校を候補とし,中でも規模が大きい学校や近隣の学校と一体で委託できるところを選定しております。   もっと読む
2018-09-04 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月04日−03号 しかし,2018年版エネルギー白書によりますと,2016年時点で火力発電の供給量の割合が約84%と急速にふえております。この背景には,御存じのとおり原子力発電所の稼働停止があります。石油や石炭などの燃料を燃やす火力発電は二酸化炭素の問題が大きく,二酸化炭素が大幅にふえ続けているのは大きな問題であります。 もっと読む
2018-09-03 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月03日−02号 対象施設は,福井市施設マネジメント計画の396施設で,主な取り組みとして庁舎再編では第2別館,企業局庁舎,総合支所,車両基地などがあり,観光・レクリエーション施設の見直しではすかっとランド九頭竜,国民宿舎鷹巣荘,美山森林温泉みらくる亭,キャンプ場等,産業系施設の見直しではマイドーム清水,ランニングコストの削減では節水,節電,電力供給入札等,施設整備の条件設定ではランニングコストの財源確保,規模の抑制等 もっと読む
2018-06-26 おおい町議会 平成30年 6月 定例会(第3回)-06月26日−03号 東日本大震災から約7年、福島第一原子力発電所事故により国民の原子力に対する信頼は失墜し、現在もまだ原子力への信頼は回復せず原子力発電所にかわり老朽化した火力発電所の綱渡り的な電力供給が続いています。また、化石燃料の輸入増加により毎年数兆円の国富が海外に流出し、電力料金が値上がりし、それは国民及び事業者に大きな負担となっています。 もっと読む
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 今後は、民間主体の養殖事業が可能となるよう、事業採算性の確保を目標とし、ブランドの確立、養殖尾数の拡大、安定供給や養殖コストの削減などの課題の解決に取り組んでまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○副議長(小澤長純君) 3番、牧岡輝雄君。 ◆3番(牧岡輝雄君) 次に、田烏小学校利活用についてお伺いをいたします。   もっと読む
2018-06-21 福井市議会 平成30年 6月21日 予算特別委員会-06月21日−01号 その際、東山健康運動公園のプールへ熱供給するものと考えますが、残りの熱量は全て発電に向ける構想なのかお伺いします。 ◎牧野市民生活部長 現在策定中の福井市新ごみ処理施設整備基本計画において、焼却処理の過程で発生する熱エネルギーについては最大限活用することを考えています。現施設では、熱エネルギーを東山健康運動公園のプールへの熱供給、そしてクリーンセンターでの発電に活用しております。   もっと読む
2018-03-23 小浜市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−04号 議案第38号小浜市簡易水道設置条例の一部改正について、これは志積飲料水供給施設が、平成30年4月から上水道へ統合されることに伴い、所要の改正を行うものです。  理事者の説明に対し、委員から、今後の上水道への統合計画を問う質疑がありました。  それに対して、簡易水道を上水道に統合する計画は、この志積に続き、矢代を予定しており、平成30年度の当初予算に配水管布設工事費を計上しているとの答弁でした。   もっと読む
2018-03-22 福井市議会 平成30年 3月定例会-03月22日−05号 これにより,外部からの電源供給がなくても3日間は業務が継続できるとともに,災害対策本部と危機管理室を耐震性能が向上した別館に配置することで,密接な連携や災害への速やかな対応が可能となるメリットがあるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-16 福井市議会 平成30年 3月16日 予算特別委員会-03月16日−01号 次に、今回、燃料供給不足による制限が始まってから防災センターからの一時供給まで時間がかかり過ぎたのではないかなと思います。県内の給油所の組合によりますと、6日には各給油所から在庫不足を懸念する声が上がっていましたが、それに対して、防災センターからの一時供給は2月11日であったということです。このタイムラグの原因についてはどのような状況が考えられますか。 もっと読む
2018-03-15 福井市議会 平成30年 3月15日 予算特別委員会-03月15日−01号 このような状況を踏まえて、メリットとしましては、まず、非常用発電設備を強化することで外部からの電源供給がなくても3日間は災害対策の本部機能を損なうことなく業務継続が可能となること。また、耐震性能も向上した別館5階の大講堂に災害対策本部を置くこととしていまして、隣接する場所に危機管理室を配置し災害対策本部との密接な連携が可能になること。 もっと読む
2018-03-06 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号 次に、その適用範囲ということでございますが、災害救助の適用範囲といたしましては避難所の設置、応急仮設住宅の供与、炊き出しその他による食品の給与、飲料水の供給、被服、寝具その他生活必需品の給与・貸与、医療、助産、被災者の救出、住宅の応急修理、学用品の給与、埋葬、死体の捜索・処理、障害物の除去等が挙げられておりまして、国からの交付金は救助の種類により限度額が異なっております。 もっと読む
2018-03-05 福井市議会 平成30年 3月 5日 経済企業委員会-03月05日−01号 ただ現実として、周辺集落での人口減少や節水機器の導入が進んだことで、安定的な供給、サービスを行うためには残念ながらいたし方ないのかなというふうに思っておりますので、その辺は地元説明会等でもしっかり説明してまいりたいと思います。 ◆鈴木委員 地元説明会では、使用料収入がふえる分、一般会計から出すお金は減らすということは説明されるのですか。 もっと読む
2018-03-05 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号 石油業界、小売業界との間で災害時に優先供給を確保するための協定を締結していたわけでございますけれども、この豪雪によって流通そのものがままならなかったわけでございまして、優先供給ができる状況にはございませんでした。ただ、軽油の供給については、石商との協定の中で、石油産業の協力のおかげで、軽油については市内全 というふうには思っております。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.09 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 これも昨年の大塚議員の質問にもありましたが、地震時でも安定的に水道水を供給できるように耐震型の管を採用すること。それから、災害時に医療機関や避難所等の重要給水施設に優先的に水を供給できるよう整備するということで、昨年の時点では基幹管路の耐震化率は59.8%ということでした。できればこの耐震化率について説明、御紹介もいただいて、その上でこの1年間の進捗状況と今後の計画についてお伺いします。 もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 しかし、敦賀市内を含む嶺南のガソリンスタンドにおきましては、四日市市や大阪方面から燃料が供給されており、ほとんど影響がありませんでした。これは、平成23年1月の大雪で北陸自動車道、国道8号が停滞し市内の供給に影響があったため、供給先を変更したものでございまして、これまでの教訓が生きた形になったのかなというふうに思っております。   もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 先月の2月24日の北陸新幹線敦賀開業に向けた地域資源を活用したまちづくりシンポジウムでの東浦みかんの加工品、みかんビールやみかんポン酢についても、今後ミカンの供給不足が懸念されます。  そこで、敦賀市の今後の野菜や果樹を含めた園芸の振興の方策を伺いたいと思います。 ◯建設部長(清水久伸君) 水稲作物以外での所得安定対策として、園芸作物の振興は大切であります。 もっと読む
2018-02-28 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月28日−04号 また,卸売市場を取り巻く環境が厳しくなる中におきましても,多品目の生鮮食料品等を安定的に市民に供給できることから,中央卸売市場として維持していく必要があると考えているところでございます。  なお,富山市場につきましては,国が定める再編に取り組むこととされる基準に該当したため,富山市の判断により地方卸売市場に転換しました。 もっと読む
2018-02-27 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−03号 特に食料の輸送が落ちついた後も,ガソリンや灯油の供給はさらにおくれました。  福井新聞などの報道によれば,福井県はテクノポート福井の油槽所と市街地をつなぐ福井県道20号三国春江線などを最重点除雪路線としておらず,県幹部は嶺北一帯の事業者がテクノポート福井から石油を仕入れていると知らなかったと語っているとしています。 もっと読む