運営者 Bitlet 姉妹サービス
1754件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-05 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月05日−04号 一方で,切磋琢磨する機会が少なく,向上心を育みにくい,人間関係が固定していて立ち位置が変わらない,また中学校では小規模校であれば部活動が制限されてしまうなどのデメリットがあります。また,教職員にとりましても,教員定数が少なくなるために,教員1人に係る業務負担が大きい,授業の中で多様な意見を引き出しにくいなどの影響があるところでございます。   もっと読む
2018-09-03 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月03日−02号 人はなぜ逃げおくれるのかということに対し,専門家は人間の心理的特性である正常性バイアスが働くことで行動がおくれる可能性を指摘しています。  気象庁は,7月5日午後の記者会見で記録的な大雨になるおそれがあると土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼びかけました。翌6日午後7時40分ごろには広島,岡山,鳥取の3県には大雨特別警報が発表され,6日深夜から7日未明には各地で冠水や土砂崩れが相次ぎました。 もっと読む
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 子供たちが一日の大半を過ごす学校生活が楽しいものであるように、また、子供たちが自己決定を行い、自己有用感を感じられる場を設定したり、共感的な人間関係を構築したりできるように指導を行うことで、安心して通うことのできる学校づくりに取り組んでいるところでございます。  以上でございます。 ○議長(下中雅之君) 5番、佐久間博君。 もっと読む
2018-06-21 福井市議会 平成30年 6月21日 予算特別委員会-06月21日−01号 オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典と考えられがちですが、オリンピズムは人生哲学であることから、人間の祭典であり、スポーツだけではなく、文化も非常に重要となります。  そこで、東京2020参画プログラムとはどのようなものか、簡単に御説明をお願いします。 もっと読む
2018-06-20 福井市議会 平成30年 6月20日 予算特別委員会-06月20日−01号 市長の記者会見を見ておりますと市長の人間性が非常に出ており、申しわけない、責任を感じるということばかりでしたけれども、私が若干不満なのは、市長から、市民の皆さんに迷惑をかけるし、これからもさらにその幅は大きくなるかもしれない、我慢してほしい、また市の状況を理解してほしいといったメッセージも送るべきではなかったのかなということです。   もっと読む
2018-06-12 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月12日−03号 人間関係のしがらみや前例主義の壁を突破できないと思っています。大胆に大なたを振るうことのできる人が必要ではないでしょうか。  4,人事,組織,給与。  (1)公務員の定期異動がサービス低下を招く深刻な実態。これは,加藤年紀さんという人が述べています。 もっと読む
2018-06-11 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月11日−02号 もちろん暴力や人を辱める行為は論外ではありますが,人命にかかわる消防という職場において指導する側の心のありさまと,日ごろから上司,部下の人間関係が大切であるということを改めて実感した次第であります。   もっと読む
2018-03-16 福井市議会 平成30年 3月16日 予算特別委員会-03月16日−01号 ◎吉川教育長 今、この国家の品格の中でも、真のエリートというものは、単に一つのことだけではなくて、幅広いいろんな知識を得て、さらにそれを大局的な見方で見れる人間と捉えていると思います。国語の時間は確かに週1時間ふえたり減ったりという状況ですけれども、当然ですが、学校でのみ国語の授業をやっているわけではありません。 もっと読む
2018-03-14 小浜市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−03号 ◆8番(今井伸治君) 民生委員の支援といたしまして、民生委員は個人活動でありまして、活動上の孤独感も感じたり、地域との人間関係づくりに苦慮されているケースもあると聞きます。民生委員間の相互交流も一つの方策と思いますが、交流や研修、またその取り組みの評価や検証についてお答えください。 ○議長(下中雅之君) 市民福祉課長、山本佳代子君。 ◎市民福祉課長(山本佳代子君) お答えいたします。   もっと読む
2018-03-05 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号 こういったことを子供たちに教えていく、伝統芸能だけじゃなしに、そうした人間形成というものをしていくということは、子供たちが大人になったときに社会的対応ができる人間に育っていくのではないかと思いますので、ぜひとも非常に難しい事業でございますけども、積極的に、こうした改正になりましたので、自主性を重んじまして取り組んでいただければいいと思いますので、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 家族が通える範囲で、当事者である妹が痛みから逃れられ、そして人間としての尊厳をなくさず、家族とともに死を迎え入れられる心をケアしてくれることが第一条件でした。  そこで出会ったのが彦根市立病院の緩和ケア病棟でした。入院してから死を迎えるまでの16日間、私たち家族は毎日彦根に通いました。 もっと読む
2018-02-28 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月28日−04号 東京一極集中の是正は,都市と地方の格差是正ではなく,人間性喪失からの救済であるという識者の声も聞かれるようになった昨今であります。  2015年の国勢調査では5年前より96万3,000人が減ったということでありますが,これは1920年,100年前の調査開始以来初めてのこととなりました。総人口は約1億2,700万人になったとのことであります。 もっと読む
2018-02-26 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月26日−02号 橋本左内先生が少年期に書箱のふたに自書し,座右の銘としていた「急流中底の柱 即ち是れ大丈夫の心」,つまり,どんな激動の世の中にあっても,動揺しない信念,態度,姿勢を示すことが立派な人間のあり方であると解釈されるこの格言は,激動の現代社会,大きな節目を迎える福井市政運営を進める上においても強く心に抱く言葉であると私は考えます。 もっと読む
2017-12-15 小浜市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号 医食同源とは、人間が健康を維持したり病気から回復したりする上で、薬と食べ物が同様の効果を持つことを意味した言葉でございます。  本市では、この考え方を重要視し、食生活によって、市民一人ひとりが病気を予防したり、回復したりできるよう、食文化館や健康管理センター、医療機関などが協力しながら普及啓発活動を進めているところでございます。   もっと読む
2017-12-14 小浜市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号 ですから、避難所運営はそういう人たちに任せて、そして、自分たちは自分たちの次のステップのために働くために、私は職員さんたちがいてほしいと思うのと、平時は職員さんたちが地域の人間を育て、防災士なり、自主防災組織の強化に当たっていただきたいのだと思います。また、今回、お年寄りや子供さんも参加してとおっしゃっていました。 もっと読む
2017-12-14 おおい町議会 平成29年12月 定例会(第6回)-12月14日−02号 その要因は、社会が巨大化とともに匿名化し、個人の果たすべき役割と責任が見えないばかりか、人間関係が希薄になったことにより、きずなや支え合いの意識が喪失してしまった生活文化の都会化とも言うべき現象にあると考えております。  その結果、都会の若者の多くが田舎のよさを改めて認識し、田園回帰を真剣に考える時代になりました。 もっと読む
2017-12-12 鯖江市議会 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号 お返しを本当はしたいぐらいですけれども、そういうのがやっぱり非常に危険地域といいますか、川下に住んでいる人間にとってはそういう思いというのは非常に強いわけなんです。ぜひそういう取組を地域一体となって取り組んでいただくことを心から御要望申し上げておきたいというぐあいに思います。   もっと読む
2017-12-12 敦賀市議会 2017.12.07 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 いじめの認知件数の増加につきましては、今まで人間関係のトラブルやささいなけんかとして捉えていたケースをいじめとして認知するよう先生方の間で共通理解が図られたことによるもの。また、各学校では面談やいじめ調査等によりいじめ等が早期に発見できるような取り組みが行われていることから増加したと捉えております。   もっと読む
2017-12-12 鯖江市議会 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号 お返しを本当はしたいぐらいですけれども、そういうのがやっぱり非常に危険地域といいますか、川下に住んでいる人間にとってはそういう思いというのは非常に強いわけなんです。ぜひそういう取組を地域一体となって取り組んでいただくことを心から御要望申し上げておきたいというぐあいに思います。   もっと読む
2017-12-12 敦賀市議会 2017.12.08 平成29年第4回定例会(第4号) 本文 私もすごくその辺の話が好きな人間でございまして、仲哀天皇のお子さんが応神天皇、そのお子さんは仁徳天皇でございますので、古墳という意味では一番大きい古墳のゆかりがあるということでございますので、非常に広がっていくんじゃないかと思っています。楽しみにしております。 ◯19番(北條正君) また、最後にまた。  先ほど言ったように、ランプ小屋から金崎宮、そしてもう一つ行くと鴎ケ崎。 もっと読む