221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

この議案は、人事規則の改定に準じて超過勤務命令を行うことができる時間数の上限を導入するものですが、必要事項は規則で定めるとあります。  本会議で私が行った質疑の中で、規則には月45時間、年360時間、議会事務局などは月100時間、年720時間と定めるとの回答がありました。この時間は働き方改革関連法の基準そのままであり、過労死ラインを超える時間外勤務を認めるものです。

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

今般の改正は、長時間労働の是正のための措置としまして、民間労働法制において時間外労働の上限規制等が導入されることに伴い、国家公務員においても人事規則で民間と同様の上限規制を規定することから、国に準じた改正を行うものでございます。  それでは、改正の内容につきまして御説明申し上げます。  議案書の6ページをお願いいたします。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

先般の働き方改革関連法の成立に伴う時間外労働の上限規制によりまして、国家公務員に関しても超過勤務命令を行うことができる上限が人事規則で定められることになりました。  本市といたしましても、この人事規則に基づきまして同様の上限規制を行う必要があるというふうに考えておりまして、公営企業についても同様の上限時間を基本としまして三六協定締結したいというふうに考えております。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

そのほか、人事勧告に伴う職員給与費等の増額分を計上したほか、来年度の予算執行に向けた健康診査等事業、ごみ収集等業務、指定管理者の更新に伴う債務負担行為を設定いたしました。  これらの結果、一般会計の補正額は6億780万円で、補正後の予算総額は261億8,190万円となり、昨年度の12月補正後と比べ2.7%の増となりました。  

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

今般の改正は、人事勧告による一般職給与改定に準じ、議会議員、市長、副市長及び教育長の期末手当を引き上げるものでございます。  それでは、改正の内容につきまして御説明申し上げます。  議案書の10ページをお願いいたします。  まず、第1条につきましては、議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正で、議会議員に支給する期末手当の改正でございます。  

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

本議案につきましては、人事勧告に準じ、一般職職員の給料月額の平均0.2㌫、勤勉手当の支給割合の年間0.05月分、宿日直手当医療職の初任給調整手当の限度額の引き上げと、併せて市の三役及び市議会議員の期末手当の支給割合の年間0.05月分引き上げを行うもので、施行年月日等につきましては、各改正について公布の日施行で、平成30年4月1日適用、平成31年4月1日施行となっております。  

大野市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−一般質問−03号

今後、国家公務員の定年延長につきましては、人事院が具体的な制度案をまとめ、平成31年の通常国会への関連法案の提出を目指すと聞き及んでおります。  地方公務員の定年年齢は、地方公務員法において、国の職員につき定められている定年を基準として条例で定めるものとするとされており、各地方公共団体において定年を延長する場合は、条例を改正することとなります。  

鯖江市議会 2017-12-22 平成29年12月第412回定例会−12月22日-04号

次に、議案第67号 鯖江市長等の給与および旅費等に関する条例および鯖江市議会議員議員報酬および費用弁償等に関する条例の一部改正について、ならびに議案第69号 鯖江市一般職職員給与に関する条例の一部改正についての2件は、人事勧告に基づく所要の改正ということもあり、一括して審査いたしました。  

敦賀市議会 2017-12-19 2017.12.19 平成29年第4回定例会(第5号) 本文

今回の改正は、人事勧告による一般職給与改定に準じ、議会議員、市長、副市長及び教育長の期末手当を引き上げるというものでございます。  それでは、改正の内容につきまして御説明申し上げます。  議案書の2ページをお願いいたします。  第1条につきましては、議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正で、議会議員に支給する期末手当の改正でございます。  

小浜市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

これらの内容につきましては、人事勧告等および台風21号で被災した公共施設等の本格的な復旧に伴う補正でございます。  次に、議案第109号小浜市一般職職員給与に関する条例等の一部改正についてでございますが、人事勧告等に基づき、本市の一般職職員給与等を改正するために必要な事項を定めるものでございます。  

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

総務部長兼危機管理監(大滝清治君) 法改正により市役所では変化があったのかとのお尋ねですが、昨年12月に人事勧告に基づきまして、鯖江市職員勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正を行い、平成29年1月より施行いたしております。市におきましては、制度改正につきまして職員への周知を図っておりますが、現在のところ利用者はございません。 ○議長(佐々木勝久君) 遠藤 隆君。

小浜市議会 2017-11-30 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月30日−01号

次に、議案第86号小浜市職員育児休業等に関する条例の一部改正についてでございますが、地方公務員育児休業等に関する法律および人事規則の一部改正に伴い、職員育児休業等に関し、必要な事項を定めるものでございます。  次に、議案第87号小浜市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正についてでございますが、学校教育法の一部改正に伴い、規定の整理を行うため、必要な事項を定めるものでございます。  

鯖江市議会 2017-11-29 平成29年12月第412回定例会-11月29日-01号

今回の補正予算につきましては、決算見込みを見据えた扶助費の補正、人事勧告に伴う人件費の補正、国・県の補助の採択に伴う事業費の補正、また、次年度の予算執行に向けて準備作業を伴う債務負担行為の設定などについて補正するものでございます。  まず、総務費では、コミュニティバスの次年度のダイヤの改正に係るバス時刻表修正、音声案内の修正などに220万円を計上いたしました。

鯖江市議会 2016-12-22 平成28年12月第407回定例会−12月22日-04号

次に、議案第67号 鯖江市職員勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についておよび議案第68号 鯖江市長等の給与および旅費等に関する条例および鯖江市議会議員議員報酬および費用弁償等に関する条例の一部改正についておよび議案第69号 鯖江市一般職職員給与に関する条例の一部改正についてでありますが、これらの3議案は、人事勧告に基づく所要の改正ということもあり、一括して審査をいたしました。  

敦賀市議会 2016-12-19 2016.12.19 平成28年第4回定例会(第5号) 本文

委員会に審査を付託されました第97号議案 平成28年度敦賀市一般会計補正予算(第6号)外9件につきましては、全体会での基本質疑の後、分科会による詳細審査を経て慎重に審査した結果、第97号議案 平成28年度敦賀市一般会計補正予算(第6号)については、反対の立場から、市民にとって必要な予算が計上されているが、人事勧告による一般職給与改定に準じて議員報酬、市長、副市長、教育長の期末手当を値上げすることは