6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

また、鹿児島県中小企業京都大学研究グループのマッチングにおきまして、関西TLOという機関が仲介役になっております。少々調べてみたのですけども、経済産業省特許庁認証しておりますTLOは36機関あります。それぞれの地域やかかわりのある大学等の研究成果を特許化し、それを企業に移転する法人ということであります。すなわち、産と学の仲介の役割を果たす機関ということになります。  

鯖江市議会 2011-08-31 平成23年 9月第384回定例会−08月31日-01号

次に、ことしで4回目となります鯖江市地域活性化プランコンテストでありますが、ことしも東京大学京都大学慶応義塾大学早稲田大学などから多くの学生の皆さんがエントリーし、その中から選抜された24名の皆さんが8チームに分かれて、9月10日から12日までの3日間のコンテストに挑戦します。

鯖江市議会 2008-06-10 平成20年 6月第367回定例会−06月10日-02号

また、京都大学防災研究所北陸観測所によりますと、鯖江市では、1976年、昭和51年以来、鯖江を震源とする地震が発生しておらず、地震の空白地帯となっているとのことです。活断層が確認されたのは旭町1丁目で、地表から1.5メートル以下の部分に走っているとのこと。活断層付近からは、人間加工したと見られる木片が見つかっており、人間が住みついて始めて少なくとも1回は地震が発生していたらしいとのことです。  

大野市議会 1965-03-11 03月11日-代表質問、一般質問-02号

本年度では、京都大学防災研究所の中北教授にご指導を頂きながら、大野市の地域防災計画改訂に当たって、必要な調査項目について検討してまいりました。教授からは、自然災害の約9割を占める水災害に着目し、地球温暖化の影響で、今後、多発大型化すると言われており、身近に大野市でも発生する恐れのある集中豪雨災害に的を絞って、被害の想定を行うべきであるとの助言を頂いたところであります。 

  • 1