1053件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

初めに、私事で恐縮でございますが、4月の選挙では無投票でありましたが、敦賀市会議として4月30日から本日で59日間、約2カ月の間は、いろいろな行事に顔を出したり会派市民の皆様との直接交流会を行い、なるべく多くの市民の皆様の声をお聞きしようと努力してきました。初めてのことばかりで毎日が緊張の連続ですが、日々勉強を重ね、市民の皆様の声を市政に届け、市勢の発展に寄与してまいりたいと思います。  

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

また、あと指導、相談とか防犯隊員、アドバイザー等、そういった方につきましても除かせていただいております。  以上でございます。 ◯12番(中野史生君) では、検討委員会、検討協議会、策定委員会、審査委員会、選定委員会、推進委員会、これらの会の目的及び権限を教えてください。

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

また、平成20年度からは本会議常任委員会に出席したときの交通費として支払われておりました費用弁償も廃止となり、議会費の削減に大きく寄与したところでもございます。さらに、平成25年6月28日には、議会の役割を果たすための基本事項を定めました鯖江市議会基本条例が制定され、同年8月1日に施行開始となってございます。

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

これは今、適用区域は交通空白と言われる、町村の名前を言って悪いですけども池田みたいに交通事業者もいない、交通手段がないというところは交通空白区で適用になるんですが、うちらの場合は交通事業者も現在3社ございますし、そういうところで今の自家用旅客有償運送制度、これが適用になるかというと非常に難しいんです。現行の中では、相当緩和をしていただかなければこの適用はないんです。

鯖江市議会 2019-05-20 令和 元年 6月第418回定例会-05月20日-01号

公共交通・まちづくり特別委員会ならびに議会等改革推進特別委員会は6月6日に開催をし、公共施設使用料改定特別委員会は6月7日に開催することといたします。そして6月10日を最終日として本会議を開き、委員会における審査結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。  

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

         3件        (委員長報告、質疑、討論、採決)    第2.市会案第1号 議案第2号 平成31年度大野市一般会計予算案のうち文化会館              整備基本設計事業に対する決議        (質疑、討論、採決)    第3.人口減少対策特別委員会の設置及び委員の選任について    第4.未来へつなぐまちづくり特別委員会の設置及び委員の選任について2.出 席 議 

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

前回の教育委員会から、学校の教職の方々の説明会を学びの里「めいりん」で開催させていただいたと記憶しているんですけれども、そこでご意見をお聞きする時間を設けて、何人かの方がご質問されたと記憶しております。  全く物を言うなというような姿勢ではなかったと記憶しております。 ○議長(梅林厚子君)  廣瀬さん。 ◆1番(廣瀬浩司君)  分かりました。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

中部縦貫自動車道の完成や北陸新幹線の敦賀開業など、高速交通網の整備を最大のチャンスと捉え、市民にその効果共有していただくため、本市が取り組むべき産業支援、観光振興、雇用促進など、幅広い事柄をまとめた大野市高速交通アクションプログラム案の作成に取り組みました。  

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

文教厚生常任委員会及び原子力発電所特別委員会の副委員長欠に伴う互選結果について報告いたします。2月21日に開催された文教厚生常任委員会において、田中和義君が副委員長に、同日開催された原子力発電所特別委員会において、原幸雄君が副委員長にそれぞれ選出されました。  以上で報告を終わります。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

指導、御尽力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。  この和解を契機に、まだ費用負担をいただいていない団体に対しては、支払いに向けて協議を進めているところです。一方、南那須地区広域行政事務組合等6団体とは現在も福井地方裁判所で係争中であり、引き続き本市の訴えが認められるよう取り組んでまいります。  

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

次に、特急存続運動をめぐる情勢でありますが、今月6日に、議長を初めとする市議会議員の皆様や区長会連合会、鯖江商工会議所、鯖江公共交通振興会の皆様とともに、国土交通省および地元選出国会議員に対し、福井駅までの特急サンダーバードの存続が実現するよう要望活動を行いました。  国の回答に進展はなく、今後は、全県的な要望活動につなげていくことが、何としても必要との認識を新たにしました。