119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

本市においても現在12件の包括連携協定、同じく12件の高校・大学、さらに39件の災害防災協定、34件の地域見守り活動協定締結しておりますが、その分野は人口減少や高齢化社会災害時の対応など多岐にわたっておりまして、商品開発やセミナーの開催、審議会への参加、さらには高齢者交通安全対策など多様な分野において御支援をいただいております。

鯖江市議会 2019-09-09 令和 元年 9月第421回定例会−09月09日-02号

通学路点検は平成26年度策定の通学路交通安全プログラムに基づきまして、現在鯖江警察署、丹南土木事務所、鯖江市土木課、市民まちづくり課および学校教育課により構成しております通学路安全推進会議におきまして毎年点検と必要な対策をとっております。  昨年度は市内小中学校より76の危険箇所が報告されました。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

総務部長(内方秀世君) 今後の外国人労働者などの在住者の増加に伴って生じる課題と多文化共生に取り組む施策についてのお尋ねでございますが、議員御指摘のとおり、外国人の定住化がさらに進みますと、言語の問題だけでなく、文化や生活環境の相違等を起因とする課題は、ごみの分別や交通安全といった日常生活にかかわる分野だけにとどまらず、幼児教育子育て医療福祉、そして災害時における避難情報の伝達の防災対策など

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

総務部長(内方秀世君) 防犯カメラの効果をどのように考えるのかというお尋ねでございますけれども、防犯カメラは多数の映像をリアルタイムで撮影、記録することが可能であるため、市民の皆様の関心も高まっておりますし、地域防犯対策交通安全等への活用が大いに期待できるものと考えております。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

県道西尾鯖江停車場線における五郎丸踏切の拡幅事業については、平成26年度に着手して以来、JR西日本および地域の皆様の御協力をいただきながら進めてまいりましたが、去る6月15日に完成し、地元町内主催による交通安全祈願祭および完成式典が行われました。小中学生の通学の安全確保に寄与するものと期待しております。  

鯖江市議会 2018-03-16 平成30年 3月第413回定例会−03月16日-04号

内容として、地区体育大会や健康増進事業、交通安全事業、地区助成などの各事業に一定額が交付されることとなっており、会費以上の補助金が交付されるため、サロンと比較しても助成額の差はないものと考えているとの答弁でありました。  これに対し、委員から、単位老人クラブからは、市の老人クラブ連合会へ会費を納付しているだけという認識の人も多いと思う。

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

そこで7月に職員バスに乗車して利用者アンケートを行ったほか、バスを利用されていない方の御意見も頂戴するため、町内単位で開催する高齢者向けの交通安全教室においてもアンケートを実施いたしました。アンケート結果といたしましては、土日祝日の減便や既存路線の運行時間帯の変更などに対して多く御意見をいただいたところでございます。

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

現在バスを利用されていない方の御意見も頂戴するため、町内単位で開催する高齢者向けの交通安全教室などにおいてアンケートを実施しておりまして、今後はこれらも含めて、いただいた御意見を参考に鯖江市の要望を整理いたしまして、国と協議を行う中で国の許可がいただけるものについては改善に向けて努めていきたいというふうに考えてございます。  

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

現在、年末の交通安全県民運動の期間中であります。一斉街頭指導であったり、年末の大変お忙しい折にもかかわらず、多くの市民の皆様、関係者の皆様にも御協力をいただきまして、買い物や帰宅途中の市民の方にも交通安全を呼びかけていただいています。改めて心から感謝し、敬意を表したいところであります。  昨今、深刻な社会問題になりつつあるのが、高齢者の運転による自動車事故であります。

大野市議会 2016-09-05 09月05日-議案上程、説明-01号

8月24日に市内の全小学校から10人の子ども議員が出席して、第2回となる子ども議会が開催され、福井しあわせ元気国体・大会や交通安全学校設備、ブランド推進などさまざまな質問が出されました。 堂々と物おじすることなく質問され、議事進行中の態度につきましても、一挙手一投足、全てがきびきびとした様子を拝見し、将来を担う子どもたちに感心いたしますとともに、頼もしく感じたところであります。 

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

鯖江市では、平成9年に「お年寄りに優しい街づくり交通安全宣言」を、平成14年に「ユニバーサルデザイン実践都市宣言」を行っています。また、第5次鯖江市総合計画の中にも、歩道(段差解消)の整備率アップを目標としています。これらを実現するためにも、この歩道の改修はぜひ進めるべきではないでしょうか。  そこで、お伺いします。

大野市議会 2015-11-30 11月30日-議案上程、説明-01号

市政功労者と致しましては、自治振興、社会福祉の向上、保健衛生交通安全の推進、消防団の発展等、各分野において永年にわたり献身的な活躍をされ、市勢の発展に多大な貢献をいただいた14人の方々を表彰させていただいたところであります。 受賞者の皆さま方には、今後もそれぞれの分野におきまして、市勢発展にご協力を賜りますようお願い申し上げます。 

鯖江市議会 2015-06-01 平成27年 6月第400回定例会−06月01日-02号

総務部長兼危機管理監(東井忠義君) 自転車交通安全、あるいは道交法改正の周知方法についてのお尋ねでございますけども、まず、本市におきましては、2人の交通安全教育指導員が中心となって、鯖江警察署交通指導員、学校保護者等と連携し、毎年小学校3年生から6年生、および中学校1年生を対象に、自転車の正しい走行に関する実技指導や、講話による交通安全教室を実施いたしております。  

大野市議会 2015-03-02 03月02日-議案上程、説明-02号

次に、交通安全について申し上げます。 昨年の大野署管内での交通事故発生状況は、人身事故件数と物損事故件数が前年に比べ減少しておりますが、交通事故死者数は前年に比べ2人増加し5人となっております。 本市では、悲惨な交通事故がなくなるよう、警察等と連携しながら、市内の小中学校保育園、幼稚園、そして高齢者を対象とした老人クラブやサロンにおいて交通安全教室を開催し、交通事故防止に努めております。 

大野市議会 2014-07-23 07月23日-一般質問-03号

自転車交通安全教室の開催、チラシやリーフレットの作成、自転車マナーアップデーの制定のようなものだけではなく、例えば自転車マナーに関する検定の実施、自転車マナーに関する専用ホームページの開設など、工夫を凝らした取り組みも考えられます。 また、先行する自治体では、自転車運転免許制度を設けているところもあります。

鯖江市議会 2014-03-11 平成26年 3月第395回定例会−03月11日-03号

総務部長(加藤泰雄君) 交通ルールの徹底や安全教育などの現状につきましては、交通安全教育指導員が、警察署、そして交通指導委員会などと連携をいたしまして、市内の全小・中学校および高齢者、お年寄りのサロン等に出向きまして、自転車の利用の安全教室を実施しております。特に中学校においては、新1年生を対象に、自転車事故の事例を挙げながら、正しく安全な乗り方の指導を行っているところでございます。