1578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

本陳情は、全国的な鉄道ネットワークの維持、存続のために、JRの地方交通線や第三セクター化された並行在来線の運行に関する公的助成の仕組みを整備することなどを強く要望する内容の意見書を、政府などに対して提出するよう求めるものであります。  理事者によりますと、ローカル線の存続に関しては、県が各市町の要望を取りまとめて、JR西日本に毎年の要望を行っているとのことであります。  

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、国道8号空間整備事業費について、工事期間を伺うとの問いに対し、国土交通省からは、平成31年度から工事に着手できるよう準備を進めていると伺っているが、工事がいつ完了するかについてはわからない状況である。国土交通省が道路や水路の構造物を施工した後、敦賀市が荷さばき場の舗装や歩行空間のタイル張り等の道路空間整備に関する仕上げ部分の工事を行う予定になっているとの回答がありました。  

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

そのような中で、今、おっしゃるような行ったり来たりの交通に係る補助とか、そういった部分についても、ここでは明確なお答えはできませんけれども、そのようなご意向、お困りっていう部分を、ニーズなどをしっかり捉え、どのような対応ができるかっていうことを考えていく必要があると思います。 ○議長(梅林厚子君)  伊東さん。 ◆6番(伊東由起恵君)  ありがとうございました。  

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

ただね、過年度に中部縦貫自動車道が開通したときの高速交通における大野インター周辺の土地利用構想っていうのがあるんですよ。  その中で、あなた方が研究した、会議した中のいろんな案件がありますけど、何一つ生かされてない。  何でかって言ったら、大野インターの大野にあるインター、大野インターの周辺の土地利用構想って、あなた、今、持ってますか。 ○議長(梅林厚子君)  産経建設部長、朝日さん。

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

中部縦貫自動車道の完成や北陸新幹線の敦賀開業など、高速交通網の整備を最大のチャンスと捉え、市民にその効果を共有していただくため、本市が取り組むべき産業支援、観光振興、雇用促進など、幅広い事柄をまとめた大野市高速交通アクションプログラム案の作成に取り組みました。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

街路樹、いわゆる道路緑化とも申しますが、街路樹については、地域住民の快適な生活環境を確保すること及び安全で快適な道路交通環境の整備や良好な道路景観の形成を図ることを目的として植樹を行っております。  具体的には6つの機能と申しましょうか、働きがございます。  まず、新緑や紅葉等、美しい風景をつくり景観を向上させる働き。次に、二酸化炭素を吸収し新鮮な酸素を放出する等、生活の環境を守る働き。

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

この二つの高速交通が整備されれば、本市にとりまして、大きなネットワークが形成されることになり、人の交流や物流の拡大が見込まれます。  また、北陸新幹線の延伸は、日本海国土軸を確固たるものにすると同時に、東京のみならず北関東方面との産業や観光、文化交流の促進、さらには敦賀・大阪間の早期開業による経済効果が期待されています。  

大野市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会-目次

大野市高速交通アクションプログラムについて ○ 平成34年度までに取り組む事柄が6点掲げられているが、項目別に担当部署と新年  度、重点的に取り組もうとしている施策はどのようなものか。3 イキイキと暮らす!市民の健康づくり、子ども・子育て支援について ○ 子育て世代が住みよいまちづくりが、子ども・子育て支援につながると思うがいか  がか。 

越前市議会 2019-03-01 平成31年 3月第 1回定例会

◆教育厚生委員長(大久保健一君) 〔登壇〕 ただいま議題となりました議案第9号平成31年度越前市一般会計予算のうち、教育厚生委員会に付託されました 第1条 歳入歳出予算の第1表歳入歳出予算  歳出第2款 総務費中1項11目多文化共生推進費のうち1外国人市民相談事業、3項戸籍住民基本台帳費並びに7項1目生活安全対策費のうち2狂犬病予防事業、10交通災害共済事業及び12消費者対策事業    第3款 民生費

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会 目次

公文書管理条例の制定   4.防災教育と総合防災訓練について  16番 豊 田 耕 一 君 ─────────────────────────  57   1.敦賀市立地適正化計画について  2番 大 塚 佳 弘 君 ─────────────────────────  67   1.敦賀市のバリアフリー化によるまちづくりについて    (1) 差別解消法からみるバリアフリー対応    (2) 敦賀市交通

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

市内全域における見守りの目をふやし、犯罪や交通事故の抑止を図るドライブレコーダー見守り活動の愛称を募集したところ、市民や企業等の皆様から177件の応募をいただき、選考の結果、「見守るカー敦賀」に決定いたしました。  また、本事業を開始するに当たり、今月6日に本市と敦賀警察署による連携協定を締結いたしました。

敦賀市議会 2019-01-08 2019.01.08 平成31年第1回臨時会(第1号) 本文

駅から新ムゼウムまでの交通手段、動線などもいまだに明らかになっておりません。  こういった点が私自身、理解をできないでいます。市民の皆さんはなおさらだと思います。私自身も説明ができないからです。いろいろ市民の皆さんから問い合わせはありますが、私自身がきちんと答えられません。この新ムゼウムの事業を理解できないからです。

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

新ムゼウムは、国土交通省の日本全国10地区に限られた景観まちづくり刷新支援事業を受けて事業化されており、建設費の補助金として国から4億7000万円、福井県から1億7000万円の補助を受けるものです。新ムゼウム全体の建設費の総額は12億1000万円かかりますが、総額の半分以上の6億6000万円は国と福井県が補助し、残りの5億5000万円が敦賀市の負担分です。  

鯖江市議会 2018-12-12 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号

また、広域観光や医療連携、公共交通などに関する取組に対しましても連携するというものでございます。 ○副議長(丹尾廣樹君) 菅原義信君。 ◆20番(菅原義信君) これは後でビジョンのところで触れたいとは思うわけですけれども、つまり、結局は福井市という中心都市があって、1対1、対等・平等の関係ではなくなってしまうんではないかと。

大野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

しかしながら、交通量の多い箇所では、一時停止している車により、通行可能な幅員が狭まったり、車の陰で歩行者が見えにくかったりして、危険が生じる場合が多々あると聞き及んでおりますので、保護者だけでなく、周辺における低速度の運転など、地域の方々のご協力もお願いして、安全な通学路の確保に努めていただきたいと存じます。  次に、子どもの学習支援について申し上げます。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

「道路管理者は、道路を常時良好な状態に保つように維持し、修繕し、もって一般交通に支障を及ぼさないように努めなければならない。」また、除雪は安全で円滑な冬期交通の確保を図り、大規模な通行止めが生じないよう、また、一定程度の旅行速度が保たれるようにという意味で行われております。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

また、本年度は一連の不祥事の発生を受け、研修計画を変更し、5月には全職員を対象にしたコンプライアンス研修、8月に管理職員を対象としたハラスメント研修、および管理職、グループリーダー、各施設長を対象とした交通事故、交通違反防止研修を開催し、意識啓発に努めたところでございます。