24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

一方、敦賀駅開業後の特急存続につきましては、3月に開催された与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム・九州新幹線(西九州ルート)検討委員会において、フリーゲージトレインの導入は事実上困難との意見が出され、4月にはJR九州が全線フル規格での整備を検討委員会に要請したものの、フル規格、ミニ新幹線を含めた3つの選択肢による整備方針の決定は夏ごろまでに持ち越され、いまだフリーゲージトレインに関する国の結論が

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

◎総務部長兼危機管理監(大滝清治君) 北陸新幹線につきまして、特急存続をめぐる現在の現状についてのお尋ねでございますが、フリーゲージトレイン導入の先行事例になる予定でございました九州新幹線長崎ルートにおきましては、昨年9月末に与党検討委員会が国土交通省に対しまして、フル規格、ミニ新幹線方式での導入に関する調査およびフリーゲージトレインの再調査を実施し、本年3月末までに報告するよう要請をされました。

鯖江市議会 2018-02-21 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号

本市といたしましても、関西圏との利便性確保のために、フル規格による全線開業が一日も早く実現することを期待するとともに、北陸新幹線敦賀開業後も福井駅までの特急を存続させるよう、九州新幹線長崎ルートで導入予定のフリーゲージトレインの動向を踏まえ、議会や特急存続を実現する会の皆様と一体となって、引き続き北陸新幹線の福井駅先行開業などを議論する与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームの検討委員会で協議していただくよう

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

北陸新幹線に導入が予定されていましたフリーゲージトレインが、九州新幹線での導入が困難であるとの見解が示され、九州新幹線が難しいということになれば、当然、北陸新幹線への導入は現時点では不可能であると思われます。市長は、着工同意の条件であるフリーゲージトレインが導入されないのであれば、特急を福井駅まで存続させるべきとの運動を、我々市議会も協力して各方面への要望活動を実施していただいております。

鯖江市議会 2017-11-29 平成29年12月第412回定例会-11月29日-01号

次に、特急存続運動をめぐる情勢でありますが、フリーゲージトレイン導入の先行事例になる予定だった九州新幹線長崎ルートにおいて、9月末に与党検討委員会が国土交通省に対し、フル規格、ミニ新幹線方式での導入に関する調査およびフリーゲージトレインの再調査を実施して、来年3月末までに報告するよう要請しました。

鯖江市議会 2017-08-30 平成29年 9月第411回定例会-08月30日-01号

次に、北陸新幹線特急存続運動を巡る情勢についてでありますが、平成35年春の敦賀開業時に、富山・大阪間の直通運行を行う予定であったフリーゲージトレインの開発が、一部車軸の磨耗対策のため年単位でおくれることになり、国土交通省は、先行事例になる予定だった九州新幹線での平成34年度の先行車導入、平成37年度の量産車導入は困難と判断しました。

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

北陸新幹線敦賀開業後の特急存続実現に向けての現状認識と今後の取組についてのお尋ねでございますが、まず現状認識といたしまして、九州新幹線長崎ルートに導入を予定しているフリーゲージトレインの開発に関しましては、議員御指摘のとおり2014年4月に開始した耐久試験において車軸に摩耗が発生したことにより、約2年間試験が中断されておりましたが、ことしに入り車軸の摩耗対策を行い、12月3日から約半年間、約1万キロ

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

もう一つは、フリーゲージトレインが九州新幹線でもまだ整備されていないです。まだ乗り継ぎ方式なんです。要はリレー方式なんです。九州でさえ、まだそういう状況ですから、恐らく北陸の雪対応の仕様になりますとかなり開発が困難、これは議員御指摘のとおりでございますけども、非常に困難性があると思うんです。ですから、その代替を何とかしてくれというのが、私は至極当然な要望だと思います。  

鯖江市議会 2014-09-17 平成26年 9月第397回定例会-09月17日-03号

◎総務部長兼危機管理監(加藤泰雄君) フリーゲージトレインのお尋ねでございますけども、これは、関西方面の利便性をよくするために、新幹線の軌道がそのまま乗っていながら、軌道を変えることによって、そのまま乗り継ぎというんですか、乗りかえなしでいけるというのがフリーゲージトレインでございまして、国土交通省のそういう研究では、今現在、九州新幹線、そこへ乗り入れるためのフリーゲージというものを検証しているところでございまして

敦賀市議会 2013-03-12 2013.03.12 平成25年第1回定例会(第3号) 本文

あれは九州新幹線が全開通するまでに途中、最終地になっていたところ。そこからリレーつばめが出て博多のほうへ行っていたと思うんです。  もちろん高架した大きな駅でした。私たちは駅の待合室にいるんですけれども、新幹線何本か来るんですけれども、人は一人もおりてこないんです。リレーつばめというのがあるからホーム・ツー・ホームで出ていってしまうんです。  敦賀も同じ状態になると思います。

福井市議会 2012-12-26 12月26日-05号

なお,去る10月16日から18日にかけて,今後の委員会運営の参考に資するため,九州新幹線西九州ルート開業に向けた取り組みについて長崎県長崎市を,九州新幹線開業に伴う中心市街地活性化について鹿児島県鹿児島市を視察し,活発な意見交換をしてまいりましたことを申し添えて,報告を終わります。 ○議長(見谷喜代三君) 次に,教育民生委員長 24番 堀川秀樹君。 

敦賀市議会 2012-12-13 2012.12.13 平成24年第5回定例会(第4号) 本文

あとは九州新幹線の事例、これは熊本県内各地で農業用水、生活用水の原水渇水が報告されるようになった等々、事例は把握はしてございます。 ◯2番(今大地晴美君) その事例があったんですけれども、その後、運輸機構であるか所管の県、それとか自治体でどのような対処をされていたのか、わかりますか。 ◯理事 企画政策担当(嶽勤治君) その資料は、今手元にはございません。

おおい町議会 2012-06-21 平成24年 6月 定例会(第3回)-06月21日−02号

3ルートとは、北海道新幹線の新函館−札幌間と、それから九州新幹線長崎ルートの諫早−長崎間、それに北陸新幹線の金沢−敦賀間ということなんですが、この新幹線整備5線のうち、結局全線整備は全部済みまして、これが実現すると残ってるのは北陸新幹線の敦賀以西からだけですね、敦賀から大阪間だけがまだ残ってるんですね。  

鯖江市議会 2012-06-13 平成24年 6月第387回定例会-06月13日-03号

そこで、ことしの2月、我々清風会は九州新幹線全線開通による在来線と市街地の影響を調査するために鹿児島線全線開通による在来線と市街地の影響を調査することを目的に鹿児島県阿久根市ならびにJR九州鹿児島支社および肥薩おれんじ鉄道視察をしてまいりました。そこで8年前に九州新幹線の部分開業に伴い、在来線の一部区間に肥薩おれんじ鉄道が第三セクターとして開業をいたしました。

鯖江市議会 2012-03-06 平成24年 3月第386回定例会-03月06日-03号

北陸新幹線の敦賀以西の整備についてでございますけども、昨年12月の26日に政府与党で確認されました整備新幹線の取り扱いについて、基づきまして、整備新幹線未着工区間、今、議員が申されました3線、北海道新幹線の新函館・札幌間、これにつきましては、24年間ということで、平成47年度まで、また北陸新幹線の白山総合車両基地・敦賀間、それから九州新幹線の武雄・長崎間でございますけども、これは2022年度、平成34

鯖江市議会 2011-05-31 平成23年 6月第382回定例会−05月31日-02号

このうち、国が計画いたしました五つの整備新幹線、五つの整備新幹線につきましては北海道新幹線、東北新幹線、それから九州新幹線の鹿児島ルート、それから九州新幹線の長崎ルート、そして北陸新幹線でございまして、東北新幹線および九州新幹線の鹿児島ルートにつきましては、もう既に開通をしてございます。  

  • 1
  • 2