運営者 Bitlet 姉妹サービス
2205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月20日−03号 質疑、OISAKO夢充集落プロジェクトについて、新福井ふるさと茶屋支援事業の県補助を受け、事業主体負担金476万7,000円で実施するが、事業主体となっている納田終区、NPO法人森林楽校・森んこのどちらが申請を行うのか。 もっと読む
2018-09-12 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月12日−02号 なお、道徳科の授業におきましては、教員が一方的に教え込むものではなく、子供たち自身が主体的に考え、議論する授業を目指す取り組みとなっております。   もっと読む
2018-09-05 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月05日−04号 金沢-敦賀間につきましては,先日国土交通省と建設主体である独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が県に対し,人件費や資材価格の高騰などにより約2,260億円増加する説明を行いました。福井県の試算によりますと,県及び沿線市町の増加分は貸付料が従来どおり充当されると仮定した場合,約225億円とされております。   もっと読む
2018-09-04 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月04日−03号 その中で,行政主体は今の市町村の枠にこだわらず,より広域な圏域の行政やAIの活用を進め,公務員以外の人にも公共を担ってもらう共助を制度化していくことを提唱しています。  総務省の研究会では,2040年までに一般的にはどのような困難な状況が起こり得るのか。まず,人口動態として団塊ジュニア世代が60歳代後半に入り,高齢化がピークを迎える。人口減少は小規模の市町村ほど著しい。 もっと読む
2018-09-03 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月03日−02号 行政が主体となる事業などは一時期停滞したとしても,再開発や観光,経済発展に向けた民間の動きはしっかりと支援していく必要があるように思います。この点に対する見解をお聞かせいただきたいと思います。   もっと読む
2018-08-27 福井市議会 平成30年 9月定例会-08月27日−01号 さらに,ことし2月の大雪を受け,住民主体の除雪作業が実施できる環境を整備するため,自治会の小型除雪機の購入を支援します。  加えて,底喰川の河川改修について事業費を増額し,事業の進捗を図ってまいります。  第2に,中止・縮減に伴う減額補正でございます。  6月定例会において説明させていただきましたが,福井市財政再建計画の中で今年度の取り組みとして行う中止・縮減事業でございます。   もっと読む
2018-08-20 福井市議会 平成30年 8月20日 議員全員協議会-08月20日−01号 今年2月の大雪を受け、住民主体で除雪作業が実施できる環境を整備するため、小型除雪機を購入する自治会に対し補助を行います。  8番、底喰川整備事業880万円につきましては、底喰川の河川改修事業について事業費を増額し、事業進捗を図るものです。  第二に、中止・縮減に伴う減額補正でございます。 もっと読む
2018-08-09 福井市議会 平成30年 8月 9日 新幹線・並行在来線等対策特別委員会-08月09日−01号 福井市がとやかく言うのではなく、やはり県が主体となりますので、今後要望をしていきたいと思っています。 ◆西村委員 並行在来線を経営分離することを前提としてやっていくわけですけれども、さきの定例会で質問したように、市民団体のアンケートではそれに本当に全体が理解を示しているかというと決してそうではありません。 もっと読む
2018-06-26 おおい町議会 平成30年 6月 定例会(第3回)-06月26日−03号 本町の独自問題が委員会発議であってしかりと思われますのに、主体性の欠ける発議は再考するか廃案が必要であります。  以上の理由により、発議第1号エネルギー基本計画に原子力発電所の新増設・リプレースを明記することを求める意見書発議に対して反対をする討論といたします。 ○議長(浜上雄一君) ほかに討論はございませんか。              もっと読む
2018-06-26 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月26日−05号 次に,JR福井駅周辺の大規模再開発について委員から,三角地帯の再開発準備組合が分裂し,福井駅前の一体開発が困難になったとの報道があったが,このような事実はないことから,市は地権者の一人として,北陸新幹線福井開業までには必ず間に合わせてみせるという強い意志を示すべきであると思うが,どのように考えているのかとの問いがあり,理事者から,この再開発は5年後の北陸新幹線福井開業を見据えた民間主体のまちづくりであり もっと読む
2018-06-22 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−03号 今までに、こういった経緯の中では、地域が主体となって取り組む事業に対して、平成20年度には根来、下根来小学校や、また、平成24年の田烏小学校の前例もあることから、今からでも交付金の規定をつくったらどうかと思うわけです。 もっと読む
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 今後、学校施設を活用する場合におきましては、地区や民間など利用主体により使用に係る条件は異なってくると考えますが、施設規模が大きいため、光熱水費や修繕などの維持管理費が相当かかることを前提とした活用方法を検討する必要があると考えております。  また、活用方法が見つからない場合には、市として民間への売却や取り壊しなどを視野に入れまして検討を行うことになります。   もっと読む
2018-06-21 福井市議会 平成30年 6月21日 予算特別委員会-06月21日−01号 ◎玉村総務部長 東京2020応援プログラムに参画するには、まず団体として主体登録し、次に実施するイベントの認証が必要となります。ことし5月16日現在で、約1,500団体が登録されており、約4万1,000件のイベントが認証を受けています。  なお、本市はことしの1月30日に主体登録を済ませています。 もっと読む
2018-06-20 福井市議会 平成30年 6月20日 予算特別委員会-06月20日−01号 このプログラムに基づき、教育委員会、道路管理者、警察の三者が主体となり、福井市通学路安全推進会議において学校による通学路点検の危険箇所、道路管理者による道路施設の対策実施状況、警察による規制、安全施設設置の対策実施状況等の情報を定期的に交換、共有しています。  この推進会議では、毎年、プログラムに沿って危険箇所の合同点検を実施し、通学路の安全対策を行っています。 もっと読む
2018-06-13 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月13日−04号 次に,これまでの経過と現在の進行状況についてでございますが,北陸新幹線福井開業を見据え,民間主体によるまちづくりを促進するため,昨年12月に福井駅周辺地域が都市再生緊急整備地域の候補地として内閣府から選定されました。 もっと読む
2018-06-08 おおい町議会 平成30年 6月 定例会(第3回)-06月08日−01号 みんなが主役のまちづくり」をスローガンに掲げ、今後とも身近な町長として、初心と感謝を忘れず、町民皆様が誇りと主体者意識を持って、持てる力を生かし、立場を超えて協働・協創し挑戦する、みんなが主役のまちづくりをさらに前へ進めてまいる所存でございます。  さて、このような姿勢をもって公約として掲げさせていただきましたまちづくりでございますが、1つには、こども・子育て応援日本一でございます。 もっと読む
2018-06-07 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−01号 改正の主な内容でございますが、第2条第1項各号で定める国民健康保険税の課税額の算定につきましては、事業主体が市町村から都道府県に移行したことに伴い、所要の改正を行うものでございます。  14ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-03-23 小浜市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−04号 それに対して、以前は児童館の設置を積極的に進めていたが、社会情勢の変化により、現在は放課後児童クラブが主体となっている。児童館は利用者の年齢制限がなく、一般の方でも無料で利用でき、土日も開館していることから、コミュニティ施設に近い利用がなされているような状況も見られる。   もっと読む
2018-03-16 福井市議会 平成30年 3月16日 予算特別委員会-03月16日−01号 それともう一つ、国が主導して都道府県の社会福祉協議会を実施主体とした不動産担保型生活資金貸付事業が平成14年から実施されているわけですけれども、これもリバースモーゲージ型ではないかなと思っています。 ◆野嶋委員 今の福祉保健部長のお話のとおりだと私も理解しています。都会ではリバースモーゲージで、いわゆる住みながらその自宅を担保にして生活資金を借り入れると。 もっと読む
2018-03-16 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会−03月16日-04号 誰が主体者でやるのか、二、三町内を担当する民生委員もいる。区長も毎年かわるなど、さまざまな要因がある。町内のことであり、区の総会で決めていくので、マニュアルをつくるなどサポートが必要ではないかとの質疑があり、事業を始めた当初は、町内会で要支援の見守りをしていただくための体制整備をお願いするため各町内で出前講座を行ったが、御指摘のとおり、区長が毎年かわることで町内での組織ができにくい部分もある。 もっと読む