145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

3・11以降、日本原電が運転停止したため財政難を理由に西浦1号線の完成後、2号線については中断していました。  その後、福井県が敦賀半島において原発事故の制圧道路として県道を整備する中で、市道西浦2号線についても日本原電だけでなく関西電力も負担することになり、2017年度から工事が再開されました。

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

学校では、騒音のため何度も授業中断し、子供たちに落ちつきがないということが報告されています。  敦賀には米軍基地はないため実感はありませんが、滋賀県の饗庭野に自衛隊演習場があり、日米共同訓練が行われています。墜落の危険があるオスプレイが夜間も含め訓練しており、いつ何どき敦賀の上空を飛来し被害を受けるかわからないことを考えると、決して人ごとではありません。  

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

なお、北陸新幹線建設事業につきましては、市内では現在、トンネルの掘削や高架橋の場所打ち杭作業が進められており、中野町原の第1鯖江トンネルが先月11日に貫通したほか、下新庄町では中断していた浅水川橋梁工事も再開されるなど、2023年春の敦賀開業に向けて工事は最盛期を迎えております。  

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

平成27年6月に市道西浦1号線は開通しましたが、2号線については日本原電が原発停止で経営が厳しいとして中断していました。こうした中、市道西浦2号線を県が現在行っている原子力災害制圧道路の新規道路として位置づけ、整備が再開されましたが、財源については全額、関西電力日本原電からの負担金です。これでは今までと同じ全くの原発依存の事業であり、電力会社の都合によっていつまた中断するかわかりません。

敦賀市議会 2018-03-20 2018.03.20 平成30年第1回定例会(第5号) 本文

さらには、本市で計画されている「敦賀発電所3、4号機増設計画」については、平成16年3月に原子炉設置変更許可申請がなされ、同年7月から準備工事に着手し、平成22年3月には敷地造成が完了している状況でありながら、「福島第一原子力発電所事故以降、国の安全審査が中断し、未だ本体工事に着手できていない状態にある。  

大野市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−一般質問−03号

このような中で、平成30年度当初予算案につきましては、市民サービスの維持や経済対策なども勘案した上で、社会保障関係費などの義務的経費や、施設の維持管理費などの経常的経費、重点道の駅の整備や各種補助事業などの国、県と進めている事業、中断を許さない事業などを計上し、行政の継続性を重視した予算としたところであります。  

大野市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会-03月05日−代表質問、一般質問−02号

このような状況の中で、平成30年度の当初予算編成に当たりましては、義務的な経費や経常的な経費、国、県と進めている事業や中断を許さない事業など、行政の継続性を重視して計上したところであります。  また、全ての事務事業をゼロベースで見直すとともに、積極的なスクラップアンドビルド・サンセット方式を実施し、事業の重点化、効率化に取り組んだところであります。  

大野市議会 2018-02-26 平成30年  3月 定例会-02月26日−副議長の選挙、議案上程、説明−01号

予算編成に当たりましては、義務的な経費や国、県の委託に基づく経費、また中断を許さない事業など、継続性を重視して計上いたしております。  予算の規模を申し上げますと、全会計を合計した総予算額は、281億1,774万3,000円と昨年度に比べ0.5㌫の減となり、そのうち一般会計における予算規模は、177億600万円と前年度に比べ3.4㌫の増となったところであります。  

敦賀市議会 2017-12-19 2017.12.19 平成29年第4回定例会(第5号) 本文

日本原電が原発停止で経営が厳しいとして整備は中断していましたが、県が原子力災害制圧道路に西浦2号線を組み入れ、引き続き日本原電と、そして関西電力が負担することで整備を再開するとのことですが、これまでも反対討論で述べてきたように、原発に頼ることではなく、県が行っている制圧道路同様、福井県が財源など全ての面で責任を持って整備するよう求めるべきです。  

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

市長の提案理由の説明の中で、河和田コミュニティセンターの大規模改修の進捗状況および神明公民館においても耐震補強工事に向け実施設計を進めているとの説明があり、工事中の仮事務所を、神明公民館は神明健康スポーツセンターに、河和田公民館は河和田体育館に設ける予定で、生涯学習中断することがないように対処して行うと述べられております。

鯖江市議会 2017-11-29 平成29年12月第412回定例会-11月29日-01号

両地区の皆様には大変御不便をおかけいたしますが、生涯学習活動が中断することにならないよう対処してまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。  次に、鯖江市勤労青少年ホーム耐震改修工事が9月末に完成いたしました。これにより建物の安全性が高まったことはもちろん、駐車可能台数をふやすとともに、玄関ポーチやホールが明るくきれいに生まれ変わりました。

敦賀市議会 2017-11-28 2017.11.28 平成29年第4回定例会(第1号) 本文

市道西浦1、2号線の整備につきましては、社会情勢の変化等により、平成27年度以降、財源が確保できない状況となり、やむを得ず事業を一時中断しておりました。  本市としましては、事業再開に向け、県とともに電力事業者と協議を進め、このたび市道西浦2号線の整備について事業再開の協議が調いましたので、今回の補正予算において設計及び調査等の委託料を計上いたしました。

敦賀市議会 2017-06-15 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第4号) 本文

議員御存じのように、社会情勢の変化によりまして平成27年度以降、財源が確保できない状況となりまして、やむを得ず工事を一時中断している状況でございます。  ただ、東日本大震災以降、市道西浦1、2号線は、生活道路としてだけではなくて避難道路として、また災害制圧道路としての機能を有する非常に重要な道路で、早期の整備が必要であるということは十分認識をいたしております。

鯖江市議会 2017-06-13 平成29年 6月第409回定例会−06月13日-03号

地域に根づいた生涯学習の活動や、まちづくりの活動が、工事により中断することにならないよう、うるしの里会館や河和田体育館、また町内公民館などの利用も念頭に対処してまいりますので、河和田地区の皆様には大変御不便をおかけいたしますが、御理解いただけますようお願いいたします。 ○議長(小竹法夫君) 木村愛子君。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

市では特定健診を受診された方のうち、糖尿病リスクが高い、もしくは腎機能低下から慢性腎不全など重症化になるおそれのある方で、これまでに治療を受けていたにもかかわらず治療中断の方が5名、全く医療機関にかかわっていない方が15名おられるということが判明したということであります。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

従来は、特定健診の結果を用いて、生活習慣病保健指導を行ってまいりましたが、今回のこのデータヘルス計画では、健診データ医療機関の受診データを結びつけまして、治療の有無や中断、それから症状の経過等の情報、そういったものを連携しまして、個々人の被保険者の状況を把握しまして、個別の保健指導、それから健康増進を提案するというふうな形で、非常にきめ細かい展開をしていくことができるものと思っております。