運営者 Bitlet 姉妹サービス
1454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-09月20日−03号 次に、固定資産税の特別措置の創設については、生産性向上特別措置法の規定により、市町村が策定する導入促進基本計画に基づく認定を受けた中小企業者等が、法施行の日から3年間の間に取得した機械、設備について、固定資産税の課税標準をゼロとする減免制度を新設するものであります。中小企業に対して支援することは必要であり、基本的に賛成をいたします。  次に、たばこ税の引き上げについては賛成をいたします。   もっと読む
2018-09-05 福井市議会 平成30年 9月定例会-09月05日−04号 これまで中小企業振興条例の制定と市内企業の訪問調査を求めてきましたが,その実施と中小企業への融資制度の拡充などで支援を強めることを求めるものです。  さて,市は市有施設の統合,廃止,民間譲渡を進めるとしていますが,その対象となっている施設には市民から重宝されてきた施設が幾つも含まれています。   もっと読む
2018-08-30 おおい町議会 平成30年 9月 定例会(第4回)-08月30日−01号 改正の主な概要は、個人住民税におきまして働き方の多様化への対応や所得再分配機能の回復の観点から給与収入や年金等収入の所得控除額を見直すこととあわせ、基礎控除額の見直しを行うもの、また、固定資産税におきましては地域の中小企業の設備投資を促進するため、生産性向上特別措置法の規定により、一定の設備投資について3年間課税標準額をゼロとする特例措置を設けるもの、たばこ税におきましては税率の段階的な引き上げや加熱式 もっと読む
2018-06-21 小浜市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 特に、地方自治体というのは少子化や高齢化の問題と向き合う中ではこれらの課題というのは、農家でいえば弱小農家、それから企業では中小企業にとっては大変厳しい、また、難しい問題ではないかというふうに思います。しかしながら、避けてはより深刻な事態を招くというふうに思います。  毎回繰り返しますけども、小浜市に合った対策等とっていただき、よりよい市になるようにお願いをしまして私の一般質問を終わります。 もっと読む
2018-06-20 おおい町議会 平成30年 6月 定例会(第3回)-06月20日−02号 1企業当たり借り入れ上限1,000万円として、1金融機関の枠が本年度より3,000万円から5,000万円に拡大されまして、中小企業の事業拡大や設備投資が有利になり、町内企業が大きく成長するための一翼を担っております事業だと思いますが、この引き上げた理由として、実績で全ての金融機関の枠が不足していたのか、また今回上げましたが、今後も上限もふやす考えがあるのかお伺いいたします。 もっと読む
2018-06-13 福井市議会 平成30年 6月定例会-06月13日−04号 福井県内でも,既に長時間労働の削減などを積極的に進める企業の取り組みが見られる一方で,人手不足に悩む地方の中小企業に働き方改革の余裕はないとの指摘もあります。また,中小企業において,求人難,人手不足の中で労働条件を改善しなければいい人材が採れず,また定着しない状況にもなってきています。  そこで,課題の一つとなるのが,長時間労働の是正です。 もっと読む
2018-05-15 福井市議会 平成30年 5月臨時会-05月15日−01号 以前から私たちが指摘しているように,大型開発事業や不要不急の事業を見直して,市民の暮らしや中小企業への支援を行うことにより経済の好循環に転換し,財政の立て直しを図るべきであることを強く指摘して,日本共産党議員団を代表しての私の討論を終わります。 ○議長(青木幹雄君) 以上で討論を終結します。  それでは,採決します。   もっと読む
2018-03-22 福井市議会 平成30年 3月定例会-03月22日−05号 中小企業振興のための財源確保を義務づけた大田区の産業のまちづくり条例のように,実効性ある中小企業振興条例の制定とともに,市内の全事業所を対象とした訪問実態調査の実施,幅広い住宅リフォーム助成,小規模修繕登録事業者への発注をふやすことなど,中小零細業者の町としてふさわしい取り組みの強化を強く求めます。  格差や貧困が広がる中,全国の自治体では市町村独自の暮らしや子育てへの支援拡充が進められています。 もっと読む
2018-03-15 福井市議会 平成30年 3月15日 予算特別委員会-03月15日−01号 それから、座談会については、8社の経営者の方に参加いただきましたが、市内で活躍する経営者の方を招いて経営理念あるいは将来像についてのお話をお伺いし、大局的な見方、中小企業で働くことのやりがいについて学んでいただいたわけです。   もっと読む
2018-03-06 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号 ◎産業環境部長(関本光浩君) ものづくりを支えます中小企業において、近年、職人さんの高齢化なども進む中、地場産業を維持していくため、また、産業と技術をこの地に残すためにも人手不足の解消といいますのは喫緊の課題と認識をしております。議員が御指摘のとおり、近隣市にあります大手製造業、好条件で大規模な求人が今行われております。 もっと読む
2018-03-05 福井市議会 平成30年 3月 5日 経済企業委員会-03月05日−01号 また、生産性向上設備投資支援補助金は従来の中小企業者等生産拡大設備投資支援補助金を見直したもので、生産性の向上に資する設備投資に加えて、IoT化に要する費用の支援として補助額を40万円上乗せすることとしております。  次に、ものづくり企業縁活サイトの登録者数ですが、141件です。 ◆鈴木委員 ものづくり企業縁活サイトの登録者数は141件ということなんですが、順調にふえてきているのですか。 もっと読む
2018-03-05 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号 ◎市長(牧野百男君) 産業での金融面につきましては、売上高が減少している中小企業者への資金供給の円滑化を図るということで、セーフティーネット保証4号の指定地域に指定されましたので、別枠での信用保証を受けることが可能になってまいりました。   もっと読む
2018-03-03 敦賀市議会 2018.03.08 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 さらに、中小企業者の事業拡大を支援することを目的といたしまして、設備投資や技術開発などを進めるための支援制度「中小企業支援事業費」を今回予算計上いたしましたので、より一層の地域経済活性化に努めてまいりたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2018-02-27 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−03号 それにより,保育の受け皿の拡大や地域の中小企業による設備,人材投資等を重点化するとともに,一般歳出等について経済・財政再生計画に掲げる目安を達成するなど,経済再生と財政健全化の両立を実現する予算とされています。   もっと読む
2018-02-26 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月26日−02号 国は中小企業の事業承継を力強く後押しするため,事業承継の際の贈与税,相続税の負担を軽減する事業承継税制を拡充し支援していますが,福井市としての事業承継に対する考え方と施策について伺います。   もっと読む
2018-02-22 おおい町議会 平成30年 3月 定例会(第1回)-02月22日−01号 進めてきましたFTTH整備事業における光ケーブルの引き込みや告知放送設備の整備のための経費として8,837万6,000円を、来年4月に任期満了となりますおおい町議会議員選挙に係る経費として428万3,000円を、同じく来年4月に任期満了を迎えます知事及び県議会議員選挙に係る経費として335万3,000円を、名田庄こども園における電話設備の保守・リース経費として3万2,000円を、また、助成金として中小企業 もっと読む
2018-02-21 鯖江市議会 平成30年 3月第413回定例会-02月21日-01号 また、このたび、独立行政法人中小企業基盤整備機構が企業の販路開拓支援として展開しているマッチングサイト「ジェグテック」に、自治体単独としては全国初となる「鯖江特集」を3月に掲載いただけることになりました。 もっと読む
2018-02-19 福井市議会 平成30年 3月定例会-02月19日−01号 また,中小企業が行う技術開発や人材育成,設備投資,販路開拓などのさまざまな取り組みに対して支援してまいります。来年度は,新たに設備のIoT化に要する経費に対する助成を行い,中小企業の生産性向上を目指します。   もっと読む
2018-02-13 福井市議会 平成30年 2月13日 議員全員協議会-02月13日−01号 次に、諸収入は、中小企業育成資金を初めとする貸付預託金元金収入や競輪事業繰入金が主なもので、29億1,723万6,000円であります。  最後に、市債は140億3,870万円を計上しております。この中には、普通交付税の振替措置としての臨時財政対策債43億3,700万円と、借換債42億3,580万円が含まれております。  5ページをごらんください。   もっと読む
2018-02-02 敦賀市議会 2018.02.22 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 中小企業者の事業拡大を後押しすることを目的に、設備投資や技術開発等を進めるための支援制度を新たに創設します。収益性の高い農業経営への転換を図るため、施設園芸を導入して所得拡大を目指す担い手に対し支援を行います。  次に、「人材育成・子育て支援の充実」につきましては、保育士の確保や保育の質の向上を図るため、民間保育園等の保育士の処遇改善を支援します。 もっと読む