1425件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

おおい町議会 2023-12-13 12月13日-02号

初めに、子育て世代包活支援センターについてです。 子育て世代包括支援センターは、妊娠期から子育て期においての悩みや相談に対しサポート支援を行うというところです。本町では今年の7月に、役場、なごみ、いきいき館の3カ所に窓口を置いて開設されました。 センターの開設からまだ半年ですが、現在までの利用状況と今後のセンターのあり方や関係各課の連携について町のお考えを伺います。

福井市議会 2023-09-09 09月09日-02号

しかしながら,親世代が減少していく中で子どもの出生数は平成27年以降,2,314人,2,204人,2,201人と減少傾向にあります。 今後は,子育て教育環境のさらなる充実を図るなど,若者や子育て世代の地元定着や出生率の向上につなげてまいります。 次に,社会減についてですが,基本目標「福井の魅力を活かし,新しいひとの流れをつくる」のもと,16項目のKPIを設定しております。 

福井市議会 2023-07-03 07月03日-04号

福井は,他地域に比べれば3世代同居の多い地域だと位置づけられておりますけれども,それでも私たちの近隣では最近とみに空き家が多くなっていることを実感します。放火,台風,大雪などへの心配や対応,そして最近は地震がやたらと多く,この面でも放置できない状態にあります。 

大野市議会 2022-09-02 09月02日-議案上程、説明-01号

戦争を体験した世代が少なくなっていく中、多くの戦没者の方々の尊い犠牲の上に今日の平和があり、そして現在のふるさと大野が築かれていることを心に刻み、この悲惨な戦争の史実を風化させることなく、後世に正しく伝えていく責任の重さをあらためて痛感したところです。 さて、7月21日に投開票されました第25回参議院議員通常選挙においては、124議席が改選されました。 

福井市議会 2022-07-11 07月11日-05号

次に,第64号議案 「順化小学校・順化公民館複合化及び長寿命化改修工事 第2期」に係る工事請負契約締結について委員から,小学校公民館を複合化するという新たな取り組みに対し,学校や地元の方からはどのような意見があったのかとの問いがあり,理事者から,セキュリティー面や駐車場の確保については心配する声もあったが,複合化により多様な世代の交流が図られるといったメリットを御理解いただけると考えているとの答弁

大野市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-03号

職員に対しましては、中部縦貫自動車道の県内全線開通と北陸新幹線の敦賀開業といった高速交通ネットワークの構築や、いわゆる団塊の世代が後期高齢者となる超高齢化社会への対応が目前に迫っている中、行政基本に立ち、本市の財政状況をあらためて認識した上で、全ての事務事業について見直しを行い、変化する時代に合わせた事業の選択と構築を徹底し、事業の重点化を図ることを指示しています。 

大野市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

また、地域の活性化や地域の課題解決に取り組む結の故郷づくり交付金事業や、地域のコミュニティー会館などを利用して住民の世代間交流を促進する世代間結づくり事業などにも取り組んでいます。 これらは、地域コミュニティーの強化充実につながる事業であり、平成26年度より公民館長を総務地域振興室の併任職員として、公民館を拠点に地区の発展や課題解決に取り組んでいます。 

大野市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-02号

世代支援パッケージとして取りまとめるなど、変化する時代の中で、直面する課題に柔軟かつ適切に対応しながら、あらためて市民と共に働く市行政を展開し、みんなが大野を好きになる、未来へつなぐまちづくりを推進していくことを基本方針としています。 

越前市議会 2020-12-06 12月09日-05号

団塊の世代が75歳以上となる2025年にとどまらず、市人口ビジョンに示されている2040年の高齢者人口ピークを展望し地域特性も踏まえながら介護予防活動、健康づくり地域の支え合い活動などを重点的に取り組むことなどを本計画に盛り込み、安心して暮らせる長寿社会の実現を継承してまいります。 ○副議長(大久保健一君) 城戸茂夫君。

越前市議会 2020-12-05 12月06日-04号

◆(川崎悟司君) 学校現場におきましても、教職員の方々さまざま、最近は大分職員の方々もそういった通信機器ですね、そういう媒体を使う世代といいますか、そういう方々がふえてきてるんだろうなというふうにも思います、一昔と比べれば。そういうことで、非常にそういったことについての共通の認識、こういったこともできてるかなというふうに思います。

大野市議会 2020-12-02 12月02日-議案上程、説明-01号

令和2年度当初予算編成に当たっては、全職員行政基本に立ち、限られた財源の中で、全ての事務事業についてゼロベースで見直しを行い、全庁的な視点に立ち、事業の選択と構築を徹底し、事業の重点化、効率化に取り組むこと、特に大野市高速交通アクションプログラムや健康のまちづくりの進展に加え、子育てをしながら住みやすいまちを目指し、子育て世代への施策を大野市子育て世代支援パッケージ(仮称)として取りまとめること

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

さまざまな情報提供や体験ができるブースの出展と企画などを通して、世代を問わず来場者が楽しく学びながら健康について考え、知っていただく機会になりました。 10月に策定をした市いのち支える自殺対策計画については、誰も自殺に追い込まれることのない越前市を目指し、基本施策の一つである自殺対策を支える人材育成するため、ゲートキーパー養成講座を9月30日に開催しました。 

福井市議会 2020-11-12 11月12日-03号

市民生活の応援として,生活保護水準を下回る方にとって国民健康保険税は払いたくても払えないため,課税額を引き下げること,若い世代が福井に住みやすくなるように,子育てを応援する子ども医療費無料化の高校卒業までの対象拡大,市独自の返さなくてもいい奨学金制度をつくることを求めるものです。市長選挙に臨む東村市長の見解を求めます。 

福井市議会 2020-11-11 11月11日-02号

新しい世代の生き物という言い方はおかしいかもしれませんけれども,熊や猿の中には人間を怖がらないものがふえてきているという専門の先生からの話もありました。これからは対応するのが大変難しくなってくると思います。 

大野市議会 2020-09-19 09月19日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

理事者に対して意見を求めたところ、高齢者の就業機会の確保と地域社会への貢献といった同センターが果たす役割を十分に認識しており、また人手不足分野や介護育児等の現役世代を支える分野において、シルバー人材センターの活用が大いに期待できることから、今後も一定の配慮をしていきたいとのことであります。 

おおい町議会 2020-09-12 09月12日-02号

まず、高齢者福祉の充実についてでございますが、御承知のように全国的に高齢者人口が急増する中で、特に団塊の世代全てが後期高齢者となる2025年に向けて、国では要介護状態になっても住みなれた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けることができるよう、住まい、医療介護、予防、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が進められているところであります。